壁にセンスよく写真や絵を飾る方法

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 壁にセンスよく写真や絵を飾る方法

コーディネート講座

第9回
壁にセンスよく写真や絵を飾る方法

壁の空いた空間を利用してポスターや写真を上手に飾ると、なんとなく物足りない部屋を華やかにしたり、ぼやけた印象の部屋をぴりっと引き締めて一瞬にしてセンスの良い部屋に見せてくれます。インテリアコーディネートの重要なポイントです。

飾る場所

部屋全体を見渡した時、壁がさみしいなと感じる場所はどこですか?おそらく家具も何も置いていない部分の壁か、ソファやローチェストの上の壁ではありませんか?オーディオラックや棚等があると見えている物が多くて壁を飾るとうるさいイメージになってしまいます。
鴨居に直接引っ掛けるのはタブーです。全体のバランスを考えた位置にしないと、生活感が出過ぎてしまいます。壁に穴があけられない場合は、鴨居から目立たない糸をたらして下げたり、壁面専用の強力なシールタイプのフック等を使いましょう。

一点

飾るものが1枚のポスターである場合は、壁やまわりの家具とのバランスが大切です。下に来るソファ等の家具の真ん中にポスターの中心を合わせ、高さは少し離れた立った時・座った時・入口から入った時にバランス良く見える高さに合わせます。目線より少し下が良いでしょう。

二点以上

飾るものが2枚以上になると家具や壁とのバランスの他に飾るものどうしでのバランスが必要になってきます。それらをバランスよく飾るには法則があるのでしっかり覚えましょう!

(1)中心線もしくは左右or上下の幅をそろえる。

左右の幅を決めてその中で並べると、それぞれの額の間の距離は違っても大きさや形がばらばらな額でもすっきり見えます。上下にラインを作っても、中心に一本ラインを引いてその上下か左右にラインに沿って飾ってもOK!下に家具が来る場合は横幅が家具の幅より広くならないように注意。

(2)中心をそろえる

形や大きさが違うものを並べる場合、それぞれの中心の高さか横位置をそろえて並べてもバランスが良くなります。

(3)シンメトリー(左右対称)に飾る

中心線を縦か横に1本ひいてそれを中心に同じ大きさ形の額を対称に飾ると揃って見えます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。