たった5分ですっきり片付く簡単収納テクニック

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. たった5分ですっきり片付く簡単収納テクニック

すはらひろこ先生の快適収納ルール

たった5分ですっきり片付く簡単収納テクニック

旬のキーワードは「楽」。楽しくラクにできるノウハウがいいですね。片付けに気合や根性は必要ありません。1回たった5分の作業で、すっきり部屋がキープできる収納ワザを教えます。

  1. 1:ハンガー5本!クローゼットを片付ける
  2. 2:紙モノ1ケース!立てて収納する
  3. 3:布モノ10枚!たたんで収納する
  4. 4:バラバラなアイテムを一箱!にまとめる

1.ハンガー5本!クローゼットを片付ける

着替えるのは毎日のことなので、脱いだ衣類を無造作に置いてしまいがち。あとで片付けようと思っているうちに、その日に着た服が何日ぶんか溜まっていませんか?着替えにかかる時間を測ってみると実は3分程度。そのついでにハンガーに掛けたり、軽くたたんだりしても5分以内ですんでしまうことなのです。

とはいえ帰宅後に夕食の支度や子どもの世話をするなど、すぐにやることがあると、ついそのままになるのは仕方のないことです。それでも家事の合い間の5分を見つけて、外出着だけでもハンガーに掛けておきましょう。その流れでカバンや帽子などをフックに引っ掛けておくと、次の時に使いやすくなります。

★5分でできること
・ハンガー掛けにしている服の種類、色、丈の長さなどで順番を入れ替える
・組み合わせる服同志を近くに並べ直す
・クローゼットに吊り下げている服のうち、出番の少ない服を見つけたら端に寄せて処分の目安にする
カラフルな色は子どもが大好き。ゴム製のバケツは軽くて丈夫なので、子どもにも扱いやすい

5分間片付けておくと翌朝選びやすくなる。ドアフックならサッと掛けられる

2.紙モノ1ケース!立てて収納する

子どものプリントや郵便物、お知らせといった紙モノは毎日のように増え続けます。中身の確認をちょっと先延ばしにすると、みるみるうちに紙が積み重なったりしませんか?紙というのは、横に寝かせて重ねると必要なものを見つけ出すのが大変です。よほどきちんと揃えていかない限り、崩れたりデコボコで見た目が悪くなったりして、乱れ具合が目立ってしまいます。

紙モノは、とにかく縦に立ててまとめるのが鉄則。仮に横積みにしたものでも、いったん書類ボックスに立てておきましょう。横のものを縦にするだけならほんの10秒。そのついでに、紙モノのうち即不要と分かるものと、期限や用件が済んだものを処分します。紙モノの全体量が減ったら種類別にフォルダーに入れて整理。書類ボックス1ケースぶんの紙モノなら5分もあれば整えることができます。

★5分でできること
・溜まっているカード明細や銀行の明細書のうち、不要なモノは個人情報を消して処分する
・ファイリングしてある紙モノのうち不要なモノを間引く
・本棚で横倒しになっている雑誌と本を立てて並べる。倒れ止めにブックエンドを使う ・シリーズで集めているコミック本は発行順できれいに並べる
紙モノはA4サイズに統一してフォルダー収納。しまう棚のサイズに応じて、縦型か横型にする

紙モノはA4サイズに統一してフォルダー収納。しまう棚のサイズに応じて、縦型か横型にする

3.布モノ10枚!たたんで収納する

タオル、シーツ、寝具カバー、テーブルクロス、シャツ、肌着などの布モノは、たたむことで棚や引き出しに収納しやすくなります。洗濯後に乾いたらすぐにたためるといいのですが、他に急ぐ用事があると後回しになりがちです。そのままでも不都合がないと、たたまない状態で部屋のどこかに置きっぱなしになることがあるかもしれません。

ところが、たたむだけなら5分で20枚くらいの布モノを処理できるのです。たたんだモノを棚や引き出しにしまう時間を入れると10枚分で5分。シャツや肌着など収納しておきたいモノを優先して、残りのモノは次の合い間の5分で作業をするといった順で処理してもいいでしょう。

★5分でできること
・衣類をしまった引き出し内のゴチャつきをたたんで整える
・引き出しに仕切り用のケースを入れて、ソックスやタイツを丸めて収納する
・タオルを同じ大きさの四角い形にたたんで収納し直す
・子どもの肌着や寝間着は上下1組ずつ一緒にたたんで、すぐ着替えができるようにする
5分のしまい直しで、次に使うときに見つけやすくて取り出しやすくなる

5分のしまい直しで、次に使うときに見つけやすくて取り出しやすくなる

4.バラバラなアイテムを一箱!にまとめる

次床やテーブルの上、ソファや椅子の上に置きっぱなしにすることは、日常的によくあることでは?その様子を見かねて「片付けて!」と言っても、家族には何をどうしたらいいのか?分からないことがあるのかもしれません。

基本は使った人か持ち主が責任を持って片付けて欲しいので、誰もができる簡単な方法にするのがお勧め。とにかくモノをポンポンと入れるだけでいい箱を用意して、そこに自分のモノを集めてもらいましょう。子どものおもちゃ、親が読みかけた本、やりかけの手芸の道具など、家族それぞれが5分間取り組めば散らかりが解消します。?

★5分でできること
・ゲーム用品専用の箱には、機器をつなぐコードを外してソフトと一緒にしまう
・テーブルに広げた宿題と文具を箱に入れて、自分の部屋へ持って行く
・取りこんだ洗濯物を箱に入れて、収納場所まで移動する
食べかけのお菓子やサプリメントなど細かいモノは小さな箱に、お昼寝の毛布やぬいぐるみには大きな箱を

食べかけのお菓子やサプリメントなど細かいモノは小さな箱に、お昼寝の毛布やぬいぐるみには大きな箱を

何をしようかな?と考えているうちに、5分はアッという間に経ってしまいます。タイマーを使って5分という時間を測ってみましょう。手を動かしてみると、できることが色々と見つかるはず。億劫に感じることでも、5分と思えばササッと片付きますよ。


<アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品>

すはらひろこ先生の快適収納ルール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。