子どもの寝室

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 子どもの寝室

寝室のコーディネート

第9回 子どもの寝室

子ども部屋?子どもの寝室?
子どもの寝室・・・という言葉は少し違和感がありますでしょうか。
個室を与えられていても、
年齢によってはまだ親と一緒に寝ている子達も多いと思いますので
子ども部屋イコール寝室、ではないケースも考えらます。
ですが一応今回は大きな意味で、
子ども部屋=寝室
と、とらえて室内環境を考えてみたいと思います。
室内環境
子ども部屋に必要な要素
子ども部屋を考えるとき、必要な要素は3つあります。
@寝る場所
A本・教科書などを置く場所
B衣類をしまう場所
この3つを満たすようにお部屋を整えると子ども部屋は使い勝手の良い空間になります。
3つを満たすようにお部屋を整えると子ども部屋
子どもと寝具の選び方
子どもたちは、大人以上に寝汗をかきます。
小さい年齢ならおねしょもします。
大きい年齢なら、女の子は毎月の生理で少し寝具を汚してしまうこともあるかもしれません。
ですから、
シーツやベッドパッドは「予備」を用意しておき
家庭で洗える素材で整えてあげると、いつも清潔で気持ちの良い睡眠環境が整います。
清潔で気持ちの良い睡眠環境が整います。

▲ページのTOPへ

最後に
子ども部屋は、
タンスやベッドが置かれた単なる「与えられただけの空間」ではありません。
自分のものを自分で管理、整理整頓や掃除をする練習の場でもありますし、
趣味や興味の対象を表現しながら個性をはぐくめる場でもあります。
目に美しい色、柄、触って心地よい素材。
子どもの個性に合わせ、オリジナルで豊かな感性を持てるような空間を整えてあげましょう。
豊かな感性を持てるような空間を整えてあげましょう。

子どもの寝室にオススメ

▲ページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。