インテリア用語辞典 |

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト

インテリア用語辞典

アイウエオ順

  • サーキュレーター(サーキュレーター)
    天井や壁などに取り付け、室内の空気をかくはん・循環させて室温の偏りを解消するファンのこと。 サーキュレーター
  • サービスバルコニー(サービスバルコニー)
    比較的小さい面積のバルコニーのこと。キッチンの横などにあると、採光や通風がよくなり、ビン類・ゴミなどを一時的に置けて使い勝手が便利。
  • サービスヤード(サービスヤード)
    屋外の家事用スペースのこと。キッチンや勝手口の付近に設けられ、洗濯や物干し場、物置き場、ゴミ置き場として使われることが多い。 サービスヤード
  • サービスルーム(サービスルーム)
    建築基準法の採光基準等を満たしていない居室以外の部屋のこと。納戸とも言い、図面では(S)で表すことが多い。
  • サーモスタット(サーモスタット)
    設定範囲内で温度を一定に保つための装置のこと。温度が一定の高さを越えると電流が流れなくなり、一定の温度以下になると電流が流れて、ヒーターが作動する。電気温水器、水栓(シャワー水栓)、電器マット、床暖房、温水洗浄便座など様々な装置に組み込まれ、幅広く用いられている。
  • サーモンピンク(サーモンピンク)
    鮭の身ような黄味がかった紅色。 サーモンピンク
  • ベッドのサイズ(サイズ)
    奥行き200cm。幅シングル約100cm、セミダブル約120cm、ダブル約140cm、クイーン約160cm、キング約190cm。高さは様々。マットレスの厚み約20cm?30cm。
  • サイディング(サイディング)
    住宅の外壁に張る外装材のこと。セメント(窯業)系、セラミック系、金属系サイディングなどがある。
  • サイドテーブル(サイドテーブル)
    ソファやチェアの横に置く小さめのテーブル。飲み物やちょっとしたものを一時的に置く場所。 サイドテーブル
  • サイドボード(サイドボード)
    リビングで用いる飾り棚。背の高いものでも1300mm程しかない横長の飾り棚。 サイドボード
  • 竿縁天井(サオブチテンジョウ)
    竿縁と呼ばれる細い仕上げ材の上に天井板をのせて張る天井のこと。 竿縁天井
  • 左官(サカン)
    建物の壁や床に土やセメント、漆喰などを塗り仕上げる職人のこと。左官が行う塗り工事を左官工事という。 左官
  • 下がり天井(サガリテンジョウ)
    他の天井面よりも低くなっている天井部分のこと。原因はさまざまで、天井に梁がある、ガス・給排水などの設備用配管類をまとめて納めるパイプスペースなどの出っ張りがある、または屋根の形状の影響で天井が途中から低くなっていることなどが考えられる。 下がり天井
  • 桜色(サクライロ)
    桜の花のような青味がかった薄い紅色。 桜色
  • サシガネ(サシガネ)
    L字型の金属製定規のこと。L部分の角を使って直角を確認したり、面に対して垂直な線を引くことができる。
  • 指物(サシモノ)
    板を組み合わせて作る家具・調度品のこと。板材を物指しで測り組み合わせて、接合する際に釘などを使わずホゾを作り組み立てるものをいう。飾り棚・座卓・茶道具・神仏具などがある。
  • サテンウッド(サテンウッド)
    サテンのような質感を持つ事からこう呼ばれる。特に、ローズウッドやマホガニー等の濃い色の木とのコンビネーションが良く見られる。木自体が小さく加工も難しいため、表装で使われる。切ると独特のココナッツのような香りがする。
  • サテン仕上げ(サテンシアゲ)
    金属の表面仕上げ加工の一種で、金属の表面にサテン生地のような筋目を不連続でつけるつや消しの仕上げのこと。 サテン仕上げ
  • サニタリー(サニタリー)
