【文房具・日用雑貨の収納】いつ誰が使っても確実に戻せる仕組み-page1-

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 【文房具・日用雑貨の収納】いつ誰が使っても確実に戻せる仕組み-page1-

mkさんの片づけ日和

【文房具・日用雑貨の収納】いつ誰が使っても確実に戻せる仕組み

ガムテープやのりを使おうと思ったら行方不明に…。仕方なく新しいものを購入したら忘れた頃に出てきた…。こんな経験をしたことはありませんか?
文房具や日用雑貨は使うタイミングも頻度も定まらない、さらに家族の誰もが使うので、確実に戻せるような仕組みを整えておくことが何よりも大切です。
種類も数も多くて管理が大変。でも一度仕組みを整えておくと、その恩恵をずっと得られ『探す』というストレスから解放されるため、整理収納の効果をより多く受けられるのも特徴です。
今回は、少しの工夫で取り出しやすく仕舞いやすい文房具・日用雑貨の効果的な収納についてご紹介します。

01. 文房具は浅型引出しに収納

■浅型引出しには1段1種類■
■浅型引出しには1段1種類■

文房具を1段1種類のルールで浅型引き出しに収納すると、ワンアクションで取り出せるというメリットがあります。

元の場所に仕舞うときも、ワンアクションという手軽さから片づけ自体を後回しにすることがなく、 その辺に置きっぱなしにすることも防ぐことができますよ。

またハサミや鉛筆、ペン、定規といった文房具は、深さのある引出しに寝かしてしまうと取り出しにくいので、 浅型引出しに収納して取り出しやすくしておくといいですね。

02. 細かい文房具などはとにかく仕切る

■細かいものは分けて取り出しやすく〜ピン・クリップ〜■
■細かいものは分けて取り出しやすく〜ピン・クリップ〜■

ピン、クリップなど細かくて数の多いものは、無造作に入れてしまうと引出しの中でバラバラになり広がってしまいます。

そんな細かいものこそ、とにかくスペースを分けて他のものと混ざらないようにしておきましょう。

■細かいものは分けて取り出しやすく〜印鑑・ホチキス〜■
■細かいものは分けて取り出しやすく〜印鑑・ホチキス〜■

立てて収納しておきたいホチキスや印鑑、USBメモリなどは、引出しの中にさらにケースを入れて立てておき使うときは上から一目で見渡せる ようにしておくと、より使いやすくなります。

03. 形状がバラバラのものもケースで統一する

■将来使う可能性があるものは、スライダーケースに■
■将来使う可能性があるものは、スライダーケースに■

日用雑貨の中には、形状がバラバラのもの、カテゴライズ自体が難しいものも多くあります。たとえばキャスターや結束バンド、フック、コードリールなど。 今すぐには使わなくても将来使う可能性があるものは日用雑貨としてまとめて収納しておけば、 いざ必要になったときにそこから取り出せられるので安心です。

それぞれの形状やサイズがバラバラであるため、引出しや収納ケースの中に無造作に仕舞ってしまうと、かえってわかりにくくなってしまいます。 一つ一つをスライダーケースに入れておけば、形状もサイズも統一化させられ、 きれいに使いやすく収めることができます。

■工作用品もスライダーケースに■
■工作用品もスライダーケースに■

幼稚園や小学校で使うものなども、あらかじめスライダーケースに入れておいて、引出しやケースに 「工作セットコーナー」としてまとめておくと便利です。

折り紙、シール、ビーズなど工作で使うものをスライダーケースに入れておき、必要なときは子供たち自身で 「工作セットコーナー」から必要なものを取り出し、そのままスライダーケースのまま小学校や幼稚園へ持っていけるので、 準備自体がとても楽になります。

mkさんの片づけ日和TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。