水周り 〜トイレ、洗面、浴室の関係〜

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 水周り 〜トイレ、洗面、浴室の関係〜

コーディネート講座

第28回
水周り 〜トイレ、洗面、浴室の関係〜

今回は水周りのインテリア。トイレと洗面、浴室を考えて見ましょう。 いずれの場所も毎日家族が必ず使用する場所。汚れもちょっと気を抜くと溜まってしまいます。こまめに掃除しないと大変! インテリアの前に衛生的であることが大前提となります。掃除の仕方は他に譲るとして、それぞれのインテリアポイントを挙げてみましょう。 一番最初はトイレです。

トイレ

最近は水洗トイレ、しかも洋便器が主流となり、昔のポットン便所は少なくなりましたね。 おかげで、匂いや衛生の点では、ずいぶん進歩しました。暖房や、消音、消臭機能まで付いたものもあります。お好みでお選びください。(でも、機能はシンプルが一番ですよ。) トイレで最低必要とされるものは、紙や衛生用品、タオル類のストック場所。そして掃除用具。もともとついていれば問題ないのですが、ない場合は工夫が必要です。 天井までの空間を利用して、突っ張り棒で棚を作ったり、ラックを設置したりするのも手でしょう。 掃除用具はオブジェのようなタイプを選ぶと出しっ放しでもさまになりますし、いつも見えるところにあることにより、掃除が億劫になりません。例をイラストにしました。

インテリアとしては、良くあるセット類、マット、カバー、スリッパ等はタオルと一緒に色やデザインを揃えたほうが無難です(個人的にはスリッパ以外は必要ないと思います。 一歩間違えると不潔感があるので・・・)。そのスリッパもいわゆる便所スリッパのような不恰好な形の物は避けて欲しいと思います。 タオル製のスリッパも湿ったように感じる事があるので、要注意です。布製品は清潔感を感じるよう常に気を遣って下さい。 トイレは狭い空間ですが、清潔に気持ちよくすごせるよう配慮しましょう。 壁に絵を掛けたり、壁掛けの花瓶を用意して季節の花を活けるのもいいでしょう。 水洗のボールにガラス玉や砂利を置いて風景を作るのもおしゃれです。 ダストボックスは必ず蓋付にして、あまりそれらしくないものを探しませんか? ゴミ箱の項目で探すより、入れ物の項目で探した方が範囲が広がり、意外なものが見つかるかも。

イラストを参考に・・・。

いつも同じ物を飾るのではなく、季節や月毎に変えて楽しんでくださいね。 香りもポイントです。人工的な物より、自然を感じさせるハーブや、フルーツ、お香などの香りがベスト。 コンセントに差し込むアロマポット、可愛い器にポプリを入れたものを片隅に置くのもいいでしょう。 狭い空間なので、きつすぎは禁物です。あくまでもさりげなくです。

トイレは往々にして条件の悪い位置にあります。

北側の、日の当らない暗い、寒い、狭い、等々。その欠点を補ったり、長所に変えることが必要です。 暗く寒い場所であれば、明るい暖色系で小物を揃えます。狭いトイレは大きな柄物を避け、膨張色といわれるパステルカラーでまとめたり、鏡を利用します。 (ただ姿が映らない場所を選んで。) 窓も何もしない事が多いですが、トイレも楽しい場所にする為にはカーテンを付けないまでも、ハンカチやテーブルセンターを利用して、 窓に表情を付けることが出来ます。お洗濯も簡単! 最後にトイレは、ゲストも使用するので余裕があれば化粧コーナーを作るといいですね。小さな額に鏡を入れて、絵の額のように見せてもいいでしょう。 簡易式の小物棚があればより雰囲気を出すことが出来ます。

洗面所

次は洗面所。
洗面所は、朝晩の身づくろいの他、脱衣、下着の着替えをする場所にもなります。
洗濯機を使う場所でもあります。家族がいる場合は家族分のスペースも確保しなければなりません、トイレと同様天井までの高さも利用した方が収納量が増えます。

必需品のバスタオルやウオッシュタオル、バスマットの色はできれば揃えたほうが、まとまります。定番の色を決めておいて、 くたびれたら同じものを補充するという形がお勧めです。 安いからといって、いろいろの色や柄のタオルにするとゴチャゴチャした空間になります。 個人的には清潔感と贅沢感がある、真っ白なタオルが好きです。

仕事柄ホテルに泊まることも多いのですが、ロゴが入った上質の白いタオルが用意してあると、贅沢な気分になり幸せを感じます。ちょっとまねしてみませんか?
(素敵に暮らすということは、かなりの意志の力が必要かもしれませんね。)

家族がいる場合は、それぞれ色分けしてもいいかもしれません。あくまでも無地で・・・。 小さな子どもさんだけには、可愛いものを用意してもいいでしょうか。

スペースに余裕があれば、小箪笥を置いて下着の収納にします。いちいち下着を抱えていくよりは便利です。 その他化粧品、ドライヤー、洗剤、タオルのストック、洗濯物等、小さな空間に沢山のものがあふれます。まず、それらを整理する。 毎日使うものは手の届く位置に、たまに使う物やストック分は高い位置でも大丈夫なので、天井近くのスペースを利用、そして、壁面に余裕が出来れば、 小さな額を飾ったり、洗面カウンターの上に一輪挿しを置いたりと、心の贅沢が欲しいですね。窓がある場合は、窓の枠を利用して、 グリーンを置いたり吊るしたりして、遊んでみてもいいでしょう。

それでも飾る場所がない場合は、整理整頓の仕方で、素敵な洗面所に見せましょう。 籐のバスケットやワイヤーのバスケットを使ったり、洗面グッズを厳選することで、おしゃれ度がアップします。

浴室

続いて、浴室。最近はユニットバスが増えています。
体と心をリフレッシュする空間と考えましょう。子どもがいる場合は、子どもとのコミニュケーションの場ともなります。 まずバスグッズは色、デザインを揃える、楽しくしたいなら敢えてカラフルにしても。 シャンプーやリンス類の容器はそのまま使わないで、自分好みのボトルに移し変えてもいいのでは?

リラックス効果を考えると、防水のCDやラジオで聴覚を、バスオイルや入浴剤で嗅覚を、ヒーリングライトやキャンドルで視覚を刺激しましょう。 少し暗めの方がリラックス効果は大です。たまにインテリアのバスグッズコーナーを覗いてみましょう。 きっと面白いものが見つかります。お風呂用枕とか、読書用スタンドなんていうのもありました。

アクセントとして、グリーンは気持ちを和ませてくれますが、窓や出窓のない浴室では難しいですね、そんな時はフェイクグリーンを利用してもいいのでは? 一つ置いただけでも雰囲気が変わります。そして、壁はシールを貼って楽しさを出すことも出来ます。

子供と一緒の場合は、壁をホワイトボードに見立ててお絵描きで遊ぶのはいかがでしょう?大人も結構楽しめます。

いかがです?水周りは、はじめにお話したように、台所についで、汚れる場所です。
どんな素敵なインテリアでも、散らかっていたり、清潔感がないとおしまい。

まずは、お掃除からです。気がついたときがお掃除時。あるいは毎週日を決めて集中掃除の日を作ってみてはいかがでしょう。 目でみて、鼻で嗅いで、手で触って、確認しましょう。負担にならない程度にね。

それではまた!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。