【家庭書類の収納】最小限のアクションで取り出せる仕組み-page1-

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 【家庭書類の収納】最小限のアクションで取り出せる仕組み-page1-

mkさんの片づけ日和

【家庭書類の収納】最小限のアクションで取り出せる仕組み

「家庭書類」とひとまとめに言っても、保証書や取扱説明書など情報はひとつひとつ違い、情報の分け方や分類の仕方に困ってしまいますよね。
また家庭書類は出番が多いものから少ないものまで多岐に渡ります。それぞれがもつ書類の意味と使用用途をしっかりと把握することでその分け方、仕舞い方がわかってくるものです。
まずは、使用頻度や性質を考えながら大まかに分けるところから、書類整理をはじめてみましょう。

01. まずは情報を振り分けることから

■カテゴリを考える■
■カテゴリを考える■

意識して破棄しなければどんどん増えてしまう家庭書類、まずは要・不要を分けながら、書類のカテゴリを分けていきましょう。

要・不要を分けたらよく使うもの、年に数回程度使うもの、いつ使うか全くわからないもの…と、使用頻度順にカテゴリ分けをします。

使用用途とその頻度を考えながら、カテゴリ分けをしていきましょう。

02. 取り出しやすさ、仕舞いやすさを考えた保管の仕方

■個別フォルダーで分ける■
■個別フォルダーで分ける■

紙の収納は丁寧に綴じてしまうと、かえって目的の情報を探しにくくなったり、保管しにくくなったりします。 そこで、個別フォルダーで「はさむ」だけのシンプルな収納がおすすめ。 わざわざ個別フォルダーを準備しなくても、クリアファイルを用いて代用することも可能です。

ついつい出しっぱなしにしてしまいがちな紙モノですが、仕舞いやすさを考えた保管方法であれば、使ったらすぐに仕舞うということも億劫な作業にはなりません。

ラベリングは確実に
■ラベリングは確実に■

また、家庭書類の収納でも、他のものの収納と同じくラベリングはとても大切です。
確実にラベリングしておき書類を開かなくても何の書類なのか、誰にでもわかるようにしておきましょう。

カテゴライズと保管方法を一度決めてしまえば、そうそう変るものではないので家族にも周知されます。

03. 取扱説明書の収納を考えよう

■取扱説明書の収納■
■取扱説明書の収納■

取扱説明書の収納は多くの家庭で悩みのタネ。
炊飯器、洗濯機、エアコン、プリンターなど、各機器単位に分けて説明書を保管すると、カテゴリ数だけで膨大な数になってしまいます。

例えば炊飯器やトースター、ブレンダーなどは、「キッチン家電」としてまとめてカテゴライズすると、よりわかりやすくなります。
同じようにエアコンや扇風機なども、「空調機器」としてまとめてカテゴライズできます。

また、最近では取扱説明書はメーカーのホームページですぐに参照できるので、あえて紙の取扱説明書を保管しておかないという選択肢もあります。

ご家庭の生活スタイルにあう取扱説明書の保管の仕方にしていきましょう。

mkさんの片づけ日和TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。