使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

使いやすいキッチンのレイアウト&収納テクニック

キッチンで効率良く料理や片づけができていますか?
「料理に、お皿洗いに時間がかかってしまう…。」「食材を取り出しにくい…。」などの悩みがある場合は、もしかしたらキッチンのレイアウトや収納があなたに合っていないのかも。料理も片づけもスムーズにできるように、使いやすいレイアウト&収納を考えてみましょう!

キッチンのレイアウト

キッチンのレイアウトによって作業効率が、ガラッと変わります。
ポイントは、作業動線収納の2つ。それでは作業動線から具体的にみていきましょう。

作業動線で大切なのが、冷蔵庫・加熱調理機器(コンロ)・シンクです。この3つを結ぶ作業動線をワークトライアングルといい、バランスの取れた距離で配置されていると、効率よく作業が進められると言われています。

理想的なワークトライアングル

三辺の合計=360〜660cm

理想的なワークトライアングル

レイアウトの基本型

キッチンと一言で表現しても、6パターンものレイアウトがありさまざま。これからご紹介する6パターンのレイアウトのうち、皆さんのご自宅はどのパターンですか?使いやすいぴったりのレイアウトを見つけてみてくださいね!

アイランド型キッチン

カウンターの一部を『島』のように独立して配置したレイアウトです。

アイランド型キッチン
アイランド型キッチン間取り

hinaさん(@is.hhkm)がシェアした投稿 -

食事の準備を大人数で楽しめるレイアウトです。さらに、アイランド部分にカウンターやテーブルを取り付けるとパーティが行え、にぎやかな料理を楽しみたい家庭向きです。ただし作業スペースや通路を確保するために広いスペースが必要です。

ホームパーティー特集
ペニンシュラ型キッチン

キッチンのどちらか一方が壁についているタイプのレイアウトです。

ペニンシュラ型キッチン
ペニンシュラ型キッチン間取り

ダイニングキッチンのような、オープンキッチンに向いています。ペニンシュラ部分は作業台、ダイニングテーブルなど多目的に使用できます。

T型キッチン

冷蔵庫・シンク・コンロを一列に並べるベーシックなレイアウトです。

I型キッチン
I型キッチン間取り

直線上に冷蔵庫・シンク・コンロが並び、動線は左右。1Kや1Lのお部屋に多い間取りです。

左右の動線距離が長すぎる場合は、無駄な動きが多くなり、作業効率が下がるので動線距離は360cmぐらいまでがベスト。動線距離が長い場合は、配膳スペースにもなるラック・ワゴンなどを活用するのもオススメです。

おすすめ商品
U型キッチン

シンクとコンロを対列させるレイアウトです。

U型キッチン
U型キッチン間取り

U型キッチンは、スペースを最小限に抑えられ、作業面積・収納スペースを最大限に有効活用できます。

動線が短く、動作効率も良いのが特徴です。収納スペースを増やしたい場合は、片側に背の高いキャビネットを配置するなど、工夫してみましょう。また、シンクとコンロを対面しないように少しずらして配置するのがポイントです。シンクとコンロの距離は、1人で作業する場合は90p程度、2人で作業するなら120pぐらいは確保することをオススメします。

L型キッチン

シンク、コンロ、冷蔵庫をL字型に配列するレイアウトです。

L型キッチン間取り

L型キッチンはコーナー部分があるのが特徴で、作業動線が短くキッチン空間の作業効率が高くなります。コーナーを活かすことでカウンターや収納スペースを広く使える反面、コーナー部分を上手に活用しなければ面積の割りに収納量は増えないので注意と工夫が必要です。

U型キッチン

シンク、コンロ、冷蔵庫をU字型に配列するレイアウトです。

U型キッチン間取り

作業スペースと収納スペースが広く取れ、作業動線も短く効率も良いのが特徴です。ただし、L型と同様、コーナー部分を上手に活用するための工夫が必要です。

また、通路が袋小路になってしまうので、スペースに余裕が欲しいところ。シンク前をカウンターにしてオープンにすると開放的なキッチンになります。

次のページでは、食器や調味料、冷蔵庫などキッチンの収納方法を詳しくご紹介します。

 次のページ
キッチン収納特集
IH特集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。