《一人暮らしの部屋メイク》 引越し時には揃えたい!失敗しないインテリア&家電の選び方

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 《一人暮らしの部屋メイク》 引越し時には揃えたい!失敗しないインテリア&家電の選び方

《一人暮らしの部屋メイク》 引越し時には揃えたい!失敗しないインテリア&家電の選び方

さぁ、新しいおうちに引越してこれから新生活を始めよう!という時に、慌てて家具や家電を揃えると、意外と慌ただしくなってしまいます。
あせって選ぶと後悔したり、ライフスタイルに合わなかった…なんてことにもなりかねませんね。
新しいおうちに住んでからもすぐに落ち着いた生活を始めるためには、引越し時にある程度必要なものを揃えておくことがポイントです。

そこで!今回は、引越し時に揃えておきたいインテリアや家電についてご紹介!
まず何を揃えればいいの?」 「一人暮らしにはどんなものが 合っているの?」という疑問をここで解決しちゃいましょう♪

睡眠をとる、食事をする、など基本的な「暮らし」をしていくためには、イラストのようなアイテムが必要になります。
照明や冷暖房については、あらかじめ完備しているアパートもあるので、引越し前にしっかりチェックしましょう。
  • 始めのうちはテーブルやテレビ台はなくても・・・と、床に直接テレビを置いたり、テーブルの代わりにダンボールなどの上で食事をとるという人もいるかもしれません。これでは、「引越したばかり感」が抜けず、落ち着いた空間にはなりません。

  • また、ソファを引越し時に購入する方もいますが、一人暮らしの狭いお部屋にとってソファは場所をとってしまいます。大きなソファが場所を占領している中で、荷解きをして、レイアウトを決めていくというと、あまり効率がよくありません。ソファをお部屋に置く場合は、まずお部屋のレイアウトを決めてから、その後でゆっくりソファを選んで購入することをおすすめします。
    それまでは、ラグカーペットやクッションなどで自分の「居場所」を作ると、引っ越したばかりでも過ごしやすい空間になります。

カーテン

  • カーテン
  • コレがないと生活がはじまらない!
    プライベートな空間を守るため、カーテンを取り付けましょう。
    一人暮らしの場合、特に防犯には気をつけたいもの。カーテンなら、遮光機能は必須です。
    お部屋が狭く、お部屋全体をすっきり見せたい!という方は、ノンプリーツのカーテンやブラインドもおすすめ!
    どのタイプのカーテンを取り付けるにも、カーテンレールの種類や長さをしっかりチェックしておきましょう!アパートの内覧時や、引越し前に調べておけばスムーズです。

▲アイテム一覧へ

ベッド・寝具

  • ベッド・寝具
  • 快適な生活は、快適な睡眠から!まずは、ちゃんとした「寝床」を確保しましょう。
    お部屋が狭く、スペースを有効活用したい!という方にはこちらがおすすめ↓

▲アイテム一覧へ

テレビ台

  • テレビ台
  • テレビの周りにはレコーダー機器、ゲーム機、配線コードなど、収納するものがたくさんあります。
    困った時にすぐに取り出せるように、取扱説明書なども合わせて収納しておくためにも、収納力のあるテレビ台で周辺機器をすっきり収納しましょう。
    大型〜小型など様々なタイプのテレビ台がありますが、お部屋が狭い方は、コーナータイプのテレビ台を使用すれば、対角線でお部屋を広く使えます。スペースを有効活用できますので、大変おすすめです。

▲アイテム一覧へ

テーブル

  • テーブル
  • 一人暮らしのお部屋にダイニングテーブルとチェアのセットを置くと、やはり場所をとってしまいますね。お部屋が狭い方には、圧迫感のないローテーブル。丸いものよりも、四角いものの方がスペースを有効に使えます。もちろん、脚が折りたためるタイプもおすすめです。
    一人暮らしなら家具選びも自由!ちょっとデザイン性のあるものに挑戦してもいいかもしれませんね。

▲アイテム一覧へ

ゴミ箱/分別式ゴミ箱

  • ゴミ箱/分別式ゴミ箱
  • 意外と忘れがちなのがゴミ箱。引っ越したばかりの時期は、どんどん新しい生活用品などを購入するので、普段の生活以上にゴミが出てしまいます。おへやの中でゴミ袋がそのまま出ていると、落ち着いた空間づくりができません。
    最近では、どの自治体もゴミの分別が徹底されているので、分別できるゴミ箱がおすすめです。省スペースでも分別ができるタイプも発売されているので、ぜひチェックしてみてください。

▲アイテム一覧へ

ラグ・カーペット

  • ラグ・カーペット
  • 自分の「居場所」を確保するために必要なのが「座る場所」です。カーペットなどを敷いて「座る場所」を作ることで、落ち着いた空間になります。ソファや座椅子などが揃っていない引越し時には、カーペットを敷いてみてください。アパートやマンションなどでは、足音などの騒音対策としても、ラグやカーペットは必須です。
    カーペットというと、ベージュやブラウンが無難ですが、グリーンがテーマカラーの方はグリーン、ブルーがテーマカラーの方はブルーと、お部屋のテーマカラーをチョイスすることをおすすめします。お部屋の中で存在感が大きいので、カラーコーディネートがまとまりやすくなりますよ。お部屋にカーペットを使用しない方は、フロアクッションや座布団を置くだけでも過ごしやすくなります。

