第194回:“心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り

“心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り
ドットコム姉妹サイト
  1. “心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り
  2. マネしたい!素敵なお部屋紹介
  3. 第194回:“心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り

マネしたい!素敵なお部屋紹介

“心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り"

なつめさんのお部屋

“心地良さ”を形に 家族で楽しむ部屋作り

2012年に新築したマイホームを、DIYや収納、お掃除にも工夫して楽しく育てています。目指すのは昔へ進化する住まい。アンティークや古いもの、100円リメイクが好きです。 わたしはおうちが好きで、ずっといるように言われれば、ずっといられるんじゃないか?と思えるくらい。
お客様にも、居心地が良いと言ってもらえるのがすごくうれしいです。家族で居心地の良い空間を作っていく楽しさを伝えていけたらと思っています。

リビングリビング
ダイニングダイニング

リビングとダイニングです。玄関から進んで正面にはリサイクルショップで買った、和な棚を置いています。色を塗ることで、和でも馴染む色になりました。
壁面は好きなものがぎゅっと集まっていて、どこも大好きな眺め。小引き出しはシャビーな感じの雑貨屋さんで購入。グレーですが古材とも相性がいいです。我が家の家具は、この引き出し以外はほとんどだんなさま協力のもと出来上がったDIYかリメイク品です。こんなにDIYするなんて思っても見なかったです。
キッチンはカウンター上に枠を回したことで、向こう側が切り取ったような眺めになって気に入ってます。

キッチンキッチンキッチン

キッチンはハンドメイド感たっぷりの男前仕様。天板はもともとタイルでしたが最近作り替えました(もちろんセルフです)。今年に入ってコンロ下に引き出しを作りました。食器洗浄機部分の雰囲気に合わせて、引き出し部分にはアルミバーを使って、うるさくならないシンプル仕様にしました。
飾り棚部分もだんなさまに依頼してイメージチェンジ。工具室に残っていたどこかで買った古い枠にスリガラス風プラスチック板をはめこんで、サイドに黒く塗ったSPFをはめこみました。基本は古道具テイスト、ちょっぴり男前、くらい? ガラスじゃないので割れないし重くないので、開閉も楽々です。

リビングリビング
リビングリビング

リビングは、ソファとダイニングのテーブル・チェアのみいいものをがんばって購入しました。ずっと使えるよう、大切にメンテナンスしています。一角には、長女の入学時に作った、長女と次女2人用の机。横には大きな飾り棚を設置してお気に入りの絵本を置いています。おもちゃスペースも端のほうに作り直しています。机はすぐに作れるし、ダイニング椅子を使ったリメイクもとっても簡単!引き出しワゴンは、スライドレールを使った本格的仕様ですが、やってみたら意外と難しくなく、とても楽しかったです。

アトリエスペースアトリエスペースアトリエスペース

白い板壁に囲まれたアトリエスペース。ここの壁もすべて自分で塗りました。モスグリーンの時計はアンティーク風ですが、きちんと動いています。ポイントになっていてとても気に入っています。 我が家は廊下と言う廊下がないので家具や天井の切り替え、ちょっとした視覚をさえぎることで空間を仕切ってる感じです。

そうじグッズリビングの小引き出し収納と古道具のコラボを楽しんでいる場所になっています。

キッチン脇にある私のバッグ置き場。セリアのワイヤーバスケットの中へ洗剤類や重曹スプレーなどおそうじグッズを入れています。 リビングの小引き出しには薬・文具・タオル類、子供達が使う工作用具なども入っています。
書類関係をまとめている一角、飾ってるかと思いきやかなり収納されてます。一番大きいのは左下のDIYで作った箱。以前作った時より収納するものも見直してまとめました。ビデオカメラ、PC等の書類関係、古い紙として使うノート 、封筒やPC用の写真用紙などなど。収納と古道具のコラボを楽しんでいる場所になっています。

てテレビ洗濯スペース洗濯グッズも壁掛け

2階のホール部分です。ここは将来的にもうひとつ部屋が必要になった時に仕切って使うための空間で、今のところは洗濯スペースとだんなさまの趣味コーナー、そしてテレビチャンネルでけんかした時に(笑)使うサブテレビの場所。
元は白かった壁を黒くして1階よりも男前な雰囲気に。ディスプレイ用に浅い棚も付けています。横は洗濯スペースになっています。洗濯グッズも壁掛けにしたらとっても便利ですごく使いやすいです

洗面所PPケース
板壁スペース板壁スペース

洗面所は、収納のまったくないところから収納を作り板壁を作り、かなりの変遷を遂げてきましたが、今はこのスタイルで落ち着いています。奥にある無印良品のPPケースに下着・パジャマを収納してます。 手前側の板壁スペースはこつこつ作ったものが活躍しています^^歯ブラシケースもセリア商品のリメイクです。

小さなも小さなも
小さなもライト

ディスプレイはお気に入りばかり。大切な古道具たちです。
おうちを建てて4年、引き算の時期に入ってきてるかなと思います。小さなものが大好きだけどやっぱり場所にも限界があるし、以前よりも飾る場所を限定しています。好みはそこまで変わってないけど大切に集めてきた雑貨をより大切にするため、でしょうか。工夫してメンテの時間を作ろうと思っています。
でも玄関はディスプレイする場所と決めています。ライトアップなどもして、工夫を楽しんでいます。

プロフィール

makiさん

  • ■なつめさん(女性/30代/雑貨アーティスト)
  • ■建物の種類:一戸建て
  • ■間取り:2LDK
  • ■築年数:5年
  • ■居住人数:5人
  • ■好きな家具・雑貨店:店なし雑貨屋
  • ■この家の好きなところ:どこもかしこも手作りなところ
  • ■HP:なつめの手仕事日記

編集者コメント

ご家族でDIYを楽しみながら、インテリアを作り上げているなつめさん。新築の住まいを、長年暮らしたような温かく味のある雰囲気にしているのがポイントだそう。家具はもちろん、古道具やリメイク品の数々からも、そのコンセプトが伝わってきますね。
メインのもの以外はほとんど手作り&リメイクの家具たち、サイズや使いやすさを吟味した造りに、なつめさんのセンスとご主人の腕前が光っています。収納もとてもオシャレに工夫されています。それぞれの場所が個性を持ちつつも、お家の中にしっかりと馴染み、緩やかにつながっている感じはさすがと思いました。どこにいても家族の気配が感じられる造りも素敵ですね。男前テイストなキッチンや2階、収納から作り上げたという洗面所も印象的でした。
近頃は、あまり飾りすぎず、ディスプレイの場所は絞っているとのこと。今ある大切なものをより大切にするために・・・との言葉に、新たな変化を迎えようとしているなつめさんのインテリアへの期待感でいっぱいになりました。

▲PAGE TOP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。