1. 生活感のないおしゃれなキッチンにしたい!

インテリアアドバイス教室

キッチン

生活感のないおしゃれなキッチンにしたい!
/愛知県 かなこちゃんさん

  • かなこちゃんさん
Qお悩み
お悩み

DATA

■住居形態 一戸建て
■困っている場所 キッチン
■好きなインテリア シンプル

キッチンとリビング・ダイニングの仕切りがないため、食器棚で間仕切りをしています。リビングでくつろいでいても、食器棚の隙間からキッチンが見えてしまうので、生活感のないおしゃれなキッチンにしたいのですがどうすればいいのかわからないのでアドバイスをお願いします。なるべく物を出さないようにしているのですが、ゴム手袋やスポンジや洗剤、リサイクル用のペットボトルやパックを洗ったものもすべて丸見えでとてもおしゃれなキッチンには程遠い状態です(>_<)

point1見えても目立たないようにしましょう

いまの使い勝手を大きく変えることなく、見た目を少し変えてみましょう。
洗剤やスポンジはキッチンの必需品なのですが、色も形も違うものが集まっていると、さらに気になると思います。
特に、洗剤ボトルは店頭で目につくようなデザインになっているので、キッチンでも目立ちがちです。
いまの位置に出しておくなら、市販の容器に移し替えて、見た目を統一するといいでしょう。白い容器や透明のものなら、清潔感もありますよ。
もうひとつ目に入りやすいのが、洗い物を置いている場所。ちょうど目線の高さと同じくらいなので悩ましいですね。
自然乾燥させるなら、目線の高さよりも下で乾かすようにしてはいかがでしょう。
シンクの上に引っ掛けるタイプの水切り道具を使うと、視界から少し外れるので気にならなくなると思います。

見えても目立たないようにしましょう

point2徹底して隠してみましょう

ダイニングで食事をする時、リビングでくつろぐ時、お客様を迎える時など、キッチンのことを気にすることなく過ごせるといいですね。
そこで、いつ誰に見られてもいいように、キッチンに出してあるものを減らして、片づいた状態をキープしましょう。
とはいえ、いつも片づけてばかりいるのは大変ですね。できるだけ簡単にすむように、洗剤やスポンジ、ゴム手袋などは、使い終わったら入れ物にひとまとめにして、流しの下にしまうのがよさそうです。
また、洗い終わったものはサっと拭いて収納。特別な時にはそうしたいですね。普段はポイント1でご紹介した水切り道具を活用して目立たたないようにしましょう。

徹底して隠してみましょう

point3今の暮らしに近いかたちで、部屋の役割を考えたレイアウト

大きな窓のあるキッチンは、明るくて風通しもいいので気持ち良いと思います。
ところがその反面、人の視線は無意識に明るい方へと向かってしまうので、そのぶんだけキッチンの様子が気にかかるのです。
だからといって、リビングダイニングから見えないように丸ごと隠してしまうと、明るいキッチンの良さが半減してしまいます。
そこで、ほんの一部分だけ軽く目隠ししてみるのはいかがでしょう。
キッチンとダイニングの間にある食器棚に、一部あいている所があります。食事をしていると、そこからキッチンの中が見えるので、落ち着かないと感じることがあるかもしれませんね。そこで、丸見えにならないように、カフェカーテンを取り付けてみるとよさそうです。
突っ張り式のカーテンパイプを使って、気軽に試してみてください。カーテンを食器棚のアクセントにして、そこに視線を誘導するというのも一つの手ですよ。

キッチンの様子が気にならないようにソファを上手に配置するなど、かなこちゃんさんはインテリアがお好きなのだと思います。
ふきんやゴム手袋など素敵な雑貨が色々ありますので、楽しく飾って見せるというスタイルも試してみてはいかがですか?
毎日使う場所なので、気分よく過ごせるようになるといいですね。

今の暮らしに近いかたちで、部屋の役割を考えたレイアウト

  1. Before
    Before

  2. After
  

バックナンバー

リビング・ダイニング

キッチン

寝室

玄関

アフター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。