    浴室、洗面所、トイレなど、衛生のための水まわり設備をもつ部屋の総称。本来は「衛生的な」という意味。
  • 錆色(サビイロ)
    鉄錆のような赤みがかった濃い茶色。 錆色
  • サブシンク(サブシンク)
    メインの流し台ではなく、簡単な料理や洗い物などのために設置される2つ目の流し台のこと。
  • サムターン(サムターン)
    ドアの室内側についている、錠の開け閉めを行う金具のこと。 サムターン
  • サムターン回し(サムターンマワシ)
    玄関ドアの錠(サムターン)を外側から強引に開錠する侵入手口のこと。鍵穴の脇に空けた穴やドアのすき間から、特殊な工具を使って開錠したり、扉に備え付けてある郵便受けを破壊して手を入れ、錠を開けたりする。
  • サンクガーデン(サンクガーデン)
    道路や地面から一段低い面に作られた庭のこと。
  • サンダー(サンダー)
    砥石車(といしぐるま)を高速で回転させ、木材・石材・金属などの表面を磨き滑らかにする電動研磨機のこと。 サンダー
  • 3段ベッド(サンダンベッド)
    ベッドが3つ重ねられたもの。上段へははしごを使って上る。部屋の広さが有効的に使えるので子供用として使われる。
  • サンフォライズ加工(サンフォライズカコウ)
    カーテンなどが洗濯などで縮むのを防ぐ防縮加工のこと。あらかじめ織布を機械によって、強制的に縮ませておく。
  • サンルーム(サンルーム)
    屋根や戸、壁などをガラス張りにして、自然光を多くとり入れられるようにした部屋のこと。 サンルーム
  • 三路スイッチ(サンロスイッチ)
    一つの電灯を二ヶ所で点滅できるようにしたスイッチのこと。階段の上下、寝室の入り口とベッドの近く、廊下など、様々なところに幅広く用いられている。電路が3本必要なことから「三路」と呼ばれている。
  • 在来軸組構法(ザイライジクグミコウホウ)
    現場で柱・梁・筋かいなどの構造部材をボルトなどで組み立て、これに壁、床、屋根などを組み付ける木造建築の構法のこと。
  • 座卓(ザタク)
    和室での応接や食事などに用いるテーブル。折りたたみ脚の簡易食卓をちゃぶ台という。
  • 残響(ザンキョウ)
    室内で発生した音が、天井や壁・床などに吸収されずに反射し、いつまでも響く現象のこと。音の響き具合は「残響時間」で示す。

  • CFT構造(シーエフティーコウゾウ)
    鋼管製の柱の中にコンクリートを詰め、鉄骨梁と組んだ構造のこと。S(鉄骨)造やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)造に比べて柱の剛性が大きいため部材の断面を縮小でき、スペースの自由度と施工性に優れる。超高層ビルなどに多く用いられる。 CFT構造
  • シーリングファン(シーリングファン)
    室内の空気を循環 させるために、天井に取り付けられた回転する羽根のこと。装飾として設置されることも多い。 シーリングファン
  • シーリングライト(シーリングライト)
    天井に直に取り付ける照明器具。部屋全体を照らす照明として最も一般的。 シーリングライト
  • シアーカーテン(シアーカーテン)
    薄地で光が透けるカーテンのこと。ドレープに近い感覚で、レースより透過性が少ないため、単独でも使用できる。
  • シアン(シアン)
    色料の3原色のひとつで、カラー印刷の基本色。青と緑の中間。 シアン
  • シェーカー(シェーカー)
    18世紀末から19世紀初めにかけて、アメリカのシェーカー教徒によってつくられた家具や建築の様式。無駄のない美しさと機能美を備えた、現代にも通用するモダンなイメージ。 シェーカー
  • シェーズロング(シェーズロング)
    フランス語で長椅子・寝椅子という意味の座面が長く、背もたれが倒れて手足を伸ばして座れるイスのこと。 シェーズロング
  • シェラトン様式(シェラトンヨウシキ)
