【カラーボックス】片付く部屋づくりのカラーボックスアレンジ術

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 【カラーボックス】片付く部屋づくりのカラーボックスアレンジ術

すはらひろこ先生の快適収納ルール

【カラーボックス】片付く部屋づくりのカラーボックスアレンジ術

シンプルな構造で価格も手ごろなカラーボックス。すでに使っているという家庭も多いことと思います。
そのままの形で棚として使うだけではなく、目的に合わせてアレンジするのも楽しいものです。
ちょっと手を加えてみると、片付けやすい部屋づくりの収納として、もっと活躍してくれることでしょう。
皆さんのアイディアが広がるように、代表的なアレンジ法を4つご紹介します。

  1. 1.パーツを組み合わせて使う
  2. 2.パーティションとして使う
  3. 3.収納スペース内で使う
  4. 4.プチDIYで自分流に使う

1.パーツを組み合わせて使う

カラーボックスは、使う場所やしまいたいモノに合わせて、縦置きにも横置きにも使うことができます。
また、棚板の段数やボックスのカラーが選べるので、部屋のイメージと用途に応じたタイプを選びましょう。

リビングでは本や雑誌、文具、郵便物をはじめ日用品の収納に。 子ども部屋ではランドセルや学用品、おもちゃなどを収納します。 キッチンでは買い置きの食品や食器、洗面所ではタオルや入浴用品のストック用として、 大きなスペースのとれない場所でも収納できて便利です。

★アレンジのポイント
・収納した状態で移動させたい時には、キャスターを取り付けることができる
・金属脚を取り付けると、床掃除がしやすくなる
・おもちゃや読みかけの新聞などをいったん片付けておきたい時には、インナーボックスを使う
・文具やメイク用品など細かいモノをしまいたい時には、レールと引き出しパーツを使う
・タオルや肌着などたたんでしまいたいモノを出し入れしやすく収納したい時には、 レールとバスケットを使う
・扉を取り付けると、収納した中身が見えないのでスッキリした印象になる
パーツを組み合わせて使う

2.パーティションとして使う

カラーボックスは組み立てるのが簡単なので、いくつか組み合わせたい時にも、 手間を掛けずに好きな形を構成することができます。 通常は、壁を背にしてカラーボックスを置くことが多いのですが、部屋の間仕切りとして使うのも一つの手です。

リビングとダイニングを区切りたい時、子ども部屋を2人で使いたい時、 ひとり暮らしの部屋で就寝コーナーを作りたい時など、色々なシーンで活用できます。 もちろん、壁面収納のように壁いっぱいに置いて使ってもOKです。

★アレンジのポイント
・スペースに合わせてカラーボックスをいくつか用意する
・カラーボックス同士を棚板でつなぐとカウンターのような使い方ができる (その際には、棚板とCBボックス棚受け金具を使用)
・カウンターをドレッサーや飾り棚として使ったり、 カウンター下にゴミ箱を置いたり収納カゴを置いたり、アレンジ次第で用途が広がる
パーティションとして使う

3.収納スペース内で使う

押し入れやクローゼットなど大きな収納スペースがあっても、内側に棚のない造りは使いにくいものです。
そんな時にカラーボックスを使うと、収納しやすくなります。 組み立てて置くだけなので、賃貸住まいでも心配はいりません。

収納スペース内の寸法を測ってから、カラーボックスがいくつ置けるかを割り出します。 さらに、インナーボックスや引き出しといった、パーツ使いのアレンジを組み合わせて、細かいモノまで整理しやすい収納にしましょう。納戸でも、同じようにカラーボックスを使って、生活用品を整理することができます。

★アレンジのポイント
・カラーボックスの縦置きと横置きを組み合わせながら、収納スペース内を無駄なく仕切って使う
・カラーボックス同士の間を空けて、棚板を使ってカウンター状のスペースを作るといった、 パーティションのアレンジを応用すると使い勝手の幅が広がる
・奥のモノまで出し入れしやすくするように、押し入れの下段やクローゼットでは キャスターを付けて使うのも手
収納スペース内で使う

4.プチDIYで自分流に使う

ネジや釘が使えるカラーボックスは、トップも側面も背面も自在にアレンジして使うことができます。
本格的なDIYは敷居が高いと思っていても、ボックス本体の組み立てが簡単なので、もうひと工夫しやすいのが魅力です。 トップにタイルを貼ってキッチンカウンターのような使い方をしたり、 キャスターやタオル掛けを付け加えてキッチンワゴンとして活用したりと、実用的な収納アイディアを広げていきましょう

★アレンジのポイント
・工具を使わない粘着タイプのフックやタオル掛けなら、側面を引っ掛け収納に使える
・背板や棚板に布を接着剤で張り付けると、簡単にイメージチェンジができる
・インテリアシールを貼るだけで、オリジナルなボックスに早変わりする
・インテリアに合わせて、布製のカーテンで目隠しすると統一感が生まれる
・木製の天板やタイルで、トップの仕上げを変えるとオシャレ感がアップする
プチDIYで自分流に使う

パーティションとして背面のアレンジ法
カラーボックス横使いを2段積んで、 下半分に有孔ボードを取り付けて引っ掛け収納に。 上の隙間はマガジンラックとして活用。

パーティションとして背面のアレンジ法

子ども用ワゴン
トップと背面にビニールコーティングのシートを貼りつけて、 お絵かきテーブルとして使うときの汚れを予防。 背面の下部に板を取り付けて絵本ラックに。 側面にはピンタイプのフックを付けてバッグを引っ掛け収納します。

リビングのお片付けボックス

リビングのお片付けボックス
カラーボックスを上向きに置いてボックス収納に。 目隠し用に木の板で手づくりしたフタ状の天板は、 お盆として使うこともできるようハンドル付き。

カラーボックスはシンプルなデザインなので、アレンジ次第で部屋のあちこちで活用できます。
コンパクトで手軽に使える良さを引き出して、スッキリお洒落な収納とインテリアを楽しみましょう。


<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

すはらひろこ先生の快適収納ルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。