おもてなしのコーディネート

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. おもてなしのコーディネート

コーディネート講座

第44回
おもてなしのコーディネート

今回はお客様をおもてなしするためのインテリアコーディネートについて取り上げます。

さて、皆さんのご自宅への来客は、多いですか?少ないですか?
家を訪れるお客様は、どの様な方ですか?
友人、彼氏、親、結婚している方なら義理の両親、子供の友人とその親、家庭訪問の先生、ご近所、夫の同僚や友人、はたまた上司、でしょうか?
でもなんと言っても、一番多いのは友人やご近所の方でしょう。

おもてなしは、思いやりの気持ちから

“おもてなし”というと、なんか大層なことみたいで難しそうですが、お迎えするにあたっての、お客様への思いやりの気持ちと考えれば、決して難しくはありません。
まずは、お友達を迎える場合から考えてみましょう。いつもの空間のプチドレスアップです。お友達でしたら気持ちもリラックスして取り組めますし、少しくらい変だって相手も気にしません。

始まりは玄関から

戸建の家でしたら、これからの暑い季節には打ち水、なんていうのも昔はありました。
少しでも涼しさを感じていただくための工夫です。

また、夜のお客様でしたら、足元に気をつけていただくと同時に誘導として、灯りを点在なんて優雅な事も…。

そこまでは無理としても、おしゃれにしたいのなら、大鉢に水を張り昼は花を浮かばせて、夜には浮かぶキャンドルを入れる、なんていう方法はいかがでしょうか。ここ一番の時のおもてなしコーディネートです。

リースでいらっしゃい!のサイン

カジュアルにしたいなら、玄関にリースで<いらっしゃい!>のサインを出してみましょう。リースはクリスマスだけではもったいないアイテム。
季節の素材を使って作れば、ウェルカムのサインとして、ドアの飾りとして使えます。
これからの季節でしたら、向日葵や朝顔などの夏の花のフェイクで作ると素敵。受けを狙うなら、団扇や扇子を使って遊んでみてもいいですね。
その他にも、強力磁石フックを使って花瓶を吊るして、季節の花を挿しておくのも素敵かも。

香りも大切なおもてなしアイテム

さて、玄関を入ると気になるのが、家の匂いです。

自分では分からないかもしれませんが、案外どのお宅も匂いがあるものです。お香やアロマオイルを使って香りの演出でお客様を迎えましょう。
生花を飾って、その花の香りで演出する方法もあります。

ただし、どちらにしても、あまり強い匂いは逆効果ですので、注意して選びましょう。

お香であれば1時間前に焚きます。ドライフルーツ等をおしゃれな器に入れて、オイルをたらしておくのもいいですね。ディスプレィとしても絵になります。
よくある消臭スプレイやお部屋コロンをシュッとひと噴き、はなし!“いかにも”という感じですし、香りがつんつんしています。ほのかないい香りが理想です。

玄関の飾り

玄関に飾りを置くスペースがある場合は、出しっぱなしの物を片付けて、さりげない一品を置くようにしましょう。
コツは「季節感のある物を置く事」。
無難なところでは花ですが、夏であればガラスの置物、冬でしたらきれいなキャンドルや、色とりどりの毛糸玉なんかもオブジェになります。子供の作品やお客様が興味がありそうな物を選ぶという手もあります。
要はちょっと目を引き、おしゃべりの材料となれば成功です。だって、人を招いたときの一番のおもてなしは会話ですから…。

物を置く場所がない場合は壁を利用します。
壁に何か飾る場合は、お客様の目線を考えて場所を決めます。無難なところでは絵ですが、強すぎると圧迫感が出るのでさりげないくらいがいいでしょう。
また、広く見せる為に鏡を使う場合は、目の前ドン!と飾るのはダメ。びっくりしてしまいますよ。コツは、小さいものを連続させたり、細く縦長か横長にしてデザインで見せる事。そうすると、おしゃれになります。

ついでですが、お出しするスリッパは大丈夫ですか?
毎日のことで気がつかない事も多いのですが、汚れていたり、履いた時に湿ったりしていたら最悪。季節毎にチェックしておきましょう。夏には夏の、冬には冬 の素材を選んでくださいね。他人が履いたスリッパって、結構嫌なものです。ちょっと気を使いましょう。

水まわりのおもてなし

長い時間お邪魔するうちに、自然の要求も出てきます。
トイレのみならず洗面所をお借りすることもあるので、水周りもチェック!
一番大事なのは清潔感です。

トイレは清潔が第一!