    18世紀後半から19世紀前半にかけて、イギリスの家具作家「トーマス・シェラトン」に代表される家具様式のこと。垂直線が強調されたデザインで、古典的な美しさがある。 シェラトン様式
  • シェルフ(シェルフ)
    元は業務用で、店舗の什器として使われていたもの。インテリア・雑貨を飾る為や、収納用に使われる。 シェルフ
  • 敷居(シキイ)
    障子や襖などの建具のレールの役目をしている横木のことを指す。下部にあるのが敷居で、上部にあるのが鴨居 敷居
  • 敷金(シキキン)
    アパートなど賃貸住宅の借主が貸主に預けておくお金のこと。家賃を支払わなかったり、退去後に部屋の補修をしなければならない場合にこのお金から支払われる。賃貸借契約が終了したとき、原則として利息をつけずに返還される。相場は家賃の1〜3か月分。
  • システムキッチン(システムキッチン)
    流しや調理台、ガステーブルなどの調理機器を機能的に一体化して組み合わせたキッチンのこと。 システムキッチン
  • 漆喰(シックイ)
    消石灰に水と砂などを混ぜて練り上げた壁塗りの材料のこと。調湿性に優れており、表面が結露しにくいため、カビやダニの発生が抑制される。
  • シックハウス症候群(シックハウスショウコウグン)
    住宅の建材や内装材に使用される化学物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど)が原因で起こる、めまい・吐き気・頭痛、目や喉の痛みなどの健康障害のこと。 シックハウス症候群
  • 漆黒(シッコク)
    漆塗りの黒のような艶のある黒。 漆黒
  • 七宝(シッポウ)
    同じ大きさの円の円周を四分の一ずつ重ねて繋いでいく文様。 七宝
  • シノワズリー(シノワズリー)
    オリエンタルなテイストを西洋文化に取り入れたミックススタイルのこと。もともと、貴族階級や富裕層を中心に広まったブームだけに、 クオリティーの高いエレガントで華やかなイメージを持つスタイル。
  • 遮光カーテン(シャコウカーテン)
    外からの光を遮り、部屋の中の光を漏らさないカーテン。ブラインダーカーテンとも言う。安眠・防犯効果などに優れる。遮光の度合いによって、1級・2級・3級に分かれる。 遮光カーテン
  • シャッター雨戸(シャッターアマド)
    スイッチひとつでシャッターを開閉できる雨戸のこと。防犯のため、1階住戸に設置されることが多い。
  • シャビー(シャビー)
    わざと使い古した雰囲気を出すこと。もともとは「ボロボロの」、「みすぼらしい」という意味。
  • シャワーカーテン(シャワーカーテン)
    バスルームで、水が浴槽やシャワー室の外へ飛び散らないようにするカーテンのこと。
  • シャンデリア(シャンデリア)
    複数のランプを用いた装飾的な照明器具。ボリュームがあるので、どちらかといえば天井の高い空間に向いている。 シャンデリア
  • シャンプードレッサー(シャンプードレッサー)
    洗面、洗髪、化粧などができる機能と収納スペースを一体化した洗面化粧台のこと。 シャンプードレッサー
  • 朱色(シュイロ)
    バーミリオンとも呼ぶ。硫化水銀が主成分で朱肉(印鑑)の色。 朱色
  • 集成材(シュウセイザイ)
    小幅の木材を同じ繊維方向に接着させながら、一定の厚さに成形した板。無垢板としての欠点を除去した、割れ、反り、歪みなどの狂いが少なく、実は無垢板より強度が優れている材。均質で長大な材を作ることができる。平らな面同士を接着する平接ぎと、木口を指の形のようにジグザグに加工し、接着面積を広くして接着するフィンガージョイント、切り口を斜めに切断して 接着するスカーフジョイント等がある。
  • 収納機能付きベッド(シュウノウキノウツキベッド)
    ベッドの下に収納のあるもの。
