1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. ひとり暮らしするなら・・・
  3. 第8回:「ひとり暮らしをしたい部屋の条件(1)と情報収集の巻」


ひとり暮しするなら…
コーディネート講座

第8回:「ひとり暮らしをしたい部屋の条件(1)と情報収集の巻」

page.1/1


みなさん、こんにちはー。先日エアコンが壊れ、地獄のような日々を送っている芽依です。
芽依がエアコンをつけるときは本っ当に暑いときに限り、なのでこの時期に壊れてしまったのは痛い。。
幸い、大家さんのご好意により修理ではなく(10年くらい前の古い型だったので。)新品を買ってもよいということに♪嬉しいんだけど、取付工事が完了するまで、暑いことには変わりなく・・・(ノω・、)ウゥ・・・

さて、今回のお題は住みたいお部屋の条件と情報収集♪
部屋部屋探しはヒジョーに労力を使うもの。いい部屋を探しあてようと思ったら、なおさらなおさら。。なので、効率よい部屋探しをするにはご自分の住みたい部屋の条件を明確にしておくことが大事です。
・・・が。住みたい部屋の条件っていったって、ひとり暮らし未経験の方は新築でぇ、駅から近くてぇ、、なんてあれもこれも欲張り状態(笑)なのでは?
そんなアナタd( ̄^ ̄)
フローリングじゃなきゃイヤ、オートロック付きがいい・・・などなど、細かい希望はとりあえず置いといてまずはこの↓3点について考えてみて☆

■家 賃
■間取り
■立 地

部屋探しを始める理由は人それぞれかと思いますが、それによって優先させる条件が変わってきます。
芽依がひとり暮らしを考えた理由は、実家からの通勤がキツかったからo(;△;)o
なので、優先させた条件は「立地」と「家賃」。
社会人の方は特に朝の5分の大切さ(笑)をよぉーくご存知でしょうが、芽依は家賃の予算内で
職場まで乗り換えナシ・駅近くってとこにとこっとんこだわりました☆
そのかわり、間取り(設備など)に関しては、アパート・和室でも可・・・と条件を緩めました。
家賃・間取り・立地全ての希望を叶えるのは難しいことが多いですが、ここは妥協できるかなという点を作っておくと部屋探しがスムーズに行くと思います(≧∀≦*)

では。先に挙げた3点の内容を細かく見てみましょう♪

■家賃〜手取の3分の1以下で〜
“収入の3分の1が目安”はよく耳にする言葉ですネ。
芽依は実体験から、家賃は手取の4分の1でもいいくらいと思っておりますが。。
ひとりで暮らしていると、例えば体調を崩したとき病院に連れて行ってくれる家族はもちろんいません。ご近所の病院が開いている時間に具合が悪くなるとも限りません。芽依も何度タクシーのお世話になったことか・・・
それから社会人の方だったら、冠婚葬祭。これに関する出費は、ちょくちょくあることではないけど1度に出て行く額がデカイ!
こういった突然の出費があったとき、どんなに生活が苦しくても家賃だけは絶対節約できませんよね(ノ_-;)。。自戒をこめて、家賃設定は慎重に!と芽依は声を大にして皆さんに言いたい・・・
家賃
フリーターの方や、残業代などで収入額が上下する方は少ないときの収入を目安にして下さいネ。これ、高いときので計算しちゃうとかなりイタイ目に・・・←芽依のこと( ̄― ̄;
また、ボーナス等をアテにして計算するのも極力避けましょう。
家賃の予算が決まったら、家賃相場を調べてみて☆
ネットや情報誌を使って、ご自分の予算だとどのあたりのエリアで・どんな間取りの・どのような設備の部屋が該当するか把握しておくことが大切です。

■間取り〜十人十色・・・〜
ここでは部屋数(1ルーム・1LDKなど)・構造(マンション・アパートなど)・築年数・ベランダの有無・バス・トイレ別・・・などなどが当てはまります。
一口に「間取り」といっても、こだわる部分は人によりますがご自分のライフスタイルと照らし合わせて考えるとわかりやすいと思います☆
<例>
※お風呂にゆっくりつかるのがストレス解消♪→バス・トイレ別
※芽依のように洋服大好き!→収納が多い
※音に敏感→(一概にはいえないけど)木造の建物は避ける・・・など。
間取り芽依は引っ越した当初は自炊する気マンマンだったので1DKの物件を選びましたが、今現在。。ダイニングは寝室とバス・トイレを結ぶ通路と変わらず。
シンクが料理に使われることは9割方ないッス!(笑)
洗面所がないから、洗面台代わりですね。
「1Kだったら家賃もうちょっと安いんだろーなー・・・」と悔やむこと多々アリ( p_q)
ライフスタイルの見極めは大事だ。。

■立地〜利便性を左右します〜
学校・職場までの交通手段(バス・電車・徒歩など)沿線・駅。また、最寄駅から住居までの環境。
学校や職場までの異動時間の他に、生活の場としてのこだわりが強い方はここを優先させましょう。
<例>
<例>
※自炊をする→スーパーがご近所にある
※外食派→飲食店・お惣菜屋さんの多い駅
※帰宅時間が遅い→住宅街よりも繁華街
→駅から徒歩圏(バスの利用ナシ)の物件
交通一般的に急行/快速の止まる駅は家賃高めですが、駅前が栄えている・何よりも便利♪というメリットがあります。
逆に駅から遠い物件は、家賃相場が低めのため生活費が安くあがる→趣味や貯金に(*^▽^*)と、こちらにもメリットが。
どちらを選ぶかはアナタ次第。

住みたい部屋のイメージはわいてきましたか?♪
希望条件が見えてきたところで、

◆家賃相場  
◆間取り(設備など)
◆住みたい沿線・駅

・・・について、情報を集めましょう( ̄0 ̄)/
実際に下見をするとき、賃貸不動産についての知識・情報があるとナシでは、いい部屋を探しあてる確率が変わってしまいますヨ└|∵|┐
芽依のように後悔しないためにも!がんばりましょーーー\(^▽^)/


次回は『ひとり暮らしをしたい部屋の条件(2)の巻』です♪お楽しみにー(・ω・)ノ
▲TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。