1. アイリス収納インテリア ドットコム
  2. ねむりを変える ふとんのおはなし
  3. 第6回 敷きパッド・シーツ

ねむりを変える ふとんのおはなし

第6回 敷きパッド・シーツ

敷きパッドの役割

今回は敷きパッドの役割について考えてみましょう。
人間は毎晩コップ1杯の汗をかくといわれています。発汗量のリズムを調べてみると、睡眠が始まってから1時間くらいが最も多く、その後はだんだんと少なくなっていきます。これは汗をかくということが寝ている間の体温を下げるための放熱手段だからです。睡眠中の脳をしっかりと休ませるために、身体は体温を下げてエネルギーの消費を抑えようとしますが、体温を1℃下げるためには100ccの汗が必要といわれています。そこで「1晩でコップ1杯」ということになるのです。

寝ている間に約コップ1杯分の汗をかきます

その汗をしっかりと吸収してマットレスにまで伝えないようにするのが、敷きパッドの一番大切な役割です。汗を吸収した寝床には「黄色ぶどう球菌」が繁殖したり、カビやダニが発生することもあるといいます。
もしも敷きパッドを使わずに寝汗がダイレクトにマットレスに吸収されるとしたら、良質な睡眠とはかけ離れた不潔な状態でねむることになるのです。想像するだけでも恐ろしい状況ですね。
また敷きパッドを使うことで、マットレス表面の布地を保護したり、中身も含めてマットレスの耐久性を高める効果があります。

洗濯機で洗えるものが多く、汗やにおい対策にぴったり

そしてあまり気付かれていないのですが、敷きパッドにはもう1つ大切な役割があります。それは体圧分散、マットレスの耐圧分散性を敷きパッドが微調整しているのです。
最近では低反発ウレタン敷きパッドが人気で、なかなかマットレスまでは買い替えられない場合でも手軽に寝心地を改善出来る点が注目を集めています。
ベッドの衛生面を一手に引き受ける敷きパッド、こまめに洗濯して清潔な状態を保つことが大切ですね。

シーツの役割

シーツはマットレスを敷きパッドごとくるんで保護するものです。敷きパッドと同じく吸湿やマットレスの保護という役割を果たしています。直接肌に触れるものですから、ぱりっとしたもの・柔らかいもの・なめらかな手触りのものなど、自分の好みにあった感触のシーツを選ぶと良いでしょう。

シーツの色も重要な要素です。色は交感神経に働きかけて気分を左右することができますから、リラックスしたり眠りをイメージ出来るような色を取り入れるとよりよい睡眠への導入になるでしょう。リラックスカラーとして知られているのは、青です。脈拍を下げたり、深い呼吸の状態を呼ぶ色といわれていますから、寝室に取り入れるにはぴったりの色ですね。紫も眠りのイメージを与える色です。大人っぽく高級というイメージでもあるので、寝室をアレンジしやすいかもしれません。シーツはこまめに洗濯をするものですから、そのときの気分によって違う色を取り入れれば、寝室の雰囲気を変えるアクセントにもなりますね。

あまり深く考えずに選んでしまいがちな敷きパッドやシーツ、実は重要な役割を担っていることがおわかりいただけましたか?

リラックス効果のあるカラーも、カバーなら手軽に取り入れられます

次回のテーマは「掛け布団」です。お楽しみに!

ねむりを変える ふとんのおはなし

・編集部のおすすめアイテム

汗を吸収いつもサラサラ
アイリスオーヤマ公式通販サイト「アイリスプラザ」に移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。