リビング収納 家族で使うものの収納・個人で使うものの収納

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. リビング収納 家族で使うものの収納・個人で使うものの収納

収納の基礎からわかる!大木聖美先生が教える収納講座

【23】リビング収納
家族で使うものの収納・個人で使うものの収納

リビングに家族みんなで使うものが収納されていると、とっても便利!またリビングは、くつろいだり楽しんだりする場所なので、個人で使うものが持ち込まれる場所でもあります。

家族みんなが集まってくつろぐ場所だからこそ、リビングは常にスッキリ保ちたいもの。
今回はそんなリビング空間を保つために、どのような収納がオススメなのかお伝えしたいと思います!

リビングに置きたい家族共用のものって?

リビングに置きたい家族共用のものって?

リビングは家族が集まって、くつろぐことを目的とした場所なので、収納場所が意外と少ないものです。
だからこそリビングに収納する家族のものは、使用頻度の高い、よく使うものがオススメです!

家族みんなで使うリビングのものの例
  • ・新聞
  • ・薬
  • ・パソコンやプリンタ
  • ・文房具類
  • ・工具類
  • ・全員の携帯や充電ケーブル
  • ・カメラやビデオ
  • ・CDやDVD
  • ・書類や手紙類
など

テレビボードの収納にはCDやDVDなどテレビ周辺で使うものを収納。ゲーム機やカセットなどもここにあると良いですね!
リビングチェストには腰の高さあたりの取り出しやすい場所に、一番よく使うものを配置するようにすると出し入れがとてもラクになりますよ!

家族共用のものは全てに指定席を作ろう!

家族共用のものは全てに指定席を作ろう!

家族みんなで使うものはコロコロと変わるものではなく、一度決めたら長く使い続けるものが多いのが特徴です。
よって、全てのものに指定席をきちんと作ってあげましょう。

ボックスに入れたり引き出しを用意したりして、戻す先をきちんと決めてあげましょう。
指定席があると「使ったら戻す」が徹底されやすく、家族の協力を得られやすくなります!

「ラベリング」されていると、何が入っているのかよりわかりやすくなり、戻しやすい収納になりますよ!

さらに、「ラベリング」されていると、何が入っているのかわかりやすくなり、戻しやすい収納になりますよ!

個人のものはルールをしっかり決めよう!

家族の協力が大切!

家族の協力が大切!

家族共用のものと違い、個人のものはとても流動的なものが多く、年齢やライフスタイルによって持ち込まれるものが変わっていくのが特徴です。

個人で使うリビングのものの例
  • ・新聞や本
  • ・趣味に関するもの
  • ・勉強道具
  • ・ゲーム類
  • ・おもちゃ
  • ・レターセットなどの文房具
  • ・楽器
  • ・運動器具
など

個人のものだけどリビングに置いておきたい!
このようなものは家族共用のものと同様、リビングに指定席を作るのも手。

それ以外の個人のものは「持ち込んだら持ち帰る」ことが一番!
寝室や子供部屋に指定席があるものは、きちんと持ち帰ってもらいましょう。

「持ち込んだものは必ず戻す」
このルールを家族で共用し各自に気をつけてもらうだけで、リビングの散らかりをある程度は防げるのではと思います!

個人のものはざっくりでもしっかりでも!

とにかく場所を確保して!

とにかく場所を確保して!

個人のものをリビングに置いておきたいものがあったら、場所だけ確保する方法をオススメします。
1人1人に引き出しをひとつ割り当て、なんでも仕舞って良い収納スペースを作れば、片付け先ができるので、ものが散らからずに済みますね。

引き出しなどの場所がなければ、ボックスを用意してソファの下に入れ込んで使ったりしても良いでしょう。「個人のなんでもボックス」があれば片付けのハードルがグッと下がるのでおすすめ!

中はざっくり入れてもしっかり入れてもOK!各自にお任せすれば片付けがラクにできますね。

散らからないリビングを保つルール

出来そうなこと1つからでOK

出来そうなこと1つからでOK

どうしてもモノが溢れてしまう、気がつくとモノに囲まれている!
そうならないためには家族の協力が不可欠です。散らからないリビングを作るための最小限のルールを決めて、家族にもぜひ協力してもらいましょう!

  1. ・使ったら戻す!ポイっとその辺に置くのをやめよう!
  2. ・持ち帰る! 個人のものは持ってきたらキチンと持ち帰ろう!失くし物を防ぐ効果もあり!
  3. ・必要のないものもある! 昔は使っていたけれど、今は使っていないものが置いてない?今一度モノの見直しを!

全部一度には負担が大きすぎるという場合には、出来そうなこと1つからでOK!
みんなで協力しながらスッキリとしたリビングを保てたら嬉しいですよね!

最後に・・・

家族みんなで使うもの、個人で使うもの、リビングには様々な用途のものが持ち込まれます。
それだけに置いておくものを厳選し、収納する先を確保し戻しやすい仕組みを作っておきましょう。
とにかく使ったら戻すをクセ付けて、心地よく過ごしやすいリビングを保てるようにしたいですね!
次回は寝室の収納についてお伝えいたします!

アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品

バックナンバー

収納の基礎からわかる!
大木聖美先生が教える収納講座TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。