シンプルスタイルは10人10色?

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. シンプルスタイルは10人10色?

コーディネート講座

第39回
シンプルスタイルは10人10色?

今回はシンプルスタイルのコツを紹介します。
実は、「どんなインテリアがお好きですか?」と聞くと一番多いのがこのスタイルです。
<simple is the best>というキャッチコピーもありましたね。
ちなみに、このスタイルを好きな方は<明るい>というのもキーワードです。

<すっきりシンプルで、明るい部屋>言葉のイメージで言えばこうなります。
ところがその<シンプル>、実はなかなか難しい…。
なぜなら、バリエーションが一番多いからです。10人いれば10人のシンプルがあるのです。
さて、あなたのシンプルはどんな感じでしょうか?

シンプルスタイルのカラー

メインカラー

住空間の色で一番目立つのは床です。
ほとんどの場合、壁や天井はオフホワイトやアイボリー系なので、違いがあるのは床とドアの色ぐらい。ですから、床の色選びで方向が決まると言ってもいいでしょう。

今回のシンプルスタイルの場合は、(フローリングと仮定して)ホワイト系やナチュラル色、ミディアムブラウン程度が適しています。床の色が明るくなれば、部屋の印象も明るくなります(これはお好みで選んでください)。
ドアの色は、床と同じ色が無難。
色を変えるとすれば、壁に近い白いドア、もしくは床より明るい木の色がいいでしょう。
これはバランスの問題で、下に濃い色を持っていったほうが、安定感が生まれるからです。
以上がシンプルスタイルの部屋のメインカラーになります。

サブカラー

次にサブカラーとして、大きな面積を占めるカーテンやソファの色を考えましょう。
カーテンの考え方としては壁と同化させ、広い感じにするか、ポイントとして色を出すか、2通り考えられます。

ポイントとする場合も色で見せるか、色柄で見せるか選択肢が広がります。大まかに言えば、柄は単純に、色数も抑えたもの、が適しています。素材感も、モコモコよりは薄いもの。

色は、さわやか・クール系でしたら寒色。暖かみを出したい時は暖色など、好きな色を…。
ただし、ビビットなものは強い印象になるので、ベースカラーと同系の柔らかな色を選びます。ソファも同様ですが、両方を強い色にすると狭く感じるので、どちらかだけに色を持ってきたほうがスタイルしやすいでしょう。

アクセントカラー

そして、アクセントカラー。穏やかにしたいなら、ベース色を基調とした濃い色、アクティブな印象にしたい時は反対色で。こちらはビビット色でもオーケー。面積の小さい場所に使います。クッション、テーブルセンター、壁の絵などです。
観葉植物のグリーンもポイントとして必要。1本あるだけでも、部屋に生き生きとした印象を与えてくれます。

シンプルスタイルの家具選びのポイント

家具を選ぶ時、木製であれば色は床の色に合わせるとコーディネートしやすいです。
特にシンプルスタイルの場合、色数は抑えたいので注意しましょう。
もしくは壁の色と同じホワイト系や、クロームメッキを使った家具を選ぶと良いでしょう。こちらは軽快だったり、シャープな印象になります。

そして、家具には見せる家具と隠す家具があります。シンプルスタイルの場合は、隠す家具、壁面収納を多くして、ポイントに見せる家具を置いたほうがすっきり!部屋が雑然としません。
家具を配置をする時もバラバラに置かないで、方向や高さなどのラインを揃えます。
部屋のあちこちに置くより、まとめて置く、デザインを揃える、高さも揃える、などなど…その際、視線を低めにすると、落ち着きと広がり感がでます。
取手やツマミも気にしましょう。小さな物だけど、結構目立ちます。
(例えば、ドアのハンドルがクローム色なら、同じ色にするとか、何らかの統一を。)


木の色を合わせる

デザインや方向を揃える
シンプルスタイルのカーテン

一般的にはドレープとシァー。厚手とレース生地を掛けますが、部屋をすっきり広く見せたい場合はブラインドやシェード等、上下に開閉する方式がお勧め。窓 にボリュームが出ません。私の最近のお勧めはシルエットシェード!布製のブラインドです。アルミのブラインドより表情が優しく、光が柔らかい、普通の シェードよりシャープな印象。シンプルスタイルには適しています。

シンプルスタイルの小物

仕上は小物で…。自分の好きなものを厳選して!雑然とおくよりは、テーマを考えておきます。
ポイントを絞ることで、より引き立ちます。隙間も飾りと考えましよう。
壁の絵はフレームにも気を使います。色と形です。デコラティブな額は避けてくださいね。掛ける時はリズムやライン感を利用して。

シンプルスタイルの照明

さて、最後に照明です。
どんな素敵なインテリアでも、照明の色をを間違えると悲しくなってしまいます。光と影、陰影がきれいに出て、暖かい電球の色が空間を引き立てます。蛍光灯 の色は物を平面的に見せるし、クールな印象です。美人に見せるのも電球! 1台の天井照明だけではなく、点在する照明で、空間も美人に見せましょう。

最後に

シンプルスタイルはシェイプアップインテリア!
厳選した、必要なものを必要な場所へ。これが鉄則。余計な物は整理整頓、処分しましょう。インテリアは季節毎に楽しむもの、ファッションと同じです。スリムになって
おしゃれしてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。