使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

キッチンで効率良く料理ができていますか?また使った食器・調味料など細かい物をスムーズに片付けができていますか?
「冷蔵庫から食材や調味料を取り出すのに時間がかかる…」「食器棚にお皿やグラスを収納するのが面倒…」などの悩みがある場合は、もしかしたらキッチンのレイアウト(間取り)や収納自体があなたに合っていないのかもしれません。

料理も片付けもスムーズにできるように、キッチンの使いやすいレイアウト&収納を考えてみましょう!

キッチンのレイアウト

キッチンのレイアウト(間取り)と収納によって、家事効率がUPします。
家事動線収納の2つが使いやすいかどうか、自分に適しているかどうかを考えながら見ていきましょう。

家事動線で大切なことは、冷蔵庫・加熱調理器具(ガスレンジ)・シンクの3ヶ所を結ぶ場所が適当な距離であるかです。
この3つを結ぶ家事動線をワークトライアングルといい、バランスの取れた距離で配置されていると、効率よく作業が進められると言われています。

早速、家事動線から詳しくみていきましょう。

理想的なワークトライアングル

三辺の合計=360〜660cm

理想的なワークトライアングル

レイアウトの基本型

キッチンのレイアウト(間取り)と一言で表現しても、6パターンもの種類があります。
これからご紹介する6パターンのレイアウト(間取り)のうち、皆さんのご自宅のキッチンはどのパターンですか?使いやすいぴったりのレイアウト(間取り)を見つけてみてくださいね!

T型キッチン

冷蔵庫・シンク・ガスレンジを一列に並べるベーシックなI型のレイアウト(間取り)です。一人暮らしや1Kなどの狭い賃貸・アパートタイプのお部屋に多い、I型キッチン。

I型キッチン
I型キッチン間取り
I型キッチン

直線上に冷蔵庫・シンク・ガスレンジが並んでおり、家事動線は左右。
I型キッチンは、横に長いため作業スペースが縮小してしまいがちなので、実例画像のように作業スペースを設けるのもひとつ。またキッチン家電などは、ラックを設けて収納しましょう。

左右の動線距離が長すぎる場合は、無駄な動きが多くなり、作業効率が下がるので左右の動線距離は360cmぐらいまでがベスト。動線距離が長い場合は、配膳スペースにもなるラック・ワゴンなどを活用するのもオススメです。

移動らくらく!おすすめ商品
ペニンシュラ型キッチン

キッチンカウンターのどちらか一方が壁についているタイプのレイアウト(間取り)。カウンターが突き出た形が「半島」ように見えるため、ペニンシュラと言われます。

ダイニングキッチンのような、オープンキッチンに向いています。実例画像のようにペニンシュラの背面には、キッチン家電や食器を収納したり、作業スペースとしても活用できます。

ペニンシュラ型キッチン
ペニンシュラ型キッチン間取り
ペニンシュラ型キッチン

冷蔵庫を背にして、ガスレンジとシンクを同列に配置。ガスレンジとシンクの近くに冷蔵庫を設置することで、食材の出し入れなど動線が良くなります。

ダイニングキッチンのような、オープンキッチンに向いています。ペニンシュラ部分は作業台、ダイニングテーブルなど多目的に使用できます。

省スペースのキッチン家電!おすすめ商品
アイランド型キッチン

上でご紹介したペニンシュラキッチンとは異なり、左右のカウンターを壁につけず、カウンターの一部を「島」のように独立して配置しているため、アイランドキッチンと言われています。

アイランド型キッチン
アイランド型キッチン間取り
アイランド型キッチン

ガスレンジとシンクを同列に、冷蔵庫を背にしたタイプの間取りが多いアイランドキッチン。食事の準備を大人数で楽しめるレイアウトです。

さらに、アイランド部分にカウンターやテーブルを取り付けるとパーティが行え、にぎやかな料理を楽しみたい家庭向きです。ご紹介している実例画像は、カウンターの横にダイニングテーブルを取り付けています。また、アイランドキッチンの背面には、キッチン家電や食器などの小物を収納できます。

ただし、作業スペースや通路を確保するために広いスペースが必要なので新築 物件などにおすすめのレイアウト(間取り)です。

U型キッチン

シンク、コンロ、冷蔵庫をU字型に配列するレイアウトです。

U型キッチン
U型キッチン間取り

鋼商さん(@kousyou_1976)がシェアした投稿 -

作業スペースと収納スペースが広く取れるため、家事動線の効率が良いのが特徴です。キッチン家電を、コーナー部分などの空いたスペースに自由に置けたり、食器などはキッチン上の棚に収納できます。ただし、コーナー部分を上手に活用するための工夫が必要です。

また、通路が袋小路になってしまうので、スペースに余裕が欲しいところ。
シンク前をカウンターにしてオープンにすると開放的なキッチンになります。

L型キッチン

シンク、ガスレンジ、冷蔵庫をL字型に配列するレイアウト(間取り)です。

L型キッチン
L型キッチン間取り

L型キッチンはコーナー部分があるのが特徴で、作業動線が短くキッチン空間の作業効率が高くなります。コーナーを活かすことでカウンターや収納スペースを広く使える反面、コーナー部分を上手に活用しなければ面積の割りに収納量は増えないので注意と工夫が必要です。

