オーディオラック(しろくまちゃんさん)

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. オーディオラック(しろくまちゃんさん)

カラーボックスモニターレポート

オーディオラック

オーディオラック

ラックは飾ったり収納したりと大活躍。でも、隠したいものもある。そんな方の為に、カーテンやファブリックケースの組み合わせをご紹介しました。爽やかなアクアボール柄の素敵なラックです。
しろくまちゃんさんは良い収納家具に巡り合わず、CDや本の収納にずっと悩んでいたそうです。2年前に引っ越したときのまま段ボール箱に入れていたそうです。さあ、どう変わったでしょう?

しろくまちゃんさんのモニターレポート

Before

CDやMDは引っ越してきた段ボールに入ったまま、やはり積み上がってます(--;
よく聴くものほど危険な状態に…。これじゃ日が当たりません。

モニターレポート モニターレポート


組み立てスタート!

  1. モニターレポート

    届いた物は全部でこんな感じ。
    おー、結構なボリュームです。

  2. モニターレポート

    先ずはカーテン付きCBから作りたいと思います。
    パーツが意外と沢山ありますねー。

  3. モニターレポート

    カーテンポール受けを留めています。
    ネジ総量が多いため、電動ドライバーのお世話に。

  4. モニターレポート

    カーテンを掛けて完成!

  5. モニターレポート

    残りのボックスを組み立てます。
    ネジは全箇所を一緒に少しずつ締めていくのが綺麗に作るコツです。

  6. モニターレポート

    CB2台の原型完成。
    この時点では普通のカラーボックスです。

  7. モニターレポート

    位置を決めて、底になる面にコロを取り付けます。
    新品のまっさらな所に穴を開けるのはかなりドキドキ。
    電動ドライバーを使うと真直ぐ綺麗に穴が開きます。(勢いつけすぎて板をブチ抜いてしまわないよう注意!)

  8. モニターレポート

    CDラックをセット中。
    レール用ボードの取り付けは力の限り下に押し付けるべし!

  9. モニターレポート

    CDを収納した状態。
    なぜか上段が収まらなかったので、ボードを少し下に留め直しました。
    削るわけにもいかないので歪むギリギリの位置で留めてます。
    入り切らないCDや小物はファブリックケースに。
    結構入ります。
    詳しくはこちら
    詳しくはこちら
    (※作り方や使用アイテムを紹介しています。)

After

間取りの都合で(コンセントがあるため)3段ボックス側と連結出来ず、書院造り風(?)に。
出しっ放しだった物を収納して部屋がスッキリしました。

モニターレポート

ホームセンターで引き出しを見つけたので追加。
丈夫なので上に乗ってギュッと踏みながら組み立て。
間接照明も置いてさらに家具らしくなりました。

モニターレポート

商品について&モニターをした感想

届いた量を見た時はちょっとクラッとしましたが、元々工作の類いは好きなので苦になりませんでした。
一つ作ってはひと休み…と結構時間はかかりましたが、説明書が付いているので作り方自体は難しくなかったです。
何といっても狭い部屋でもラクラク作れるのは助かります。
部屋の作り上、実際置いてみたら見本のように繋げる事が出来なかったのは残念です。
もう1台ぐらいずつ上に置きたいなぁと思っているのですが、それじゃお洒落じゃなくなっちゃう?(笑)

編集部から一言

最初の状態を見ると、確かにすごい状態。これじゃ危険でしたね。でも、結構こうなっている人って多いんじゃないかな?特に引っ越し後だとなかなか段ボール箱収納は抜け出せないですよね。
今回はこのコーナーでも初めてのカーテンを使ったラックでした。Afterの写真ではオープンにしていますが、閉じるとファブリックケースと同じ柄でとてもすっきりします。お部屋のインテリアとも合っていて良かった!カーテンは汚れたら洗ったり違う布に替えることもできるので、是非試してみて下さいね。

その他のモニターレポート

おすすめコンテンツ

カラーボックスモニターレポートのトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。