カラー別のインテリア 暖色系のインテリア

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. カラー別のインテリア 暖色系のインテリア

コーディネート講座

第52回
カラー別のインテリア 暖色系のインテリア

はじめに

春の気配が感じられるこの頃、お洋服も華やかな色に目がいきます。
今年の春はカラフルな色が流行する雰囲気です。ピンクやオレンジ、赤の小花柄も目に付きますね。今回はそんな気分を活かして、暖色系のインテリアを考えてみましょう。

暖色というと、赤、黄色、オレンジ等のグループの色ですが、インテリアで暖色系というと、暖色の彩度や明度を変えた、ブラウン系、ベージュ形をベースにしたインテリアになるでしょう。その中にはっきりした暖色を加えると出来上がります。
決め付けはいけませんが、どちらかといえばファミリー、女性に好まれるインテリアでしょうか。
インテリアスタイルも、カジュアルやナチュラル、モダンと範囲も広くなります。
一番なじみやすいインテリアともいえるでしょう。

色別のイメージ

はじめに、代表的な色のイメージを上げてみます。

赤といって思い出すのは何でしょう?火、花、血?いずれにせよ生命力を象徴するようなものばかり。特別の意味を持つ色です。あなたの赤のイメージはどうでしょうか?

赤には膨張、進出、などの特徴があります。心理的には、情熱、喜び、激しさ、積極的等感情を高揚させたり、活気付ける働きがあります。赤い部屋に入ると血 圧が高くなるということも実験で知られています。それから闘牛で使われる赤い布も、人を興奮させる為だとも言われています。それゆえに使いすぎると刺激が 強すぎてイライラ、攻撃的、などインテリアとしてはマイナスの面もあります。住まいのインテリアとしてはポイントに使うのがお勧めです。洋服でも全身赤ず くめよりは、ポイントに赤を使ったほうがおしゃれに見えますよね、それと同じです。

赤といっても千差万別、くすんだ物から鮮やかな物、または他の色味が入った物など、様々な表情があります。暖色同士を組み合わせる時は、その混じった色味 を統一するとまとめやすいでしょう。例えば、ブルーがかった赤に合わせる黄色も、ブルーがかった黄色にするなどです。

黄色

ひまわりや太陽のイメージのある黄色。活動的で、元気な色です。光を与える希望の色でもあります。その一方で、軽すぎたり、マイナス心理としては欲求不満の幼児性のある色とも言われています。
前述の赤もそうでしたが、色にはプラスのイメージとマイナスのイメージがあります。インテリアとしてはそのプラスのイメージを活かすように考えたいですね。
黄色は明るい色ですが、こちらも明度や彩度を変えることで色々のバリエーションが出来ます。そして、お部屋のコーディネートをしていて一番多い要望が、明るい部屋にしたいというものです。
そんな時は、適度に黄色を加えると部屋が明るい感じに仕上がります。

オレンジ

赤と黄色の間に入る色なので、両方の特徴を持ちますが、赤ほど強烈でもなく黄色ほど軽いイメージではないので、マイナスイメージも少なくなります。
個人的には赤、黄色よりインテリアには合わせやすいと思っています。

ピンク

ピンクは赤のバリエーションになるのですが、ピンクを好きな方が多いので、ここでは別に取りあげてみます。
赤 が変化した色なので、同じように華やかさはありますが、強さがないだけにずっと穏かに、優しくなります。薔薇色、桜色、桃色、ピンクを表す色に花の名前が 多いのもロマンチックなイメージです。春を思い起こさせる色、愛情、幸せ、恋する女、可愛いなどハッピーなイメージの色ですね。難点は一歩間違うと子供っ ぽくなりがちな事です。
大人のピンクをめざしてみて下さい。ポイントはベージュやグレーがかったピンクにし、少し沈んだトーンにする事です。そして、チープになりやすいので、ほどほどに!

その他に…

それぞれの色の特徴を挙げましたが、そのほかに取り入れるポイントをあげていきます。

照明

暖色系のインテリアには、電球色の黄色系の光が一番です。色に溶け込み、より色を引き立てます。インテリアのスタイルによってデザインはさまざまですが、光の色にだけはこだわって下さいね。

アクセント小物

暖色系のインテリアは部屋に温かみが出ますが、それを強調するのは小物です。 クッションや絵などのほか、テーブルウェアも暖色系で揃えてみて下さい。 といっても、全て揃えてしまうのも考え物です。反対の色味の物が入ってこそ引き立ちますので注意しましょう!(同系色の洋服の中に反対色のアクセサリーを ポイントにするように、です。) そして迷った時には白にして下さい。白はどんな時にも助けてくれます。 もう一つ、助けになるのは観葉植物です。一鉢あるだけで、部屋が生き返ります。

最後に

暖色系のインテリアは気持ちを穏やかに、楽しい気分にしてくれます。インテリアに寛ぎ、安らぎが欲しい方は、ぜひ暖色系でまとめてみて下さい。思った以上 に効果がありますよ。 これから春にかけてのおすすめは、パステル系暖色で柔らかなトーンのうきうきインテリア。秋からなら、色を少し強くして暖かさを感じる省エネインテリアに する事もおすすめです。
たかがインテリアですが、気持ちと体が変わりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。