はじめての暮らし方手帳

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 二人暮らしを始める

二人暮らしを始める

二人暮らしを始める

二人で始める新生活!二人で使うモノの定位置を決めたり、それぞれが使うモノを上手に収納したりルールを決めれば、お互いのストレスも回避できます。
二人暮らしを快適な暮らしにするための、上手な収納テクニックやルールづくりのポイントをご紹介します。

収納のルールを決める

二人暮らしを快適な暮らしにするためには、収納ルールそのものの考え方を「共有」する必要があります。
それって大変そう…と感じるかもしれませんが、「共有」するルールは基本的に2つしかありません。
その2つをまずは確認してみましょう。

@「使うこと」を前提に収納する場所を決める

@「使うこと」を前提に収納する場所を決める

どこに収納しよう?ということばかり考えていませんか?
まずは一緒に暮らす人とどこで使うのか?を「共有」しましょう。たとえば、ドライヤーなら洗面所で使うのかリビングで使うのかを決めます。 使う場所が決まったら、その使う場所の近くに収納しましょう。
使う場所の近くに収納すれば、戻すときも楽になる!

A同様の役割を持つモノはひとつにまとめる

A同様の役割を持つモノはひとつにまとめる

同じような使い方をするモノは、同じ場所にあったほうが探しやすいはず。
たとえば、新聞紙や段ボールを処分する際、ハサミやテープなどの道具をケースにひとまとめにしておけば、取り出しやすくしまいやすくなります。
あまり細かくしすぎず、大きなくくりで分類することがポイント。
細かすぎる分類はNG。わかりやすい分類で「共有」しやすく!

ポイント

使う場所の近くに使いたいモノがあれば、探し回ることを防げます。あとはその近くに収納スペースを作ってあげるだけ。 収納するときは、細かく分けすぎずに大雑把にまとめましょう。
2つのルールを守ることで、快適な暮らしにつながります。

使い勝手をよくする収納方法

収納のルールを決めても、お互い収納場所を認識していなかったり、使い勝手がよくなかったりするとストレスが溜まってしまいますよね。
そこで、お互いノンストレスで使い勝手の良い収納方法をご紹介します。

ラベリングをして、ひと目でわかる収納に

ラベリングをして、ひと目でわかる収納に

ラベリングをすることで、誰でもひと目見てわかる収納になります。特に「共有」して使うものは、迷子になりやすいですよね。
迷子にならないようにするためには、目で見てわかる収納のルールが大切です。
⇒ 誰もが目で見てわかる収納ルールが、迷子を防ぐ!

少ないアクションで手に取れるような工夫を

少ないアクションで手に取れるような工夫を

使いたいモノが取り出しやすいか、というのも収納のルールを「共有」するためには大切なポイントです。
手に取りやすく、戻しやすいと、それだけでストレスが少なく収納できます。
よく使うモノは取り出しやすさを重視して、散らかりを防ぐ!

ポイント

収納場所をわかりやすくしたラべリング、使い勝手を重視した収納アイテムを選ぶことで、モノが迷子になったり、散らかったりするのを防げます。

使い勝手を重視した場所別収納

特にキッチン、押入れ&クローゼット、洗面台の収納は、二人で共有して使うことが難しいですよね。
そこで、それぞれの場所ごとに上手に収納する方法をご紹介します。

キッチン

キッチンは、共有して使うものがほとんど。 キッチンには自分しか立たないし…と考えていては相手にストレスを与えてしまいます。 一緒に暮らしている人にもわかりやすいようにしておけば、自分も使いやすいですし、ストックの管理もしやすくなりますよ。

キッチン

キッチンツールは、『よく使うもの』に厳選して、使う場所のすぐ近くに見せて収納することがポイントです。
パッと見える位置にキッチンツールを収納しておけば、たまにしかキッチンに立たない人にも「どこにあるの?」「どこにいった?」といったお互いのストレスを回避できます。
またお片づけをお願いするときも、しまう場所が一目瞭然なので楽になるはず!
⇒ よく使うキッチンツールは、使う場所の近くで 見せて収納!

押入れ・クローゼット

押入れやクローゼットを、二人の共有スペースとして使っている方が多いですよね。
誰の服がどこに収納されているのか分かった方が、服を着る際も片づける際もストレスなく出し入れできます。
管理も楽になるので、家事の時短にもつながりますよ!

押入れ・クローゼット

誰の、どんな衣類が収納されているのかを明確にすれば、衣類の増えすぎを防ぐことにもつながります。
ラべリングや透明ケースを活用して、誰のどんな服を収納しているか目で見てわかる収納に!

洗面台

洗面台には、歯ブラシなどの個々のモノと、歯磨き粉など共有して使うものがありますよね。
こまごまとしたアイテムが多いスペースです。
だれが、いつ使うのかを考えた収納で、ストレスを軽減しましょう!

洗面台

個々で使う歯ブラシなどは見せて収納しましょう。コップと歯ブラシをセットにしておくと、誰のモノかひと目でわかる収納になります。
また身だしなみを整えるブラシやドライヤーなどは、使うタイミングが同じなので、収納ケースにひとまとめにしておきましょう。ケースの色・サイズをそろえれば、見た目もスッキリします。
使う人ごと・モノごとに、コップやケースを活用してセット品化しておく。

ポイント

収納場所をわかりやすくしたラべリング、使い勝手を重視した収納アイテムを選ぶことで、モノが迷子になったり、散らかったりするのを防ぎます。

節約生活を始める 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。