1. 照明で彩る

照明で彩る

  • インテリアカラーで彩る
  • 照明で彩る
  • ディスプレイで彩る

照明で彩る

秋の夜長を楽しむ光を演出

照明の光も、お部屋の雰囲気を変えるための大切な要素のひとつです。
夏から秋に向けて、日の出ている時間が短くなり、照明の出番も増えてきます。

みなさんは、光の色を使い分けていますか?
一般的に販売されている照明には、主に「電球色」と「昼白色」の種類があります。
オレンジ色の「電球色」は、秋のインテリアカラーの項目でも触れたようにあたたかみがあり、寒くなってくるこれからの季節におすすめの色です。
「昼白色」は、活動的な色で、読書や勉強など集中して行いたいときにおすすめです。
一方「電球色」は、あたたかみがありリラックスできる色といわれています。

照明の色は、お部屋全体の雰囲気を変え、人の気持ちにも影響を与えます。効果的に使いたいですね。

あたたかみのある電球色で秋のインテリアを演出
あたたかみのある電球色で秋のインテリアを演出

光の高さを変えて、いつもとちがう雰囲気づくりを

照明の明るさを照明器具の高さに合わせて替えることで、より効果的にリラックスできる雰囲気をつくることができます。
これは、太陽の動きにあわせたものです。
照明が夕暮れのように低い位置にあり、間接的に私たちを照らすような空間では、穏やかなリラックスした気持ちになります。
全体を照らす照明ばかりでなく、スタンドライトやフロアライトなど、いくつかの照明を使うことで、お部屋の雰囲気を変えてみませんか。
直接強い光があたらないことでリラックスできるので、ゆっくり読書をしたり、音楽を聴いたりする時間をつくって、秋の夜長を楽しみたいですね。

光の高さを変えて、秋の夜を演出
光の高さを変えて、秋の夜を演出
おすすめアイテム

▲TOPへ戻る

秋を彩るインテリアコーディネート講座

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。