夏インテリアコーディネート 涼感カラーで毎日が涼しくなる

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 夏インテリアコーディネート 涼感カラーで毎日が涼しくなる

夏インテリアコーディネート 涼感カラーで毎日が涼しくなる

暑い夏がやってきます。インテリアに家具や小物などを使って一工夫を加えることで、涼しげなリビングや玄関を演出できる。そんなインテリアのポイントをいくつかご紹介します。 エアコンに頼りっきりではない、寒色系のカラーコーディネートをして快適に過ごしましょう。

Lesson1 カラーコーディネート

■夏のカラーコーディネートのポイント

寒色を使って、見た目を涼しげに。寒色を使って、見た目を涼しげに

暑い夏をキモチよく過ごすためには、インテリアのカラーコーディネートが大切。 視覚から入る色によって、気分が大きく変わってくるだけではなく、体感温度も変化するそうです。
これはある色彩心理の実験で、目を隠しながら、赤い壁の部屋と青い壁の部屋に交互に入ると、体感温度が3℃も異なったのだそう。言うまでもなく、青い壁の部屋のほうが、体感温度が3℃低く感じられたそうです。このような結果からも、寒色系のカラーである、青や青紫、青緑は、涼しげに見せる、感じさせる配色として、外せないカラーといえるのです。 それらのカラーをインテリアに取り入れることで、エアコンをの設定温度をあと3℃は上げられるかもしれませんね。節電対策がしっかりできて、とってもエコといえますよね。

カラーセラピスト・石井亜由美さんが教える 夏カラーを取り入れるポイント

シャーベットカラーで演出

シャーベットカラーで演出

涼しげな色をイメージするシャーベットカラー。

シャーベットカラー=パステルカラーのことですが、その中でも涼しげな寒色系や、暖色系でも少し青みの入った色を選ぶと、甘すぎずにクールさとエレガントさを兼ね備えたイメージを演出することができます。

ちなみに、青みの入った暖色系とは、アジサイの色のような紫みの入ったラベンダーピンクや、淡いレモンイエローなど。 寝室の小物やリネンに、このシャーベットカラーを取り入れてみてはいかがでしょうか。なぜなら、これらの色は色の中でも、一番筋肉の疲労を取り除き、心身のリラックス効果があるといわれています。
ライトトーナス(光に対する筋肉の緊張度)という実験でも、人のカラダに色の光を当てたときに、脳波や汗の分泌量から筋肉の緊張の度合いを測ったところ、ベージュやパステル系のカラーが一番、筋肉をゆるめたといわれています。そんなところからも、一日の疲れを癒す空間である寝室のベッドカバーやピローカバー、また面積の大きいカーテンなどにもオススメです。

シャーベットカラーを取り入れて、寝室を癒しの空間に
シャーベットカラーを取り入れて、寝室を癒しの空間に

ブライトトーンやネオンカラーで演出

ブライトトーンのカラーで演出

また、シャーベットカラーよりも、くっきり鮮やかなブライトトーンやネオンカラーも、トレンドカラーです。 このカラーはアクセントカラー的に取り入れたいですね。 鮮やかなオレンジ、黄緑、イエロー、レッドなど、私たちにパワーチャージしてくれる元気なカラーグループです!

これらの色は、ソファーカバーやクッション、照明、収納グッズ、キッチングッズなどに取り入れると、生活に楽しさと華やぎを与え、毎日に良い刺激を与えてくれるでしょう。ブライトトーンのカラーの中でも例えば、寒色系カラーである青や青紫、青緑は、涼しげに見せる配色として、外せないカラーです。

インテリアに絵などの飾りをディスプレイして、お部屋に癒しをもたらす空間にしてみるのもいいですね。

寒色系のブライトトーンのカラーを取り入れて、華やかな空間に
寒色系のブライトトーンのカラーを取り入れて、華やかな空間に
寒色系のカラーで涼しげな毎日を演出!

▲TOPへ戻る

インテリアのベースカラーとトレンドカラーを合わせるときのポイント

インテリアのベースカラーである、ホワイト、ブラウン、ベージュの3色と、シャーベットカラー& 鮮やかなブライトカラー・ネオンカラーのカラーコーディネートの組み合わせについて考えてみましょう。

■ベースカラーがホワイトのとき

  • 寝室に取り入れてリラックス
    寝室に取り入れてリラックス
  • バスタイムにもトレンドカラーを
    バスタイムにもトレンドカラーを

ホワイトに合わせるなら、少し青みの入った色と合わせると相性が良いので、夏の清涼感を演出するためにもラベンダーやラベンダーピンク、 水色、ミントグリーン、青緑、などでコーディネートすることが最適。これらの色は、 カラーセラピー的に安眠効果が期待できる色ともいわれていますので、寝室向き。
また、ラベンダーやラベンダーピンクは、女性ホルモンの分泌も促進しますので、バスルームや洗面ルーム、 ドレッサーなどのお部屋に◎。美と若さをチャージしたい方にオススメ

■ベースカラーがブラウン・ベージュのとき

  • ブラウンベースに黄緑をプラス
    ブラウンベースに黄緑をプラス
  • ベージュベースに淡いオレンジをプラス
    ベージュベースに淡いオレンジをプラス

ブラウンやベージュには、黄みの入った色と合わせると相性が良いので、 淡いオレンジ、アクア(淡い青緑)、黄緑、山吹色、朱赤などがオススメ。

これらの色は、暖色系なので、空間に明るさやイキイキとした雰囲気を伝えますので、家族同士が仲良くなれる効果を持っています。

色の比率は、基本的には、ベースカラー70%、サブカラー25%、アクセントカラー5%を守って考えましょう。 ベースカラーは壁紙やカーペットに。サブカラーはカーテン、ベッドシーツ、ソファーに。 アクセントカラーはクッションや観葉植物、お花などに使うとバランスが取れます。

例えば、ベースカラーの壁や床がベージュなら、サブカラーのカーテンやソファーに淡いオレンジや黄緑、 小物やお花などに山吹色や朱赤などを取り入れてみましょう。

  • ブラウンベースに黄緑をプラス
    ブラウンベースに黄緑をプラス
  • ベージュベースに淡いオレンジをプラス
    ベージュベースに淡いオレンジをプラス

また、このような色の比率もおすすめです。 サブカラーの25%の部分に、今一番ココロ惹かれる色をリビングに取り入れてみてください。その色は、その方にとって心身の健康を維持する色なのです。

サプリメントや食べ物と同じように、ぜひインテリアの中に入れていただくと、心身が和やかになることでしょう。 きっと心身が解放されて、ささやかな幸福感が生まれるかもしれません。

▲TOPへ戻る

次のページで、インテリアのベースカラーに合わせたトレンドカラーの使い方のポイントをレクチャーします!
次のページで、インテリアのベースカラーに合わせたトレンドカラーの使い方のポイントをレクチャーします!

夏インテリアコーディネート 涼感カラーで毎日が涼しくなる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。