インテリアグリーンで心地よい暮らし〜飾り方(3)〜

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. インテリアグリーンで心地よい暮らし〜飾り方(3)〜

コーディネート講座

第12回
インテリアグリーンで心地よい暮らし〜飾り方(3)〜

「観葉植物」はその名の通り葉を鑑賞する植物で、美しい葉と室内で育てられる点が他の植物と違っています。まさに【インテリア】になる生きものなんです。植物そのものだけではなく、植え方や道具なども素敵なインテリアになるように工夫しましょう。

ハイドロカルチャーで涼しげに

ガラス容器にハイドロコーンや砂やゼリーなどで植えると、清潔感があって涼しげに演出することができます。小さくて場所も取らず、育てられる植物の種類も多いのでとっても人気。数が見えるのでお手入れ方法も簡単です。日照による苔の発生に注意しましょう。

苔玉でかわいらしく

苔玉という、植物の根を水苔で丸く包んだ育て方もあります。その姿はユニークでかわいらしく、和風にも演出できます。水やりは苔玉を水没させるだけ。

溶岩や流木にも

植物が育ちそうにない溶岩や流木でも育てることができます。穴が空いていてその中に植え込みます。ところどころ苔を貼ったりすると自然。エアープランツをボンドで固定しても面白いですね。

食器を使って

ティーカップやお皿など、食器を使ってもおしゃれです。ダイニングやリビングにぴったり。ハイドロカルチャー等なら抵抗感もないでしょう。

ミニ温室で

テラリウムというガラスのケースのなかで育てる方法もあります。まるでミニ温室みたいですね。正方形から円筒形など形も様々。湿度も保たれるので植物にも良いみたい。あまり育たないように霧水で水やりを。

一枝からでも

観葉植物は水に挿しただけで育つものもあります。小さな容器やグラスに1・2本挿しただけでもグリーンの存在感はしっかり。初心者の方にもおすすめの飾り方です。

寄せ植え

違う種類の植物を組み合わせて植える寄せ植え。もう定番ですよね。大きいものと小さいもの、葉の形の違うもの、色の違うものなどバランスよく組み合わせましょう。水やりや日当たりなど、合った環境が近いものだと簡単です。

鉢・鉢カバー

土植えのものも、おしゃれにしましょう。鉢は様々な種類が出ています。植え替えが大変なものは鉢カバーで衣装変え。金属や籐網のものなど、インテリアにあわせて選べるので楽しいですよ。

お手入れ道具

毎日のお手入れも楽しいものにしたいから、使う道具も素敵なものを使いたいですね。グリーンの側に飾っておいて、気付いた時にさっと水をあげる、というのも良い感じ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。