押入れ収納の片付けやすいアイデア

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 押入れ収納の片付けやすいアイデア

すはらひろこ先生の快適収納ルール

押入れ収納の片付けやすいアイデア

押し入れがあっても、「モノの出し入れが面倒」「スペースが上手く使えない」。他の収納に比べて大きなスペースなので、本来ならばたくさんしまえるはずなのに、何かとストレスを感じてしまいがち。そんな押し入れを使いやすくするには、収納用品を活用するのがポイントです。

  1. 1.押し入れ収納の特徴としまい方のおさらい
  2. 2.洋服をしまいたいとき
  3. 3.季節家電など生活用品をしまいたいとき
  4. 4.効率よく使いたいとき

1.押し入れ収納の特徴としまい方のおさらい

ただ詰め込むだけでは、出し入れがしにくくなるばかりで、せっかくの収納スペースが無駄になってしまいます。押し入れという収納スペースの特徴を頭に入れて、上手に活用しましょう。その特徴は以下の通りです。

@奥行きを手前と奥で使い分ける
押し入れの奥行きは、布団をしまうためには適したサイズ。でも、それ以外のモノをしまう際には、奥が深すぎるので、奥と手前に使い分けるのがポイント。手前には使う頻度の高いモノをしまいます。

A使う頻度を考えて高さを使い分ける
押し入れの造りは、高さ方向に3つのスペースに区切られているのが一般的。出し入れのしやすい中段には普段使いの布団をはじめ衣類など、下段には重たいモノ、上段にはたまにしか使わないモノを収納します。

B動作の無駄をなくすために左右を使い分ける
襖のある押し入れは、左右どちらかの扉を開け閉めして使うことになります。その出し入れの動作を考えて、左と右で使い分けるのがポイント。中央にまたがるようにモノを置いてしまうと、襖にぶつかって出し入れしにくくなりますので注意が必要です。

★今すぐできること
・押し入れに何をしまっているのか、そのリストを作る
・押し入れの奥と手前、上中下段をどう使っているのか、今の状態をチェックする
・押し入れの幅、奥行き、高さをメジャーで計測する
押し入れの空間を立体的に把握して、スペースを区切って活用するのがポイント

押し入れの空間を立体的に把握して、
スペースを区切って活用するのがポイント

2.洋服をしまいたいとき

押し入れに洋服をしまう際には、ハンガー掛けにした服を中段の手前にしまいます。押し入れ用のハンガーラックなら、賃貸住まいでもすぐに使えて設置も簡単です。洋服の奥にはスペースが残りますので、そこには使用頻度の低いバッグや小物が置けるような、棚がついているラックもあります。コートのように丈の長い服を中段にしまうとひきずってしまうので、別の場所に収納するようにしましょう。

たたんだ洋服を入れる衣装ケースは下段に設置。押し入れサイズのものを選ぶと、深い奥行が有効に使えます。引き出しタイプのケースにすれば、出し入れがしやすいのでオンシーズン用に最適です。中段に引き出しケースを置きたいときには、引き出したときに中身が見える高さまでにとどめましょう。

★今すぐできること
・しまいたい服は、オンシーズンかオフシーズンか、あるいは両方ともなのかといった方針を立てる
・しまいたい服の数量を把握する。ハンガーの本数と衣装ケースの個数で換算してみる
押し入れのサイズに合ったラックと衣装ケースを探す
押し入れのサイズに合った収納用品で無駄なく収納スペースを確保します

押し入れのサイズに合った収納用品で
無駄なく収納スペースを確保します

3.季節家電など生活用品をしまいたいとき

押し入れのある部屋の使い方として、子どもが遊んだり家族でくつろいだりするような場所となっている場合には、おもちゃや本、ミシン、掃除道具といった日用品をしまうことがあります。また、扇風機やヒーターといった季節家電、スーツケースなど、他の場所ではしまえないモノをしまうための収納として、納戸や物入れのような使い方をすることも。

そのように、押し入れは多用途に使われることが多いので、使う時期も頻度も異なるものを上手に管理できるようにしなければなりません。しかも、サイズも形もマチマチなので、スペースの使い方にも工夫がいります。重たくて大きいモノはもちろんのこと、使用頻度が比較的高いモノは下段に、それ以外のモノは上段でしまえるように考えてみましょう。下段を使う場合には、キャスターの付いた収納用品を使うと、奥まで丸ごと活用できる上に、重たいモノでも出し入れしやすくて便利です。

★今すぐできること
・下段の使い方で困っていることを書き出す
・空き箱や使っていないモノまでしまっている場合には、処分を考えてみる
キャスター付きを選べば取り出しも楽になります

キャスター付きを選べば取り出しも楽になります

4.効率よく使いたいとき

押し入れに襖があることで、全開できないというのがデメリット。その場合には思い切って襖をはずして、カーテンやロールスクリーンに切り替えるのも一つのやり方です。そうすれば、横幅を広く使えるようになります。そして、布団や引き出しケース、家電などがしまいやすくなるというメリットが出てきます。

収納用品を使うことで、奥行きも高さも有効に使えるようになりますが、それでもなおスペースが余ってしまうかもしれません。そんなときには、最後に小さな工夫を加えてみましょう。
たとえば、内側の両サイドの壁がデッドスペースとして残っている場合には、そこにメッシュパネルを取り付ければ、エコバッグや帽子などの小物を引っ掛けることができます。下段に置いた引き出しケースと中段の棚との間に隙間があるなら、そこにトレイや薄型のバスケットを置いて、読みかけの雑誌や脱いだ部屋着の一時置きにしてもよいでしょう。

★今すぐできること
をはずすことで改善できることがあるか?検討してみる
隙間に適当にモノを差し込んでいる所があるか?チェックしてみる
デッドスペースを活かすとしたら、何をどうしまいたいのか?考えてみる
カーテンやロールスクリーンの色や柄はインテリアのイメージに合わせて選びます

カーテンやロールスクリーンの色や柄は
インテリアのイメージに合わせて選びます

近ごろの暮らしは洋室中心なので、押し入れのない住まいが増えていて、布団の収納に困るという家庭が少なくありません。一方で、押し入れがあっても使いこなせないといった声も聞かれます。実は、押し入れの中身を点検してみると、処分できるモノまでしまわれているケースが殆どです。収納するアイテムと分量をじっくり見直して、日常の収納場所としてもっと上手に活用しましょう。


<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

すはらひろこ先生の快適収納ルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。