▲アイテム一覧へ

冷暖房器具

  • 冷暖房器具
  • 冷暖房機器は、引越し先にはじめから設置されていることもありますので、引越し前に確認しておきましょう。
    おへやの数・広さに合わせて、適する冷暖房器具を選びます。特に暖房器具の場合、エアコン、ストーブ、ファンヒーター、ホットカーペットなど様々な種類があります。それぞれ、お部屋が暖まるスピードや暖まり方に特徴がありますので、購入前にはしっかり比較検討しましょう。

▲アイテム一覧へ

照明

  • 照明
  • 照明器具についても、引越し先にはじめから設置されている場合があります。新たに購入する場合には、お部屋の広さや照明器具の取り付け口を確認しましょう。
    デザイン性のあるランプシェードを選ぶも良し、どんなインテリアにも馴染むシンプルなデザインの照明を選ぶも良し、間接照明でムーディーな空間を演出するも良し。照明選びは、お部屋づくりの鍵になります。部屋全体を彩るので、白色や昼光色、昼白色、電球色など、電球の色にも注目して選んでみてください。
    LED電球なら、電気代がぐっと抑えられ、経済的にも環境を考えた上でもおすすめです。最近では、様々なタイプのLED電球が発売されているので、お部屋に合わせてお選びいただけます。

▲アイテム一覧へ

テレビ

  • テレビ
  • これからテレビを購入する方は、地上デジタル放送対応の液晶テレビを購入されると思います。最近では、DVDやブルーレイレコーダーが一体化になっているものや、インターネットを接続してパソコンの役割を代用できるものなどもあります。一人暮らしのお部屋はとにかく「省スペース化」がポイント!1台で2役の働きをするものを選ぶのもおすすめです。

▲アイテム一覧へ

電子レンジ

  • 電子レンジ
  • 引っ越してからすぐにおうちで食事を作るために、あると便利なのは、やはり電子レンジ!調理メニューが豊富なものや、機能がたくさんついているものなどもありますが、実際使うのはシンプルな「あたため機能」だけという方も多いと思います。キッチンが狭い一人暮らしなら、シンプルでコンパクトなタイプの電子レンジがおすすめです。 【!】注意
    日本の場合、西日本と東日本で電力会社から送られる電力の周波数が違うので、それぞれの地域に合わせた家電製品が販売されています。
    通常、お住まいの地域の電圧に合わせた商品しか売られていません。引越し先の電圧に注意しましょう。通販などで電子レンジを購入する場合は、東日本用・西日本用を確認してから購入しましょう。

▲アイテム一覧へ

炊飯器

  • 炊飯器
  • 炊飯器も引越し時に用意しておくことをおすすめします。料理器具が揃っていない時期、お米を自分で炊くだけでも食費を抑えることができます。一人暮らしの場合、最大3合まで炊けるコンパクトなものでも十分です。ただし、3合を2回炊くよりは、6合を1回で炊いたほうが電気代は抑えられますので、たくさんお友達を呼んで食事を振舞う機会の多い方は、5〜6合炊きを選んでもよいかもしれません。

▲アイテム一覧へ

洗濯機

  • 洗濯機
  • まずはじめにチェックしなければならないのが、引越し先に洗濯機置き場があるかどうか。一人暮らし向けの賃貸では、まだまだ洗濯機置き場がなく、玄関やベランダに置かなければならないというおうちもありますので注意しましょう。 洗濯機のサイズや種類は、自分の生活や好みに合わせて選びましょう。一人暮らし向きに案内されている洗濯機は、4〜5Lが主流です。洗濯の頻度や量を考えて選びましょう。

▲アイテム一覧へ

掃除機

  • 掃除機
  • 引っ越したその日からチリやホコリは出てしまうもの。掃除機も引越し時には揃えておきたいアイテムです。紙パック不要のサイクロンタイプだと、紙パックを取り付けたり購入したりする手間が省けます。お部屋の狭い方は、大きな掃除機ではお部屋の中で場所をとってしまいます。掃除する面積も少ないので、省スペースな細身のスタンドタイプの掃除機でも十分でしょう。

▲アイテム一覧へ

冷蔵庫

  • 冷蔵庫
  • 冷蔵庫は、自炊をするか、しないかによってサイズや機能が大きく変わります。冷凍室と冷蔵室がある2ドアタイプが主流です。自炊をする方は、週に何回買い物をするのか、つくり置きをするのか、など考えながら選びましょう。
    自炊をしない人も、ペットボトルや冷凍食品などを買い置きすることが考えられる人は、ある程度容量が必要になるでしょう。

▲アイテム一覧へ

  • いかがでしたか?
    こうしてみると、最初に揃えておきたい家具・家電ってたくさんありますね。
    気を付けなくてはいけないのは、きちんと部屋の間取りや仕様を確認してから、必要なものを購入すること。
    曖昧な情報や見た目だけで選んでしまうと、せっかく購入したのに使用できない、なんてことにもなりかねません。
    快適な一人暮らしができるよう、お部屋やライフスタイルに合った家具・家電をそろえましょう。

▲TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。