    引き出し一段分のものから、タンスのようにたくさんの引き出しが付いているもの、クローゼット型になっているもの、引き出しが無くマットを外して上から収納するものなど形は様々。ベッドの湿気を受けることがあるので収納するものは、要チェック。
  • 収納率(シュウノウリツ)
    床面積のうち収納スペース(押入れ、クローゼットなど)の割合のこと。一般的に、一戸建てで15%程度、マンションで8%程度が目安。
  • 主照明(シュショウメイ)
    部屋全体を明るくするのが目的の照明で、全体照明とも言う。器具は主に天井に設置されることが多く、シーリングライト、ダウンライト、ペンダントライト、シャンデリアなどがある。 主照明
  • 朱子織(シュスオリ)
    経糸(たていと)か緯糸(よこいと)のいずれかを4本以上とばして、交差させて織る織物または、その織り方のこと。表面は滑らかで光沢があるが、耐摩擦性に乏しいドレープカーテンなどに用いられる。
  • 竣工検査(シュンコウケンサ)
    工事がほぼ終了したときに行われる、建物の施工状態を確認するための検査のこと。工事責任者・施主のそれぞれが立会い検査する。
  • 書院造り(ショインヅクリ)
    桃山時代に完成した武家建築様式のこと。襖、障子、舞良戸が用いられ、主室には、床の間、付書院、飾り棚が設けられている。
  • 省エネルギー住宅(ショウエネルギージュウタク)
    断熱材・二重サッシの施工や、太陽光を利用した給湯設備を利用など、消費される電気・ガス・石油などのエネルギーを、節約するように工夫した住宅のこと。
  • 床几(ショウギ)
    日本の古典調度品の一つで、X形に交差した脚に、革や布を張った折り畳みができる簡単な腰し掛けのこと。または、軒下や土間に作られた横長の簡単な腰掛け、縁台のこと。 床几
  • 消防法(ショウボウホウ)
    国民の生命などを、火災から守るために制定された法律のこと。日ごろの火災予防や消防設備などに関する事項を定めている。重大な違反があった場合は、命令や指導といった形で、早期に改善するよう求めることができる。
  • 食器洗い乾燥機(ショッキアライカンソウキ)
    使用した食器などを、温水で自動的に洗浄し、乾燥できる機器のこと。
  • 白木(シラキ)
    塗料を塗らない、木地のままの材のこと。家具の場合は、手が触れることが多く、汚れ易いため、白木塗装といって塗膜をうすく塗ることもある。
  • シリンダー錠(シリンダージョウ)
    鍵を使って開錠・施錠する、円筒形(cylinder)をした錠のこと。固定された外筒と、可動式の内筒が入れ子状になっており、内筒が回転することで、施解錠する。近年ピッキングの被害が多い。 シリンダー錠
  • シルケット加工(シルケットカコウ)
    シルクのような美しい光沢や艶、独特の風合い、強度、寸法安定性、吸湿性、染色性を得るための加工のこと。カーテン以外にも、ポロシャツなどの衣類、カーペット、布団カバーといった様々なものに幅広く用いられている。
  • シルバー加工(シルバーカコウ)
    カーテンの裏側にアルミの金属粉などを付着させた加工のこと。光線を反射し、冷暖房の効率を高めるために用いられる。 シルバー加工
  • シルバーハウジング(シルバーハウジング)
    高齢者向けの設備や構造を備え、緊急通報システムなどが組み込まれた集合住宅のこと。
  • シロッコファン(シロッコファン)
    天井や壁の中のダクトを使って排気する換気扇のこと。アイランドキッチンや壁に直接排気口を設置することができないマンションなどに利用される。
  • 真壁(シンカベ)
    日本の伝統的な和風建築で、柱が構造材と化粧材を兼ねそのまま化粧材として表面に露出する壁のつくりのこと。 真壁
  • シンク(シンク)
    キッチンの“流し”のこと。ステンレス製、ホーロー製、樹脂製などがある。
  • 寝殿造り(シンデンヅクリ)
    平安時代の貴族が住んでいた住居様式のこと。中央に主人の住まいである寝殿、その左右に対屋(たいのや)が配され、それぞれを渡り廊下によって結ばれる。
