押入れ 押入れスペース、有効活用のコツと工夫

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1.  
  2. 押入れ 押入れスペース、有効活用のコツと工夫
  3.  

素敵なお部屋の収納術

十分な収納量のある押入れですが、その広さゆえに放り込み収納になりがちで、深い奥行きを使いこなすのが難しい空間でもあります。そんな、スペースはあるけど活用が難しい押入れを、取り出しやすい空間に簡単に変えられる工夫についてご紹介します。

― 押入れ ―押入れスペース、有効活用のコツと工夫

1. 広いスペースこそ、まずはカテゴライズ!

カテゴライズ

収納箇所を決める

広い空間は、ついついスペースを持て余しがちになってしまいますが、用途別にカテゴリ分けするだけで、驚くほど使いやすさが向上します。例えば我が家では、チェストと板を使って、布団コーナー、 大人ワードローブ、子供ワードローブといったカテゴリに分けて活用しています。
押入れ内を仕切るときくと、大掛かりなDIYが連想されますが、チェスト同士で板をはさむだけで、ネジ不要の簡単な仕切り空間ができあがります。それでは、それぞれのカテゴリについて詳しくご紹介します。

2. 大きい寝具はケースで、小さい寝具は引き出しで管理

布団コーナーその1 ケース収納活用法

ケース収納活用法

布団収納で悩みがちなのが、重ねた布団の出し入れがしにくい!というところですが、大きな布団こそ、ケースという個室に仕舞うことで、簡単に取り出しやすくなります。

ケース収納活用法

重ねられた布団の中から、目的の布団を取り出すのは意外と大変。でも、ケースに入れてコンパクトにすることで、収納スペース削減できるだけでなく、抱えやすくなるという利点もあり、取り出すときはもちろん、仕舞うときも楽になります。

布団コーナーその2  薄手の布団・シーツ

寝具は、ケースにまとめて入れるか引き出しに 寝具は、ケースにまとめて入れるか引き出しに

薄手の布団やシーツといった、コンパクトな寝具に関しては、ケースにまとめて入れるか引き出しに仕舞うことをおすすめします。薄手のものはコンパクトにたたみ、タオルのような感覚で収納すると、一度に見渡せて取り出しやすくなるでしょう。

3. ポールとフックで押入れに簡易ワードローブ!

大人ワードローブその1 アウター・バッグ

押入れの一角を簡易ワードローブに 押入れの一角を簡易ワードローブに

ポールハンガーとフックで、押入れの一角を簡易ワードローブにすることができます。外出時の準備の際、子供の支度と同時進行させられるので、色々な部屋へ行ったり来たりする必要がなくなり、家事動線がぐんとスムーズになります。

大人ワードローブその2 マフラー・ストール

壁面も収納スペースに

フックとポールハンガーで、壁面も収納スペースに。マフラーやストール、ショルダーバッグなどを掛けられる収納スペースにしておくと、簡易ワードローブがより一層使いやすくなるでしょう。

特別編 収納・インテリアに関するQ&A!

場所別 収納術

素敵なお部屋の収納術TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。