春らしさを演出するインテリア〜季節を楽しんで〜

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 春らしさを演出するインテリア〜季節を楽しんで〜

コーディネート講座

第32回
春らしさを演出するインテリア〜季節を楽しんで〜

気温も上がり桜も咲き始め、すっかり春めいてきましたね。光は透明感を増し、色が恋しくなる季節です。
こんな季節は、ぜひお部屋の中も春色にチェンジしてみませんか?

さあ、模様替えをしましょう!でも、ここで悩んでしまうのが、「どこから?」 できれば部屋全体が理想です。でもそれは、引越しや新築・改装でもしない限り難しいことですね。お金もかかってしまいます。そこで、パーツごとにいろいろ考えていくことにしましょう。

色と素材を変えましょう

お部屋に入ったとき、視覚が一番最初に情報として入ってくるので、ここを押さえることから始めます。
まず、色はパステルカラーを中心にします。濁った色より透明感のあるものを選びます。
素材は軽く透け感のあるものを。具体的には、木綿やサマーウール、ポリエステルレーヨン等。

カーテンを取り替える

具体的に言うと、一番手近なところでは「カーテン」です。
冬は防寒の意味も含めて、厚手の生地で色も暖色系がお勧めでした。これが春になると、少し、鬱陶しく感じます。
そこで、薄手の生地で明るめの色のカーテンに替えましょう。春らしく感じます。パステルピンクやイエロー、アップルグリーンなんていうのも素敵ですね。

カーテンは部屋の面積として占める割合が大きいので、色を替えただけでも印象がガラリと変わります。季節に合わせてカーテンを替えれば、気分も新鮮な気持ちになります。お洗濯もこのタイミングで行えば、いつでも清潔に過ごせますね。

画像協力:(C) 株式会社サンゲツ様

高級なカーテンは必要ありませんので、 2 種類用意して季節毎に替えるのがお勧め。
同じことがクッションや座布団にも言えます。
手作り派の方には問題ないけど、面倒くさがり屋さんは大判のハンカチを使う方法をお教えしましょう。作り方はとっても簡単!ハンカチを 2 枚合わせて、ザクザク縫って出来上がり。バーゲンの時に買っておけば結構重宝します。お洗濯も簡単です。

カーテンで忘れてならないのはタッセル!意外と目に付きます。普通は共布が多いですね。カーテンを変える余裕がない場合、このタッセルを工夫するだけでも表情が変わります。きれいな色のリボンやハンカチ、ブローチを使ったり、お花のタッセルも可愛いかも。
いろいろアイデアを考えて遊んでください。

画像協力:(C) 株式会社サンゲツ様

テーブルの上も春らしく

テーブルクロスやランチョンマット、これも春らしくしましょう。

テーブルクロスは大きいのでパスしても、ランチョンマットなら簡単に替えられますよね。
包装紙や布を利用して作っても良いですし、淡い色の紙に紙の花びらを散らしてオリジナルマットなんていかが?和紙なら風情も出ますね。
何度も使いたい方はラミネート加工をするといいです。これはビニールでカバーする事になるので、お手入れは楽!文具店でやってくれます。
この方法はいろいろアレンジが出来ます。アルミホイルで作ったり、子供の絵や写真でもOK。テーブルの話題にもなります。

おすすめの商品

せっかくテーブルの上を春っぽくしたのですから、ご飯も季節の物を出しません?
前にもお話したようにインテリアは五感です。
身体全部で春を満喫しましょう。

トイレタリー

次に、洗面所、トイレのタオルやマット、スリッパも忘れずに。
こちらも、冬の季節対応したものは重くなります。軽やかさと清潔感を感じたいですね。
色と素材を変えましょう。

スリッパを選ぶ時、モコモコしたものは避けましょうね。脚が漫画みたいで美しくない。(私は密かに豚スリッパと呼んでいます。)スッキリしたデザインが良いと思います。
それと、サイズ。 S 、 M 、 L とあるのですから、その人サイズにキチンと合ったスリッパを用意しましょう。サイズの合わない物は怪我の原因にもなりますから。  

グリーンやお花で春らしく

春は生命の芽吹く季節でもあります。お部屋の中に植物があると嬉しいですね、植物の成長するエネルギーをもらえば元気が出ます。香りも楽しめます。
切花は結構大変ですが、鉢植えならもっと長く楽しめます。水栽培の水仙やクロッカスなどがお勧めです。ほっといてもいいポットも販売されていますので、水 遣りが苦手という方でも安心です。お部屋のあちこちに生きている植物があるのは心安らぎますよ。

ポットのデザインはお揃いにして・・・。おしゃれな感じがします。いらなくなったマグカップや空き瓶、空き缶を利用してもいいですね。

ベランダ・テラスにも植物を

物干しだけになっているベランダやテラス。せめて一鉢、春芽吹く花を置いてあるだけでそこに春を感じます。
我が家のベランダにも毎年水仙が花を付けます。ほったらかしなのでしょぼくれた花ですが、それでも見つけた時は嬉しくなります。小さな幸せですね。

壁のデコレーションは?

壁は絵やカレンダーが多いですね。カレンダーは絵と違い、一年を通して掛けっぱなしです。出来れば素敵なものを厳選して欲しいのですが、頂き物を使っている方も多いのでは?
カレンダーも掛け方一つで立派なアートです。手を抜かないでくださいね。
頂き物の場合はせめて、商店名の部分をを切り取ってください。

絵に関しては、床の間と同じ感覚で・・・。床の間は季節毎に変えますよね。年がら年中同じ絵を掛けるのはやめましょう。高いものでなくて十分。額の中身を替えるだけ。自分で撮った写真や、包装紙のコラージュ、子供の絵。素材はあちこちに転がっています。
みずみずしさが欲しい場合、壁掛けの花瓶を額の中に取り込んで、お花を生けるのも新鮮です。一輪の花もアートします。

ファッションも

最後にファッションもインテリアです。
室内履きや部屋着、エプロンも変えるとなんかうきうきしませんか?自分の気持ちが変わる事、これが一番かもしれません。

さぁ、春は始まっています。花粉症でお悩みの方もまだ大丈夫な方も、快適に過ごす為にインテリアを遊んでみてください。

それでは楽しい春、作ってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。