  • 新橋色(シンバシイロ)
    新橋の芸者の間で流行した色。 新橋色
  • シンメトリー(シンメトリー)
    左右対称であること。中心や軸に対して、左右の大きさ、形、色などがバランスがとれている状態のこと。 シンメトリー
  • Gマーク(ジーマーク)
    「グッドデザイン商品選定制度」に基づき選定された商品につけられるマークのこと。機能性、耐久性、安全性を含むデザイン全体を審査して選定している。財団法人日本産業デザイン振興会が主催している。 Gマーク
  • ジェットバス(ジェットバス)
    気泡を発生させ、浴槽に付けた穴から噴出させる機能を持つお風呂のこと。泡の刺激によるマッサージ効果がある。
  • ジェルベッド(ジェルベッド)
    ウォーターベッドの水の代わりに、ゲル状液を利用したもの。寝返り時の揺れや沈み込み過ぎがなく、水音も無いためウォーターベッドが苦手な人に。水の入れ替え、防腐剤の注入などの手間が掛からない。パックに分かれているので引越しも楽。
  • 直天井(ジカテンジョウ)
    床裏・屋根裏に直接仕上材を取付けた天井。天井裏の空間があまりとれないが、より高い天井高を確保できる。 直天井
  • ジグソー(ジグソー)
    カーブのついたデザインなどを作るときなどに、簡単に曲線型に切断できる電動のこぎりのこと。逆に、直線切断には向いていないので、まっすぐ正確な直線を切るには丸ノコを用いた方がよい。 ジグソー
  • JISマーク(ジスマーク)
    経済産業省がJIS(日本工業規格)に基づき認定した製品につくマークのこと。JISは工業標準化法によって定められた、工業製品の種類・形状・寸法・構造に関する規格のこと。 JISマーク
  • 地鎮祭(ジチンサイ)
    土木・建築などの起工に先立って、その土地の守護神を祭る儀式のこと。工事の無事と、土地・建物の安全を祈願して行う。一般に、神式で行われる。
  • 地窓(ジマド)
    床に接して取り付けられる小窓のこと。あかり取りのためや対角側にも設置することで換気に効果がある。 地窓
  • ジャガード織(ジャガードオリ)
    ジャガード機で織られる、多色で複雑な模様をした織物または、その織り方の総称で、「ゴブラン織」、「ダマスク織」、「ブロケード織」などがある。
  • ジャロジー(ジャロジー)
    羽根状の細長いガラス板を横に並べたもので、その角度を変えて通風を調節する小窓のこと。洗面所、浴室、トイレに多く用いられる。 ジャロジー
  • 住宅性能表示制度(ジュウタクセイノウヒョウジセイド)
    住宅の性能について統一の基準で評価し、住宅の取得者が容易に性能を比較できるようにする制度のこと。
  • 聚楽壁(ジュラクカベ)
    土壁の仕上げの一つで、黄褐色の壁土にわずかに黒点や錆が出ているもののこと。和風建築の土壁の仕上げで茶室などに用いられる。
  • 浄水器(ジョウスイキ)
    水道水を様々なフィルターに通してろ過し、雑菌やにおいなどを取り除く装置のこと。
  • 上棟式(ジョウトウシキ)
    棟上げまで完了したことに感謝し、建物の無事完成を、建物の守護神に祈願する儀式のこと。現在では建主から工事関係者へのもてなしの意味が強くなっており、省略するケースもある。棟上げ、建前ともいう。
  • ジョリパット(ジョリパット)
    アクリル系の壁仕上げ材の商品名のこと。内外装に施工が可能。粘りがあるのが特徴で、色褪せしにくく色合いや質感を長期間保持できるため、塗り替えが少なくすみ、メンテナンス費用があまりかからない。また、防藻・防カビ性が高く、キズにも強い。
  • 人感センサー(ジンカンセンサー)
    人や動物などが感知範囲の中で動いた際に、その動きを検知して信号を送る装置のこと。赤外線などを利用して、周囲温度との温度変化を検知する仕組みになっている。
  • 人造大理石(ジンゾウダイリセキ)
