<

本多先生の毎日の収納

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 冷蔵庫の収納術

本多先生の毎日の収納

冷蔵庫の収納術

冷蔵庫の中には、さまざまな食品が入っています。 形がバラバラなものは収納場所がなかったり、使いかけのものの収納方法など、何かと悩みも多いはずです。
今回は、冷蔵庫のなかでも一番大きなスペースである冷蔵室にしまうものの上手な収納方法をご紹介します。

冷蔵庫の収納術

すぐ使うものを目線の位置に…

早めに食べなければならないものは、取りだしやすい目線位置に収納します。
クリームチーズなど使いかけのもの
佃煮など開封したもの
お菓子の食べ残しなど

アイデア収納

開封後の袋入り食品は、ドアポケットの縁に大きめのクリップで留めておくと、迷子になることなく、最後まで使えます。

賞味期限の長いもの

一番上の棚は賞味期限が長めの食品を収納。トレーを利用してまとまて収納すると便利です。

賞味期限の早いもの

早めに使い切りたいものは、使い忘れることがないように目線の位置にトレーやかごにまとめて収納します。

瓶詰、液体調味料、中華調味料など

瓶詰めのドレッシングや調味料など、形状や高さが似たものはまとめて収納します。

用途別にセット

パン食セットには、マーガリン・ジャム。ご飯セットには、しょうゆ・梅干し・・・などのように、用途別に必要なものを、1つのトレーにまとめておくと使うときに便利です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。