クローゼット収納力UP!すきまを作らない・散らかりにくいクローゼット収納アイデア

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. クローゼット収納力UP!すきまを作らない・散らかりにくいクローゼット収納アイデア

クローゼット収納力UP! すきまを作らない・散らかりにくいクローゼット収納アイデア

片付けたくなるお部屋をつくろう!子ども部屋収納術

ちょっと気をぬくと、すぐに散らかるクローゼット。便利なはずのクローゼットが、 ただの物置状態になっていませんか?クローゼットの空間をフルに活用し、また散らかりにくくもっと便利に使うコツやアイデアをご紹介します。

すきまを作らず収納力UP!

出し入れしやすく整理整頓したい

衣類や小物などが出し入れしやすいクローゼットは、忙しい時でも使いやすく散らかる心配がありません。
取り出しやすく片付けやすいクローゼット収納のためのポイントは次の3つです。

  • 使用頻度でしまう場所を決める

    上段・中段・下段を使い分けると取り出しやすく整理整頓できるクローゼットになります。 具体的には中段に使用頻度の高い物を、下段と上段には使用頻度が低めのものを収納すると、整理整頓しやすくなります。

    収納イメージ
    上段
    利用頻度が一番低くて、比較的軽量なものを上段に収納しましょう。 またほこりをかぶらないように、フタ付きの衣装ケースなどに入れておくのがおすすめ。底に取っ手が付いている収納ケースを使うと取り出しやすいですよ。
    中段
    利用頻度が高い衣類を中段に収納しましょう。
    収納イメージ
    下段
    中段のものよりは利用頻度が低いもの・吊るせないものを下段に収納しましょう。収納ケースはキャスター付きにすれば、引き出しやすいので取り出しもスムーズです。
    商品画像
  • クリアボックスでしまったものの見える化を

    商品画像

    きちんと整理整頓したつもりでも、何がどこにあるのかがわからなければ、取り出すのも大変です。 あちこち探しているうちに散らかってしまうこともありますよね。一目でどこに何があるかをわかるようにしておけば、 取り出しがスムーズです。クリアタイプの収納ケースを使えば、中身を確認しやすく、探す手間も省けます。利用頻度が低いものは、 特に収納場所を忘れやすいので、クリアタイプのケースで対策しましょう。

  • すべらないハンガーを使う

    衣類を取り出すときに、ハンガーから衣類がスルッと落ちて、イラッとすることはありませんか? また、取り出すときだけではなく、片付けるときに落ちてしまったり、別の衣類が落ちてしまったりすることもありますよね。 プラスチックや針金のものより滑りにくい素材のハンガーを使って、ストレスを軽減していきましょう。

  • ハンガーを統一する

    クローゼットで利用するハンガーは、できれば同じ種類のハンガーがおすすめです。 違う種類のハンガーを使用すると、衣類の高さや並び方がバラバラになり、衣類が取り出しにくくなります。 同じハンガーで方向をキチンと揃えると、見違えるようにクローゼットの中が綺麗になり、気分的にも気持ちがいいです。

さいごに

いかがでしたか?
コツをつかめば、クローゼットはどんどん便利で使いやすいスペースになります。 収納力をUPして、使いやすいクローゼットにすれば、毎日のファッションコーディネートも、もっと楽しくなりますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。