    人工的に成型した大理石風の建材のこと。合成樹脂と無機微粒子で合成して成型する。大理石よりは安く、加工がしやすい。テラゾーとも言う。

  • スーパーレジェーラ(スーパーレジェーラ)
    ジオ・ポンティによりデザインされた椅子のこと。重量1.3kgと軽量で、椅子機能の極限を追及した作品。 スーパーレジェーラ
  • 水銀灯(スイギントウ)
    真空管内の水銀の蒸気の放電による発光を利用したランプのこと。高圧水銀灯と低圧水銀灯があり、道路の照明や殺菌灯として利用される。低圧水銀灯の発光管の内側に蛍光物質を塗布したものが蛍光灯。
  • 水平器(スイヘイキ)
    水平かどうかを計る道具のこと。計りたいところに水平器の底部分をあて、気泡管の中の気泡の位置で水平を測る。 水平器
  • スカラップカーテン(スカラップカーテン)
    スタイルカーテンの一種で、カーテンの裾が貝状にアーチを描いたスタイルのカーテンのこと。 スカラップカーテン
  • スカンジナビアン(スカンジナビアン)
    20世紀初頭に北欧で生まれた近代的なインテリアスタイル。カジュアルとナチュラルにモダン的要素を加えた、スタイリッシュなインテリア。明るくシンプルなフォルムの中に、大胆で暖かみのあるパターンと色彩でアクセントを付けたものが主流。 スカンジナビアン
  • スキップフロア (スキップフロア )
    住居内に中2階のような半階分ずらした居室を設けて、室内空間に変化をもたせる建て方。住居内に上下の段差を生じることで、各居室の独立性を持たせている。 スキップフロア
  • 数奇屋造り(スキヤヅクリ)
    江戸時代に発展した茶屋、茶室建築の手法を用いた構造様式のこと。代表的な建築物に「桂離宮(かつらりきゅう)」がある。
  • (スギ)
    木目がよく通り、特有の香りがある。虫を寄せ付けない香りを持つことから引き出しものの衣類の収納に多く使われる。軽く軟らかいので加工性に優れている。スギ科。産地は日本が中心。 杉
  • スケルトン・インフィル(スケルトン・インフィル)
    SIはskeleton infillの略。スケルトンとは梁や柱などの骨格の基本構造部分のこと、インフィルは内装や間仕切りのことを指し、耐久性のある高強度の建物構造(骨格)と、間取りや内装の自由度を併せ持った住宅のこと。SI住宅ともいう。
  • スタイルカーテン(スタイルカーテン)
    縫製や付属品によって装飾性を高めた形状のカーテンのこと。
  • スタッキング(スタッキング)
    積み重ねること。 スタッキング
  • スタッキングチェア(スタッキングチェア)
    積み重ねができる椅子のこと。収納や運搬をするときに便利。
  • スツール(スツール)
    背もたれも肘掛もない腰を掛けるだけの為の椅子。補助的に使われることが多いが、背の高いものはカウンター用として多く用いられる。 スツール
  • ステンシル(ステンシル)
    型紙の上から色付けをして、壁や床、布などに様々なデザインを付けること。
  • ステンドグラス(ステンドグラス)
    着色ガラスの小片を結合し、絵や模様を表現したもの。教会や西洋館の窓の装飾に多く用いられるが、住宅では、玄関ホール階段の吹き抜けなどで使われている。
  • ストリップ階段(ストリップカイダン)
    蹴込板が無く、骨組みがむき出しになった階段のこと。 ストリップ階段
  • ストレッチベット・可動ベッド(ストレッチベット(可動ベッド))
    腰部だけが持ち上がり、ストレッチ効果のあるもの。
  • スノコベッド(スノコベッド)
    ベッドのマットを乗せる部分がすのこ状になっており、通気性を良くしたもの。マットの上に布団を敷いて使用する。
  • スプリンクラー(スプリンクラー)
    屋内の火災に対して、水による初期消火を目的とし、火災感知から消火までを自動的に行う消火設備。 スプリンクラー
