鉄則を覆す収納法!

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 鉄則を覆す収納法!

笑顔収納レッスン

【第59回】
鉄則を覆す収納法!

2017年を、どのようにお迎えになりましたか?
元旦に願ったこと、決意したこと、どのようなことだったでしょうか。

「今年こそ快適な住まいで心地よく過ごす!」なんて方もいらっしゃるでしょうか!
そんな方にオススメする、快適な暮らしのためのヒントを今年もお伝えしていきます。
それでは早速お片付けスタート!

今までの笑顔収納レッスンでは、
「一年に一度使用するイベント物は使用頻度が低いので、
キッチンの吊戸棚や食器棚の一番上など優先順位の低い場所に収納しましょう」

とお伝えしてきました。
※参照:第24回「動作、動線にかなった収納

2017年は、一味違います。
2017年の笑顔収納レッスンは、鉄則を覆して考えていきます!

使用頻度の低い食器の使用頻度を高くするには?

実は、とても簡単です。
使いやすい場所に収納することです。

画像

Cには普段よく使うお茶碗やお皿などを収納します。
B・Dの手が届きやすい場所には、Cより使用頻度の低い重箱や和食器などを移動してみましょう。

さらに普段よく開ける扉の中に使用頻度の低い物を収納すると、 目に入る回数が増えるので、開けるたびに「使うこと」を意識するでしょう。

年に一度しか出番がない物

一年に一度しか使わないと思っている物。
本当に一年に一度でしょうか?
せっかくお持ちの物です。もっと使えないか考えてみましょう。

お正月に使った重箱やお屠蘇(とそ)セット、和食器などは片付けましたか?
重箱はお正月、三が日にお節料理を入れるための器ですね。
他の使い道を考えてみましょう。

画像

節分には恵方巻、イワシ、お豆などを重箱に盛り付ければ立派な見栄えに!
お雛様のお祝いには、ちらし寿司や煮物を詰められます。
蓋を開けるとデコレーションされた ちらし寿司に目を惹くでしょう。
お節句のお祝いのお膳には、赤飯、海老、鯛、筍など、おめでたい物をたくさん盛り付けましょう。

これだけで使い道が広がりました。

さらに、ちょっとがんばって作った和食の器に使えば、いくらでも使用頻度が増えますね。

肉じゃがを入れる器としてぜひ使ってみて下さい!
「今日は何かの日だっけ?」なんて会話がはずみますよ!

使っていない物

使ってないけど処分できない物は「保管期限」を決めて収納しておきましょう!と 笑顔収納ではお伝えしています。

2017年の笑顔収納レッスンではこちらも鉄則にこだわらず考えていましょう。

使っていないけど手放すことが出来ない物は、 同じアイテムの収納場所に一緒に入れてみましょう。

その物が目に入ることで使ってみるチャンスが生まれます。
使ってみようと思ったら使ってみて下さい。
使い勝手が悪かったり、テンションが上がらなかったりしたら、 きっと自分に納得しながら手放すことができるでしょう。

もしかするとよく使う物になるかもしれませんね!!

さいごに

気に入っていて「使うのがもったいない!」と思っている物ありませんか?
物は使っていなくても年月によって傷んだり壊れたりすることがあります。流行遅れになることも!
使わないともったいないです!

気に入っていないけれど「手放すのがもったいない!」と思っている物。
その気がかりなマイナスの気持ちや気に入らない物を置いておくスペースがもったいないです!


気に入っている物はどんどん使う!
気に入っていない物もどんどん使う!


結果がどうであれ、物が動き出します!
2017年はそんなやり方にチャレンジしませんか(^^♪

 おすすめ商品

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。