1. アイリス収納インテリア ドットコム
  2. ねむりを変える ふとんのおはなし
  3. 第4回 マットレス

ねむりを変える ふとんのおはなし

第4回  マットレス

寝具の主役・マットレス

マットレスや敷き布団は寝具の主役。良質なねむりのために、本当に良いものをしっかりと選びたいですね。
では、良いマットレスの条件とは一体なんでしょうか?
一番大切なのは正しい寝姿勢を保ってくれること。
私たちにとって正しい寝姿勢は、第2回目でもお話したように、自然体で立っている時と同じようなS字カーブ(生理的湾曲)を描いている状態です。後頭部、背中の肩胛骨、おしりの3点がきちんと沈んで、でも沈みすぎないことが大切です。

寝具の主役・マットレス

そこで注目したいのがマットレスの「体圧分散性」
体重を身体の飛び出したポイントだけでなく、全体で均等に受け止めることで理想の寝姿勢を実現させるための機能です。
この「体圧分散性」の実現を追求するために、現代のマットレスには様々な種類があります。
まず大きく分けると、らせん状に巻いたコイルを使っているコイルスプリング系とノンコイル系の2つが挙げられます。
スプリングタイプは、コイルを並べて連結したボンネルコイルと、1つ1つのコイルスプリングが独立して働くポケットコイルの2タイプに分けられます。
ノンコイルタイプには、ウレタンのものやウォーターマットレス、ラテックス製のものなどがあります。

良いマットレスを選ぶには、寝心地=「体圧分散性」だけでなく耐久性・通気性・発散性・運搬性なども考える必要があります。それぞれのマットレスの特長を良く知って、本当に自分にあったマットレスを見つけたいものです。

姿勢によって変わるマットレス

意外に思われるかもしれませんが、寝姿勢の好みは男女で大きく違います。男性は48%が仰向け寝を好むのに対して、女性は53%の人が横向き寝を好みます。これは男女の体型の違いが原因ではないかといわれています。
男性は女性に比べると筋肉質な体型の人が多く、背中とおしりの間の腰のくぼみが浅いので、仰向け寝に適しているのです。
一方、女性は腰とおしりの高さに差があり骨格や皮膚もデリケートなので、仰向けに寝ると背中に隙間が空くことが多く、横向き寝のほうが楽なのです。
世代別に調べると若い人のほうが横向き寝の比率が高いのも、体格に由来しているのでしょう。

女性に多い横向き寝

でも、女性が横向き寝を好む原因と言われている背中の隙間は、体圧分散性に優れた自分にあったマットレスを使えば解消出来ることです。
もしもあなたが横向き寝を好んでいるなら、今使っているマットレスを少しチェックしてみましょう。
真ん中が凹んでいたりギシギシ音がしたりしませんか?購入してからどれ位経っていますか?仰向けに寝た時に背中に隙間が出来ていませんか?スプリングがあたったり破れているところがあったりしたら、それはかなりの重症です。そろそろ本当に自分に合っているマットレスに買い換える時期かも知れませんね。まんべんなく広い範囲で身体を受け止めてくれる相性ぴったりのマットレスに出会えれば、もう快眠は約束されたようなものですよ。

体圧分散が上手にされる理想的な寝姿勢

次回のテーマは「ベッドとマットレス」です。お楽しみに!

ねむりを変える ふとんのおはなし

・編集部のおすすめアイテム

まくらの選び方特集へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。