  • スプリングマットレス(スプリングマットレス)
    ベッド用のコイルを使ったマットレス。普通、マットレスとは、つづみ型のコイルを連結させたものを言います。
  • すべり出し窓(スベリダシマド)
    ガラス戸を押すと、窓の上枠を軸にしてガラス戸が外側に滑り出して開く窓。ハンドル操作で開閉する。 すべり出し窓
  • スポークチェア(スポークチェア)
    豊口克平によりデザインされた椅子のこと。日本人の座姿勢に対応した座面の広さと高さが特徴。 スポークチェア
  • スポットライト(スポットライト)
    天井などにとりつけて、特定のポイントを照らすために使われる照明器具。直付けタイプ、配線ダクトに取り付けられるプラグタイプ、挟み込むクリップタイプなどがある。 スポットライト
  • 菫色(スミレイロ)
    菫の花のような色。 菫色
  • スライディングウォール(スライディングウォール)
    室内空間を区分するための可動式間仕切り壁のこと。 スライディングウォール
  • スラブ(スラブ)
    鉄筋コンクリート造における、上階住戸と下階住戸の間にある構造床のこと。厚みによって遮音性に差が出る。 スラブ
  • すりガラス(スリガラス)
    板ガラスの片面を金剛砂と金属ブラシで均一に傷をつけ、不透明に加工したガラスのこと。くもりガラスともいう。
  • スロープ(スロープ)
    人や自転車などが通りやすいように作られた傾斜した通路のこと。段差をなくし、スロープにすることで車椅子での移動が可能になる。バリアフリーのひとつ。
  • スロップシンク(スロップシンク)
    キッチンのシンクとは別にユーティリティやバルコニーなどについている底の深い流しのこと。直訳すると「泥水(SLOP)用の流し」。 スロップシンク
  • スワンチェア(スワンチェア)
    アルネ・ヤコブセンによるデザインの椅子のこと。ヤコブセン自身が設計したホテルのために作られた椅子。背・座・肘掛が一体化した美しい曲面が特徴。 スワンチェア

  • 青海波(セイガイハ)
    波を交互にいくつも重ねた文様。 青海波
  • 成形合板(セイケイゴウバン)
    プライウッド。薄い単板を重ねて接着し、加熱プレスで曲線を作り出したもの。
  • 制震住宅(セイシンジュウタク)
    建物の壁面などにダンパーなどの制震装置を設置するなどして、地震の揺れを制御する住宅のこと。 詳しくはこちら→「特集 第2回:免震・制震って何?」 制震住宅
  • 青磁色(セイジイロ)
    磁器の青磁のような色。 青磁色
  • 生体識別装置(セイタイシキベツソウチ)
    指紋・手形・網膜・虹彩・声紋・顔・署名・手の甲の静脈パターンなどで個人の認証を行う仕組みのこと。バイオメトリックスともいう。
  • 制電カーテン(セイデンカーテン)
    汚れの原因となる静電気を抑え、ゴミや埃がつくのを防ぐ加工が施されたカーテン。 制電カーテン
  • セカンドハウス(セカンドハウス)
    週末に居住するための住まいのこと。リゾート地の別荘や、地方都市に取得するマンションや一戸建てのことをさす。
  • セカンドリビング(セカンドリビング)
    主に使用するリビングの他に、2階などに設けたもうひとつのリビングのこと。パブリックな場所と距離を置くことで、家族だけのプライベートな部屋として利用できる。
  • セクレタリー(セクレタリー)
    17〜18世紀に生まれた家具で、斜めの開閉式机をもつ引出しの上にドア付き書棚をのせた机のこと。 セクレタリー
  • セットバック(セットバック)
    敷地に接する道路の幅員が4mに満たない時に、道路の中心から2m後退して建物を建築すること。下がった部分には、建物を建てられないのみでなく、門や塀や擁壁等も建築することはできない。しかし、容積率や建ぺい率を算出する場合には、敷地面積から除外される。 セットバック
  • セパレートカーテン(セパレートカーテン)
