【冷蔵庫内の収納】定位置と適正量を考えた収納-page1-

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 【冷蔵庫内の収納】定位置と適正量を考えた収納-page1-

mkさんの片づけ日和

【冷蔵庫内の収納】定位置と適正量を考えた収納

冷蔵庫内は限られたスペースでありながら、そこに仕舞われているものは様々。そして家族の人数や成長に応じてどんどん変化していきます。
そんな多様性と変化に臨機応変に対応できる冷蔵庫収納をご紹介します。定位置と適正量を考えて、すっきり収納を目指しましょう。

01. カテゴリは大きく分けて

■大きなカテゴリ分け■
■大きなカテゴリ分け■

冷蔵庫の中身は毎日変化し、その変化の仕方は予測しにくいものです。あまりにも細かくカテゴリ分けしてしまうと、イレギュラーにすぐに対応できません。 冷蔵庫内のカテゴリ分けはざっくりと大きくしておいて、余裕のあるスペースを設けておくことをおすすめします。

例えば大きく、”固定スペース””変動スペース”と分けておき、固定スペースには調味料や常に冷蔵庫に入れておきたいものを。 変動スペースには季節によって入れられる食材や、食事の残り、常備菜などを入れられるようにしておくと便利です。 特に変動スペースには、お鍋2個くらいを入れられるスペースを確保しておきます。

02. 引出しを使った朝食コーナー

■朝食コーナー■
■朝食コーナー■

一番忙しい朝は、朝食で使う食材をひとまとめてにしておくと便利です。 ただし、これも先述のカテゴリ分けと同様、スペースを固定してしまうと生活の変化や食材の変化に対応できません。

冷蔵庫内の引出し(チルド)1段分などを思い切って朝食コーナーとし、余裕をもったスペースを持つことをおすすめします。 開閉しやすい引き出しスペースを朝食コーナーにすることで、忙しい朝の時間帯もバタバタせずに済みますよ。

03. ケースとボトルで定番と定位置を決める

■ケースで指定席■
■ケースで指定席■

常に冷蔵庫に置いておきたいものはケースにまとめておいて、そこを定位置にしておくと他のものが増えても、 そのスペースは確実に確保することができます。

■ボトルで定番を決める■
■ボトルで定番を決める■

調味料などのボトルを保存容器に入れ替えることは、単に冷蔵庫内をすっきり見せることだけが目的ではありません。 ケース同様、必ず置いておきたい調味料などは、ボトルや保存容器を定位置化することで、自然とスペースを確保することができます。 ボトルや保存容器に詰め替えることによって“我が家の定番”が明確になり、買い物にも無駄がなくなるでしょう。 また使い勝手の良いボトルや保存容器に詰め替えることで、調理中の動きがスムーズになるという利点もあります。

04. 効果的なラベリングを

■誰が見てもわかるラベリングを■
■誰が見てもわかるラベリングを■
■ドアポケットにもラべリングを■
■ドアポケットにもラべリングを■

冷蔵庫内の狭いスペースにもラベリングは必須です。特に、統一されたボトルや保存容器は、中に入っているものの判別がつきにくいので、ラベリングで誰が見てもわかるようにしておきたいです。

冷蔵庫のドアポケットなど調味料を立てて入れるスペースには、ドアポケットにもラベリングをしておくことをおすすめします。そこが定位置となり、誰が使っても同じところに戻せるようになります。

mkさんの片づけ日和TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。