1. キッチン収納 基本編

収納の悩みを解決!

キッチン収納 基本編

キッチンは主婦にとっては家のどの部屋よりも長い時間使う場所。 昔は男子禁制と言っていたくらいで、現在でも女性にとっては自分のお城のようなもの。 また、家族に美味しい食事を作ってあげるには、快適に調理できなくてはなくてはなりません。 整理整頓された効率的で機能的なキッチンを目指しましょう。

キッチンの収納は難しいと思われがちだけど、『調理』という目的が決まっているから意外と簡単なんです。

コツその1
最小限の動作でものの出し入れをする
コツその2
サイズ・形がバラバラなものをすっきりまとめる
コツその3
清潔に保つ
ポイント1

狭いキッチンの中であっても、材料や調理器具を取り出すためにパタパタと動き回っていたら疲れてしまうし調理が中断されてしまってよくありません。スムーズに調理するには、冷蔵庫-調理台-収納棚の3つの間が2〜3歩で移動できる距離にあるのがベストです。その3つを結んだ三角形の中で調理すると、ちょっと手を伸ばしたり1歩足を踏み込んだだけでほとんどの物を取ることができるようになります。

ポイント2

キッチン以外の収納と同じく、よく使うものを手が届きやすい場所に、重いものは下にが基本。湿気の溜まりやすい場所なので湿気に弱いものは水から遠ざけて収納しましょう。

上棚

身長によっては手の届かない場所なので、届かない場所は長期保存場所と割り切りましょう。

上部
手の届かない場所なので、めったに使わないもので軽いものを収納。お弁当箱やタッパーなどが最適。
下部
手を伸ばせば届く場所。ラップ・ホイルや調味料などの比較的使う物で湿気に弱いものを。

調理台

もっとも取り出しやすい場所。収納場所は少ないが、良く使う調味料や洗剤・スポンジをトレーや籠にまとめて。

引き出し

2番目に取り出しやすい場所。細かく仕切ってお玉・軽量カップ・キッチンハサミ・栓抜きなどの頻繁に使う道具をすっきりと。

下棚

排水管があるため、造り付けの棚が無い場合がほとんど。排水管を避けて設置できる専用のラックでスペースを区切りましょう。トレータイプ等の便利なものもたくさんあります。

上部
しゃがまずに取り出せる位置。よく使う道具や大皿等をしまいましょう。
下部
一番湿気が溜まる場所。缶詰・ビン・ペットボトル等の食品やあまり使わない道具・重い道具を。シートを敷くと後の掃除が楽です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。