炊飯器のフタを全開できない使い勝手の悪いキッチン

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 炊飯器のフタを全開できない使い勝手の悪いキッチン

整理収納アドバイザー二出川ひろよさんがお宅を訪問!メタルラック快適収納ビフォーアフター

第2回 〜炊飯器のフタを全開できない使い勝手の悪いキッチン〜 before

<Y様のプロフィール>

住居形態:
一軒家
家族構成:
5人家族(お子さま3人)
困っている場所:

キッチン

整理収納アドバイザー
二出川ひろよ

今回も前回に引き続き、5人家族のY様のお宅に訪問!今回はキッチン編!お持ちの家電ラックだと、炊飯器のフタを開ける度に棚板に当たってしまう・・・という悩みが。それでは詳しくY様のお悩みを聞いてみましょう。

Y様のお悩み

炊飯器のフタを開けると棚板に当たり全開できません。棚板が固定されているため、高さを調節できないんですよね・・・。また息子たちの水筒やペットボトルなどが散乱してしまい困っています。

お悩み解決スタート!

まずは問題点からみていきましょう!

ひろよの分析 問題点
  • ・棚板の高さが合わず、炊飯器のフタが全開にできない。
  • ・水筒やペットボトルの定位置が決まっていない。
  • ・ラックのなかに無駄な空間が発生している。

問題を踏まえて炊飯器のサイズにあったラックと、水筒・ペットボトルの整理整頓が叶えるられるように考えていきます!

対策

  • 炊飯器のフタを開けた状態のサイズをきっちりと測り、棚の高さを決める。
  • パーツを使って、水筒・ペットボトルなどのモノの定位置を作ると同時に収納スペースを増やす。

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

@収納するモノのサイズを測る。

ひろよのポイント

フタを開けた状態でもサイズを測りましょう!

A図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、スペースや収納するものの採寸をし具体的な設計図を描きます。

組み立てスタート!

ひろよのポイント

中段はスライドトレーを使って、炊飯器を収納します。 フタがきちんと全開する高さに設置!

ひろよのポイント

棚下バスケットを取り付けて、新たな収納スペースを作ります!

出来上がったのがこちら

整理収納アドバイザー 二出川ひろよさんがお宅を訪問!メタルラック®快適収納ビフォーアフターTOPへ

※「メタルラック」はアイリスオーヤマ株式会社の登録商標または商標です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。