第44回 収納法から見た人物像

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 第44回 収納法から見た人物像

笑顔収納レッスン

第44回 収納法から見た人物像

収納法から見た人物像

日々使う数だけが揃っている収納。持っているものすべてを入れている収納。
人によって心地よい収納法が違います。だからどちらでなくてはいけないという決まりはありません。

でも、その収納法を考えてそうしている方と、なんとなくそうなっている方がいらっしゃいます。なんとなくとしたら、それは考えてみることをおススメします。

収納法から見た人物像

@必要な数だけを収納

カトラリーで考えると、フォーク、スプーン、ナイフ、お箸が4人家族の場合、すべてが4本ずつ収納されています。 この方は洗い物をまめにします。4人以上が集まることは頻繁にはないでしょう。
お客様用は別の場所に収納されているか割りばしを使っているのでしょう。
使った後はすぐに片づける習慣のあるタイプの収納法です。

A持っているものをすべて収納

こちらもカトラリーで考えますとフォーク、スプーン、ナイフ、お箸、すべてのものがたくさん入っています。 食事一回分の洗い物をしていなくても、もう一回分くらいは引き出しに入っています。また、突然の来客で人数が増えてもすぐに対応できます。
食事の後はゆっくり休んでから片づけるタイプの収納法です。

もし、このタイプの方が収納法を間違えてしまうと、 まだお箸が洗い場の中なのに夕食時間になってしまって「お箸がないない」ということになってしまいます。

くれぐれも間違わないようにお願いします!

そのためには、なぜこの収納になっているのかを考えます

収納法から見た人物像

これからは片付けをすぐしよう!使う物だけを使いやすくしよう!と
思う方は強制的に前者にしてみてください。使いやすさは格段に前者が上です。
出しやすさも見た目も、もちろんこちら!
お箸がないと食事ができないので、きっちり片付けるようになるでしょう!
もし家族分だけだと難しいならはじめは2本くらい、余分に入れると安心ですね!

美しい収納、使いやすい収納。面倒タイプの収納、きっちりタイプの収納。

さいごに

お部屋の中にあるちょっと見ていたくないモノ、でもあった方が便利なモノは

おすすめ商品

キッチン調味料ラック
スリムサイズなので場所を取らずに収納可能。
キッチン調味料ラック
ボックスファイル
書類整理のほかに、食器類の収納にも最適です。
ボックスファイル
バスケットラック
鍋や調味料の整理に最適です。
バスケットラック

このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。