手洗いタオルは、他人の使用したものは気持ち悪いもの。かといって、ハンカチを持たない人もいますから、使い捨てタオルかゲスト用タオルを用意しましょう。
使い捨てタオルの代わりに、ボックスティッシュを利用してもいいでしょう。最近は可愛いデザインのものが多くあります。サイコロの形をした小さなものを一時的なタオル代わり、というのもありです。

お客様が一人だけなら、おろしたてのタオルをかけて、ずり落ち防止にブローチで留める方法はいかが?
そして壁におしゃれな鏡があると、女性には何かと便利ですね。鏡が額付でしたら、絵の代わりにもなります。

さて次に気になるのがトイレのスリッパですが、スリッパ、必要ですか?

最近のトイレは洋式がほとんどで、床を汚す事も少ないです。私は、あえてスリッパを変える必要はないような気がします。
それでも置きたい方は、汚れのしみこみにくいビニール製がいいかもしれません。
そしてトイレ3点セット(便座カバー、シート、マット)ですが、お約束のように皆さん使っていますが、果たして清潔なのでしょうか?
毎日洗濯しているのならともかく、あまり清潔には思えません。ましてお邪魔したお宅ならなおさら。いっその事はずしてしまいましょう。とにかく清潔感が一番!

トイレに飾るものは、便座に腰掛けている時の視線の先、男性でしたら便器に向かっている時の視線の先に飾ります。手洗いが付いたタイプの便器でしたら、水 の溜まる所にガラスのビー玉を敷いたり、庭の雑草を活けたりと遊ぶのはいかがですか?ちなみに我が家のトイレは今の季節、ビー玉の上にガラスの金魚を置い ています。
絵を掛ける場合は、トイレの大きさに合わせて、小振りのものを選んで下さい。

洗面所のポイント

こちらもゲストタオルが必要です。ただ置くのではなく、籠などのきれいな入れ物や、トレーなどの上にね。(タオルの色柄は好きなもので良いですが、必ず揃えること。)
カウンターの片隅には、一輪の花を生けたりすると素敵ですね。ガラスの器にきれいな石を入れて、そこにフェイクの観葉植物を挿します。これだと水がかかっ ても安心ですし、取り替える手間も要らず、和みの雰囲気を作り出せます。香りの良い石鹸をオブジェのように置いておくのもおすすめです。
キーワードは清潔、さわやか、いい匂い!

リビング…メインの場所

周りから攻めてきましたが、おもてなしの一番のメインは、長時間いる部屋のおもてなしです。
リビング、ダイニング、和室とありますが、今回はリビング限定と言う事で・・・。
和室でしたら床の間という見せ場がありますが、洋室には床の間はありませんね。洋室の場合、床の間に当たるのは暖炉です。その上や廻りに、写真やオブジェ など色々飾りますが、私たちの生活では暖炉はありませんね。その代わりに部屋の中心になっているのがテレビ、というのが現状です。
ソファの配置もテレビ中心になっていませんか?これを変えるのはさすがに大変なので、出来ることを考えてみましょう。

大きいポイントは

1. 座った客の視線がいく場所を中心に、季節のものをあしらう。
2. 置くもの、飾るものは素敵なだけではなく、話題の提供となるようなものが場を盛り上げる。
3. 客の視線はあちこち飛びます。見られて困るようなものはあらかじめチェック。
4. テーブルコーディネートで見せる(こちらも季節や話題になるような物を取り入れて)。
5. テーマをつくる(和づくし、ハワイ気分、お姫様コース、涼しさ等)。
6. 季節感を大事にする。
7. がんばり過ぎない。

…こんなところでしょうか。
応用編として、ソファは変えられませんが、ソファカバーやクッションは変えられますね。季節の素材でアレンジしましょう。

映画の中で、果物の鉢を置いてあるの、見たことありませんか?あれは見た目の華やかさと同時に、香りがする、食べられる、といいことが沢山。ぜひ見習いましょう。
家庭でのコツはボリュームを出す為に下のほうにフェイクの果物を混ぜておくこと、経済的でもあります。

来客が夜でしたら、天井の照明をおとしてスタンドだけにして下さい。部屋に陰影が出来るので、粗も隠れるし、雰囲気もいい。たまの事なのでキャンドルもいいですね。

バックグラウンドに音楽はいかが。
ボリュームを下げて会話の邪魔にならないようにしておきます。楽器だけの、ゆったりした曲をセレクトしましょう。インテリアは五感ですのでフルに使って下さい。

色々上げましたが、全て特別な事ではありませんね。毎日の生活でも季節毎のチェンジとして、必要な事と思います。付け加えるのは、客の目線で考える、会話の手助けになる。この2点だけ。
一番のおもてなしは、楽しく時間を共有する事。そのためのインテリアです。
笑顔と会話をご馳走に、おもてなしインテリアを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。