1. 物の置き場所を決めましょう

収納の悩みを解決!

物の置き場所を決めましょう

突然ですが、『つめきり』は今どこにありますか?
「リビングの右側のチェストの上から二番目の引き出しの手前のトレーの中よ!」 なんて即答できる人は合格!(本当にそこにあればね♪)でも、「あれ?どこだっけ?確かあそこに入れたはずなんだけど・・・」って人も多くない?前に使った時の記憶をたぐり寄せている人は注意!「自分がちゃんとしまっても家族がどこかに置きっぱなしにしちゃうの」って言い訳はダメ。自分が片付けられても他の人が出来なくてはいつまでも片付かないまま。一人で家族の分まで頑張ってもストレスを溜めるだけですからね。出来ないのは本人のせいではなく、収納の方法にどこか欠点があるから。すっきりとした美しい部屋を手に入れるには、誰でも出来る収納にしなくっちゃ!

必ずそこに置く、という指定場所を作りましょう。

使った物、手に持っていた物の置き場所に困って「どこに置こうかな?いいや、とりあえずここに置いて後で片付けよ♪」って目に付いた場所に置いた経験ありませんか? すぐに使う予定があるのならそれでもかまいませんが、「後で片付る」というのはあてにならないものです。結局、次に使う時になってどこに置いたのか忘れてしまうのはよくあること。そんなことにならないように、ひとつひとつに必ずそこに置くという場所を作りましょう。そうすれば、置く場所に困ることもなくなって物が散乱することも防げるし、使う時も置き場所に取りに行けば良いだけなので、物が迷子にならなくて済みます。

ここ!っていう指定場所を設定するには、ある程度目安が必要です。引き出しやカラーボックスの1段目とかなら分かりやすいのですが、家具の上や棚の中だとなんとなく置いてごちゃごちゃしがちです。そこではっきり「ここだよ!」って分かるように目印となるものを用意しましょう。

鍵や文房具などのごちゃごちゃしがちな物は小さなかごやペン立てに入れて、メガネや腕時計など他と一緒に入れたくない物は布を敷いてコーナーを作って。 同じように置いていても、かごやシートがあるだけできれいに見えるのです。テーブルの上のリモコンもトレーにのせれば出しっぱなしでもすっきり見えます。物にはひとつひとつに帰る場所を作ってあげましょう。

使う場所に使うものを収納しましょう。

今、あなたの周りに置いてある物(落ちている物?)を見て下さい。それはどこから持って来た物ですか?どこに置くべき物ですか? 押入れから、キッチンから、書斎から、納戸から、玄関から、と色々な場所から持って来ていませんか?なぜ、あるべき場所に戻さないんでしょう。 それは元の置き場所が遠いからとか、出したりしまったりするのが面倒だからとか、収納するのがおっくうになってしまうような理由があるからです。 「自分が片付けても家族の誰かが出しっぱなしにしてしまう」という場合も、収納の場所や方法を一度見直す必要があります。 簡単に戻せる場所にあれば、お部屋はきれいで快適なままを保てるし、誰かに叱られたり(笑)しなくて済むので、自然と片付けるようになります。 どうすれば簡単に片付けることが出来るのか? 一番良い方法が使う場所のすぐそば、さっと手を伸ばせば届く場所に収納すること。目に付いた場所に置くのと同じくらいか、+ワンステップで収納出来るのであれば、わざわざ散らかるように置いたりはしなくなります。今散らかっている物があるその場所が、その物の最適な収納場所です。

収納場所を定着させましょう。

指定席が決まって収納場所もできたら、使ったらそこに戻すという癖をつけましょう。「それが出来ないから部屋が散らかってるのに!」という人もちょっと待って。上の1と2が出来ていれば前よりもずっと片付けるのが楽になっているはず。そんなに難しいことではありません。目の前のテーブルに置いていた物を脇や後ろの引き出しの中に入れるだけになっているのですから。しかも食事したり雑誌を広げたりする度に置く場所に困らなくて良いのです。はじめは前と収納場所が変わってちょっと戸惑うかもしれませんが、2回3回と続ければあなたも家族も置き場所を覚えるはず。ちょっと意識するだけです。使ったらの近くに戻す場所があるのですから。そうやって何回かやるうちに収納場所が定着したらこっちのもの。あとは意識しなくても自然と物が片付いていくはずです。

それでも散らかる時は・・・

きれいに片付けて、収納場所も作って、それでもまだ散らかる物が出てきたら、その物の置き場所や収納方法にまだ欠点があると思ってもう一度見直して下さい。

*収納場所が決まっているか?
*近くに収納場所があるか?
*出し入れしやすくなっているか?
*収納場所を覚えているか?

また、ハサミや耳掻きのようにキッチンでもリビングでも書斎でも使うというような色々な場所でよく使う物は、高価でなければ使う場所の数だけ用意しましょう。 それぞれの場所に置き場所を作れば、ハサミを探して家の中を歩き回ることもなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。