じめじめ撃退!梅雨の季節に気になる おうちの湿気対策

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. アイリス収納・インテリア ドットコム
  2. じめじめ撃退!梅雨の季節に気になる おうちの湿気対策

じめじめ撃退!梅雨の季節に気になる おうちの湿気対策

梅雨の時期になると気になるのが、家の中にこもりがちな湿気。じめじめっとした感触に気分を害するばかりでなく、カビや悪臭の原因にも繋がります。そんなイヤな湿気の対処法について、住まい周りの専門家である藤原千秋先生にレクチャーしていただきます。

カビの種類と原因

■まずは敵を知るところからはじめましょう!

梅雨の時期に発生する湿気がもたらす“カビ”。高温多湿な日本の気候と、昨今の気密性の高い住まいの影響により、カビから完全に逃れることは難しく、カビひとつない住まいなんて存在しないと言っても過言ではありません。
とはいえ、カビが住んでいる人の健康に悪影響を及ぼし、家の中の不快な臭いの原因となるのは明らか。できる限り、このカビの増殖を抑えることが必要となります。

じめじめとしたいや〜な季節。じめじめとしたいや〜な季節

カビそのものの種類は数万種にのぼりますが、一般家庭で見られるカビはそのうち30種程度。さらに大別すれば、お風呂場などで頻繁に見る「黒カビ」、水周り全般にある「赤カビ(酵母)」、カビ臭いニオイの原因「青カビ」の3種類になります。

  • 浴室でよく見られる黒カビ

    浴室でよく見られる黒カビ

  • 水周りに多い赤カビ

    水周りに多い赤カビ

  • チーズを作る際にも使われる青カビ

    チーズを作る際にも使われる青カビ

梅雨から真夏にかけての時期はカビにとって最適環境で、気温が28度前後、湿度が80%ともなれば、どんなに掃除が行き届いていても、カビは生えてしまうもの。そんな状態においては、手のひらから出る皮脂、住まいの汚れ全般はもちろん、洗剤や建材までもが“カビのエサ”となってしまいます。
だからこそあからさまな「カビのエサ」を放置することは住まいにとって死活問題なわけです。あからさまなカビのエサとは即ち住まいの汚れ全般のことです。
カビは、目に見える大きさに成長した時点で既にコロニー(集落)化しており、多くの胞子を有して繁殖が激しくなっています。 カビの発生を見つけたら、面倒がらずにすぐに除去というのが基本です。

▲TOPへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。