本多先生の毎日の収納

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 目隠し収納アイデア

本多先生の毎日の収納

目隠し収納アイデア

今回は、「目隠し収納アイデア」をいくつかご紹介します。 お部屋に散在する、新聞、雑誌、文房具、子供のおもちゃなどは整理・整頓に困るものの代表格です。 必要なときにすぐに出したいから、近くにおきたい。だけど、近くに置くといろいろなものが、ゴチャゴチャが目についてしまいます。 そんなときは、「目隠し収納」をためしてみてください。お部屋のゴチャゴチャを目隠しして、スッキリと気持ちのいいお部屋にしてみませんか。

フタ付きバスケットを活用

テーブルの上などに、ついつい置きっぱなしの新聞や雑誌は、フタ付きのバスケットに入れてしまいましょう。 フタをパタッと閉じてしまえば、あっという間に「目隠し」できます。

ワンポイントアイディア
保管期限をしっかり決めましょう!

バスケットに入れた新聞や雑誌は、保管する期限を決め、それが過ぎたら別の場所に移していきましょう。 新聞なら毎日、週刊誌なら毎週、古いものはバスケットから出して新しいものと、入れ替えしていくのが理想的ですね。

ソファの下はワイン箱で

ソファの下に隙間があれば、ワイン箱などにキャスターを取り付けて「目隠し収納」してみましょう。 ゴチャゴチャした文房具や工具、テレビのリモコン、書類などはキャスター付きワイン箱でスッキリと収納しましょう。

カラーボックスで目隠し

カラーボックスに、布ボックスやクラフト紙のボックスを入れて、「目隠し収納」できます。 中のボックスにはゴチャゴチャしがちな、文房具、工具、雑誌、趣味のアイテム、子供のおもちゃなどをポイポイッと入れてしまいます。 中身は少しぐらいゴチャゴチャしても、閉じてしまえばスッキリ片付きます。

ワンポイントアイディア
収納場所のルールを決めて!

布ボックスなどから出したものは、必ず同じ場所に戻すことが大事です。 最低限のルールだけ決めて、それを守るだけで、いつまでもスッキリ整理・整頓された状態をキープできますよ。

突っ張り棒のアイデア

子供のおもちゃなどをしまっておく棚には、突っ張り棒と布を使って「目隠し」カーテンを設置。 色も形もバラバラのおもちゃも、これだけでスッキリ収納できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。