第1回:衣類の収納

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. 収納リフォーム
  3. 第1回:衣類の収納

収納リフォーム
収納リフォーム

第1回:衣類の収納

page.1/3

本格的な衣替えシーズン目前、過ごしやすい爽やかな季節とは裏腹に「衣替えは苦手だなぁ」と憂鬱になっている方も多いはず。そして、収納についてもっとも悩みが多いのは「衣類収納」ではないでしょうか。

お部屋の模様替えやリフォームプランをするにあたり、ネックとなるポイントは衣類の収納ということが多いです。それだけ、衣類というモノに振り回されている方がたくさんいるということですね。特にリフォームを依頼されるお客様は、リフォームという大きな住まいの変更が、衣類だけではなく、「モノ」と自分、または家族にとって必要なモノは何かと考えるよいきっかけになるようです。


収納スペースを有効活用しよう
衣類の見直し
クローゼットを有効に使ってますか?
ポイント:三年間袖を通していない衣類は着ることはないはず!
着る服と着ない服に分けてみましょう。


衣替えという一大イベントをする前に、まず見直してほしいことは、衣類を収納している家具やクローゼットをきちんと有効的に使っているかということです。

よくあることですが、家の収納が少ないとお悩みのお客様のお宅へいくと、造りつけのクローゼットの天袋に全くモノが収納されていなく、収納家具が壁面を囲っている状態の方が本当に多いです。お客様は、「衣類があふれている=収納する家具を買わなければいけない」と考えてしまうのですね。

確かに、収納家具は通販やネットで気軽に買えます。しかも安価で丈夫、最近はデザインも豊富です。でも雑多にバラバラの高さで並べられた収納家具に囲まれ、造りつけのクローゼットには衣類がしまいこまれている状態で、天袋は何も入っていないなんてもったいないですよね。

今の収納スペースを有効に使うためには、まずは「衣類の見直し」をすることです。

私は、衣類について「3年間袖を通していなかった衣類は着ることはない」と考えています。この3年という周期は、衣類の流行のサイクルは2年といいます。ただこういったお悩みの方は「捨てる」ことに罪悪感を持っている方が多いので、1年プラスした年数の3年と考えています。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。