1. じめじめシーズンの収納特集

収納の悩みを解決!

じめじめシーズンの収納特集

梅雨前線が日本列島上空に居座るこの季節には、“ジメジメ”から逃れることはできません。このいやーな“ジメジメ”、不快指数を上げるだけではなく、あなたの家の収納にカビを連れてくるかもしれません。そうなる前にしっかり対策をとって、この「じめじめシーズン」を乗り切りましょう!

押し入れ、クローゼットのカビ防止対策

(1)風を入れる

押し入れやクローゼットの中には、湿気をタップリ含んだ空気が停滞してしまいます。空気が停滞すると、そこに収納してある衣類や壁などが湿気を吸い取り、結果カビが生えてしまいます。そこで、扇風機で風を送り、空気を循環させてあげましょう。ただし、天気の良い、空気の乾燥した日に行うのがポイントです。

押入れに扇風機をかざしている様子
(2)扉を少し開けておく

天気が良く、空気が乾燥した日が、必ずとも休日や時間のある日にやってくるとは限りません。ましてや、梅雨シーズンともなれば、難しいですね。 そんな時は応急処置として、押し入れ・クローゼットの扉を少し開けて出かけましょう。 扉を少し開けておくだけでも、湿気を外に飛ばすことができます。

扉を少し開けている様子
(3)押し入れスノコ&収納量は少し控えめに

押し入れの便利グッズとしてよく知られる「押し入れスノコ」ですが、これを利用しない手はありません。 スノコを入れることによって空気の通り道ができるので、衣類や布団などにカビが発生するのを防ぐことができます。

押し入れスノコ 押し入れスノコ
※アイリスプラザに移動します。

また、押し入れやクローゼットの中、目一杯詰め込むのも良くありません。やはり空気の通り道がないと換気できませんので、ギュウギュウ詰めにせず、少し控えめに収納するようにしましょう。

(4)新聞で湿気とり

普段簡単にできる対策としては、新聞を丸めて入れておきます。新聞紙が湿気を吸い取ってくれます。新聞紙は時々交換すること。

クローゼット
(5)布団はすぐに片付けない

布団を押し入れに収納している場合、すぐに片付けるのはちょっと待って!布団は寝ている間にかいた汗を吸っています。そこで、しばらく経ってから押し入れに片付けましょう。

ふとん

押入れ、クローゼットのカビ防止対策

(1)大切な物は、専用のケースに収納

大切な物や高価な衣類など、特にカビては困るような物は、個別に専用のケースに収納しましょう。 専用のケースに入れることによって、より湿度の管理がしやすくなります。 また、プラスチックなどの密閉、あるいは密閉に近い状態にできる収納ケースを使えば、より湿度の影響を避けることができます。 収納する物に合わせて、適したケースを利用しましょう。

収納ケース 収納ケース
※アイリスプラザに移動します。
(2)防虫剤は一番上に

収納ケースに防虫剤を入れる場合は、必ず衣類の一番上にいれましょう。これは防虫剤の成分が、上から下に流れるためです。

防虫剤が入ったケース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。