新築物件などは、キッチン家電をシステムキッチンを埋め込むと作業スペースを効率良く使えるようになります。

U型キッチン

シンクとガスレンジを対列させるレイアウト(間取り)です。

U型キッチン
U型キッチン間取り
U型キッチン

U型キッチンは、スペースを最小限に抑えられ、作業面積・収納スペースを最大限に有効活用できます。

動線が短く、作業効率が良いのが特徴です。
収納スペースを増やしたい場合は、カウンターの片側に背の高いキャビネットを配置するなど、工夫してみましょう。また、シンクとガスレンジを対面しないように少しずらして配置するのがポイントです。シンクとガスレンジの距離は、1人で作業する場合は90cm程度、2人で作業するなら120cmぐらいは確保することをオススメします。

収納力抜群!おすすめ商品

使いやすい食器収納

6つの種類のキッチンのレイアウト(間取り)をご紹介した次は、家事効率UPに欠かせない収納についてご紹介します。

家事効率UPの収納とは、食器を出し入れしやすいかどうか。
実際にどんな収納だったら、使いやすいキッチンになるのか詳しくみていきましょう。

グラフ

毎日使うキッチン道具や調味料などの食材をどこに収納していますか?

手の届きにくい天井付近の高い位置や、足元近くの低い位置に収納いているとしたら、それは家事効率が良いとは言えません。
なぜなら踏み台が必要になったり、しゃがむという動作が発生するからです。

毎日使うものは、手が届く範囲に収納することがベスト。
取り出しやすく、片付けやすい収納方法をみつけることで、料理の腕にも磨きがかかりますよ。イラストを参考に、皆さんのキッチンの収納をチェックしてみてくださいね!

@キッチンの上部にタッパーやストックを収納
キッチンの上部にタッパーやストックを収納

大きくて軽めのタッパーやストックは、吊戸棚などキッチンの高いところに収納しておきます。吊戸棚の上段には、使用頻度の低いタッパーやラップのストックなどを収納しておきましょう。

吊戸棚の下段には、手を伸ばせば届く場所なので、食料ストックや、調味料、ボウルといった使用頻度の高いよく使うモノを入れておきます。奥の方は手が届きにくいので、カゴやトレーにまとめておくと出し入れしやすい収納に早変わり。また手間も省けるので料理の効率UP!

調味料収納

砂糖や塩などの粉物調味料は、容器に移し替えましょう。移し替えておくことで料理をする際、パッと取り出しやすくなります。容器にラべリングをして、何の調味料かわかりやすく収納することがポイントです。

調味料収納
A楽に手が届く位置に豆皿やグラスなど軽めのものを収納
小皿(しょうゆ皿など)
小皿

しょうゆ皿といった豆皿などの食器は、手が届きやすい中段に収納します。小さなカゴやボックスに入れて1つにまとめて収納しましょう。

ひとつにまとまっていることで、食器を奥に仕舞いこんでしまったり、うっかり落として割ってしまうということも防ぐことができます。

グラス
グラス

豆皿などの小皿収納と同様に、グラスもトレーやボックスに入れて収納すると出し入れしやすくなります。できるだけ同じ形・色のモノを収納すれば、見た目もスッキリ!

おすすめ商品
B楽に手が届く位置にお茶碗などの深さのあるものを収納
楽に手が届く位置にお茶碗などの深さのあるものを収納

お茶碗や小どんぶりなどの深さのある食器もカゴなどにひとまとめにして、引出しに収納すると使いやすくなります。

Cかがみ姿勢で届く位置に大皿など大きくて重いものを収納
大皿

平らなお皿は、ブックスタンドやファイルボックスに立てて収納すると、取り出しやすくなります。

定位置を決めることで、「どこにしまったかな・・」「どこにしまおうかな・・」と考える時間も省けて、手際よく料理ができます。ただし深さのあるお皿を重ねると出し入れが大変で、お皿を傷つけてしまう可能性もあるので注意しましょう。

おすすめ商品

使いやすい冷蔵庫収納

使いかけの食材
使いかけの食材

次に冷蔵庫収納のテクニックをご紹介します。
使いかけのハムや食べかけのお菓子などは、ボックスにまとめて収納します。1つにまとめておくことで、「早く食べる」という意識が高まり使い忘れてしまったということを防げます。
冷蔵庫の上から2段目、もしくはドアポケットの上から2段目の目線の位置に収納することをおすすめします。

またパン食セット(ジャム・バター)や、ご飯ものセット(鮭フレーク、佃煮)のように用途別にトレーに入れておくと、たとえ慌ただしい朝でも短時間で用意ができます。

賞味期限の短いもの
賞味期限の短いもの

納豆や豆腐など賞味期限 の短いものも、使い忘れることがないようにトレーやカゴにまとめて目線の位置に収納します。

また反対に賞味期限に余裕があるものは、冷蔵庫の一番上にトレーやカゴにまとめて入れて収納しましょう。

おすすめ商品

いかがでしたか?使い勝手の良いキッチンのレイアウトと、食器や調味料を取り出しやすい収納にして、家事を楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。