カラー別のインテリア 中間色のインテリア

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. カラー別のインテリア 中間色のインテリア

コーディネート講座

第53回
カラー別のインテリア 中間色のインテリア

はじめに

中間色というと、微妙な色ですね。中間色のなかには、純色といわれる色に白やグレーを加えた色がありますが、これだけでもかなりの色数になります。また、青と赤の中間である紫系、青と黄色の中間である緑系というくくりで表す中間色もあります。これらの色は、寒色、暖色どちらにも感じられる色です。

中間色を具体的に

パステルカラー/グレイッシュカラー

先程も述べたように、中間色のなかで、「純色といわれる色に白やグレーを加えた色」というとイメージがつかみにくいので、「パステルカラー/グレイッシュカラー」と言い換えたほうがわかりやすいかもしれません。この言葉でしたら耳にしたり、目にした事がありますよね。これでイメージが湧きやすくなったと思います。赤ちゃんの部屋のインテリアやグッズはパステルカラーが多いですよね。優しく、夢のある感じにしやすいからでしょう。赤に白を加えていくとパステルピンク。それにグレーを混ぜたらグレイッシュピンク。グレイッシュカラーはパステルカラーに比べて、エレガントなイメージになります。赤ちゃんのピンクと大人びたピンク。元は同じ色でも、混ぜる色でだいぶ雰囲気が変わります。

ベージュ

インテリアを作る基本の壁や天井の色の殆どはアイボリー、ベージュです。黄色や茶色に白を加えた色です。このような色には、陽だまりの暖かさを感じます。この色に、グレーを加えた場合はクール、シャープな印象になるので、知的な空間に見せられます。 このように、インテリアのベースは大概中間色で出来ています。また、中間色だけでまとめたインテリアは、失敗が少ないので一般に多く見られます。ただ、それだけではメリハリがないので、ぼけた感じになり、面白みには欠けてしまいます。(そのぶん穏やかともいえますが…。)その場合は選んだ中間色の、少し色味を強くしたものを配することで、その曖昧な感じが消え、落ち着いたインテリアになります。

一つの例として、一般の方がカーテンを選ぶのを見ていると一番多く出るのがベージュ系の無地だそうです。汚れも目立ちにくいし、無難ということで選んでいるとは思うのですが、面白みに欠けますし、一歩間違うと薄汚れたようにも見えます。白い壁、白い天井にベージュのカーテン、ソファもアイボリー…これではなんかつまんないインテリアになってしまいます。色や柄で少し冒険してみてはどうでしょう。 ベージュ系無地にこだわる場合でも、艶のある生地など素材にこだわったり、ボーダーなど濃い色を裾に入れる等の工夫でセンスアップ出来ます。

緑といっても、黄緑から青緑まで、こちらも色々あります。一般的に思い浮かべるのは自然の植物の色が多いと思いますが、信号の青や海の緑を思う人もいます。緑と青の境目が日本では曖昧という事もあるでしょう。

さて、緑というと生命の象徴、再生、安全等のイメージから、目を休めたり心と体をリラックスさせる効果もあるといわれるので、インテリアには多く登場する色です。 ただ、他の色といっしょに配色した場合コントラストが強くなったりするので、同系色や類似色でまとめたほうが失敗はないでしょう。ナチュラルカラーやアースカラーのインテリアですね。 また、緑の観葉植物はバラバラのインテリアをまとめたり、シンプルすぎるインテリアにアクセントを与える効果もあります。是非活用してみて下さい。

紫はインテリアにとり入れるのが難しい色です。高貴な色として特別扱いしがちな面とセクシー感があるので、個性的な人が好む色とも…。好き嫌いの分かれる色ということは確かです。使用する場合はトーンを上げたり、下げる事で合せやすくします。それでも個性的ではありますので、どちらかと言えばお部屋のアクセントに用いたほうがいいかも…。

紫系は何年かごとに、繰り返し出てくる色です。昨年からも一部で、赤紫系の色が流行り始めましたが、以前の紫より洗練されているような気がします。たぶん茶色系に傾いている色味と、ファブリックのデザインが洗練されたせいでしょう。クラシックなイメージが大きい色ですが、モダンなインテリアにもお勧めです。

さいごに

中間色という言葉で、難しいインテリアカラーと思われそうですが、何気なく接しているインテリアの殆どが、中間色をベースにしているのではないでしょうか。(紫は別として)中間色はメリハリがなくなったり、曖昧になりがちな色味なので、センス良く見せるのが大変です。そこで必要となるのはコーディネート力なのですが、ファッションと同じように考えてみましょう。洋服をコーディネートする感覚で、インテリアにも挑戦してみて下さい。まずは気分一新!とりあえずテーブルにカラフルな花を飾ってみませんか? それだけでも、曖昧な空間がシャキッとしますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。