【掃除道具の収納】掃除にとりかかるまでが楽になる!道具の仕舞い方-page1-

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 【掃除道具の収納】掃除にとりかかるまでが楽になる!道具の仕舞い方-page1-

mkさんの片づけ日和

【掃除道具の収納】掃除にとりかかるまでが楽になる!道具の仕舞い方

掃除は料理や洗濯と違って、やらなくてもお腹が減るわけでも着るものがなくなるわけでもない…。すぐにやらなくても困らない家事だからこそ、料理や洗濯と比べるとついつい後回しにしてしまいがち。さらに掃除道具が取りづらい場所にあったり、すぐに取り出せなかったりする環境であればなおさらです。
「掃除はあとでいいや」という気持ちを軽減し、すぐに掃除に取りかかれる掃除道具の収納の工夫とコツについてご紹介します。

01. 組み合わせて使う道具は近くにまとめて

■カテゴリを考える■
■掃除道具のグルーピング■

掃除道具にはフローリングワイパーとそのシートといったようにセットで使うものが多々あります。セットで使うものはまとめて近くに収納して、すぐに使えるようにしておきましょう。

もし二つが離れた場所にあると、面倒くさいという感情から「掃除」へのハードルを上げてしまいますよ。

02. 掃除道具にも好立地条件を

■使いやすい立地■
■使いやすい立地■

掃除道具にも立地条件があります。ダイニングに隣接する脱衣所スペースにコードレスクリーナーを掛けています。 髪の毛が落ちやすい脱衣所や、食べこぼしや消しゴムのかすが落ちやすいダイニングにも、すぐに使える場所に置くことで掃除のしやすさにつながっています。

手がすぐに届く場所にクリーナーがあれば、髪の毛や食べこぼしなど割と目立つゴミも、気づいたときにささっと掃除ができますよ。

汚れやゴミが発生する場所に応じて、掃除道具の種類と置く場所を考えていくと、より掃除がしやすい環境になると言えます。

03. 掃除を家事の一つとして独立させない工夫

■ついで掃除ができるように■
■ついで掃除ができるように■

掃除という家事を独立した家事とみなさずに、生活の一部とする方法もあります。

例えば洗面台。歯みがきをしながら洗面台を掃除すると、 洗面台掃除が歯みがきという生活の一部になるので洗面台掃除という家事を一つ減らすことができます。

掃除を暮らしの中の一つのルーチンとしてとらえるより、生活の一部として取り入れた方がやるべきことが一つでも減らせるので、毎日続けることへの抵抗が少なくなります。

mkさんの片づけ日和TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。