    スタイルカーテンの一種で、、カーテンが複数に分割されたもので、開閉しないカーテンのこと。小窓や出窓に使われることが多い。 セパレートカーテン
  • セパレートチェア(セパレートチェア)
    肘掛の無いもの、片側に肘掛のあるもの、コーナー用の各チェアを自由に組み合わせてレイアウトできる。ソファに多く見られる。設置するにはそれなりの広さが必要。
  • セピア(セピア)
    イカ墨から採るか、黒と弁柄を混ぜて作られる色。 セピア
  • セブンチェア(セブンチェア)
    アルネ・ヤコブセンによりデザインされた成形合板の椅子のこと。脚部がスチールパイプでスタッキングできるのが特徴。 セブンチェア
  • セルリアンブルー(セルリアンブルー)
    コバルトとスズの酸化物。 セルリアンブルー
  • 繊維板(センイバン)
    木材をチップ状あるいは繊維状に分解し、接着剤で加熱圧縮した板で、パーティクルボード・MDF・ハードボード等のこと。寸法安定性や加工性に優れる。パーティクルボード>MDF>ハードボードの順に繊維が粗く、接着剤を多く含み、加工性に優れる。
  • センターイン(センターイン)
    住戸の中央部分に玄関を設けた間取りのこと。センターインにすると、パブリック(公の)空間とプライベート(私的な)空間を分離しやすい間取りを設計できる。
  • センタークロスカーテン(センタークロスカーテン)
    スタイルカーテンの一種で、中心から生地を分けて左右に少したるみを持たせたスタイルのカーテンのこと。フリルなどの装飾が施され、一般的には開閉しない。 センタークロスカーテン
  • センターコア方式(センターコアホウシキ)
    キッチン、浴室、トイレなどの水回り設備を、住戸の中心部に集める間取りのこと。
  • センターテーブル(センターテーブル)
    イスやソファを置いたリビングや応接間などの中心に置くテーブルのこと。
  • セントラルクリーナー(セントラルクリーナー)
    ビルトインされた集中式掃除設備のこと。掃除の際は、廊下や部屋に設置された差し込み口にホースをセットして使用するため、掃除機本体を持ち歩く必要がなく、ホコリを舞い上げたり、排気で空気を汚したりする心配が少ない。
  • セントラルヒーティング(セントラルヒーティング)
    暖房設備を1箇所に集中し、その熱を各部屋に送って家全体を暖房する装置のこと。
  • 専有面積(センユウメンセキ)
    マンションなどの床面積のこと。マンションなどの区分所有建物において、それぞれの区分所有者が単独で所有している建物の床面積のことを指す。

  • ソープディスペンサー(ソープディスペンサー)
    液体洗剤などを入れておき、上部を押すなどして洗剤を放出する洗剤用容器のこと。
  • ソープフィニッシュ(ソープフィニッシュ)
    木部に石鹸水を塗り込み自然な風合いを活かした塗装仕上げ。汚れた場合には、洗浄や研磨することができる。北欧でチェアの仕上げに使われることの多い仕上げ方法。
  • ソーラーシステム(ソーラーシステム)
    太陽の熱を利用して冷暖房や給湯を行うシステムのこと。 ソーラーシステム
  • 袖壁(ソデカベ)
    玄関横などに設けられた、建物から外部に突き出している短い壁のこと。 袖壁
  • ソファベッド(ソファベッド)
    ベッド・ソファ兼用のソファ。肘掛や背もたれを倒すとベッドになるものや、座る部分を広げるものがある。 ソファベッド
  • ソフトスタータ(ソフトスタータ)
    スイッチを入れてからゆっくりと点灯する照明器具のこと。夜間のトイレなどでも急にまぶしく点灯しないので、目への負担を軽減できる。
  • ゾーニング(ゾーニング)
    機能や用途・動線などを考えて空間を分け、間取りや配置をすること。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー