リビング 持ち込むモノを最低限に、本当にくつろげるリビング空間の作り方

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. リビング 持ち込むモノを最低限に、本当にくつろげるリビング空間の作り方

素敵なお部屋の収納術

リビングは最も広い家族共有の空間です。だからこそモノが集まりやすく、同時に管理が難しいため油断するとすぐに散らかってしまう場所の一つでもあります。大人も子供もお互い気持ちよくリビングで過ごすためには、リビングに持ち込むモノを厳選し、それらを仕舞う場所を適所に確保することが必要です。
ついついモノが集まってしまうリビングを、本来のくつろぐ場所として過ごせるような空間に変えるためのコツを紹介します。

― リビング ―
持ち込むモノを最低限に、本当にくつろげるリビング空間の作り方

1. リビングに必要な紙もので情報ステーションを作る

情報ステーションを作る

情報ステーションを作る

取扱い説明書や保証書、契約書等の書類をリビングに収納しているご家庭は意外と多いですが、それらの書類は年に片手で数える程度しか出番はありません。使用頻度が極端に低いものをくつろぎの場所であるリビングに持ち込んでしまうのは、空間が勿体無いと言えます。
リビングに必要な紙もの、それはくつろぎながら読みたい本や雑誌、絵本に加えて、子供たちの学習用品などがあり、それらをまとめて収納できるような紙もの情報ステーションを作ることをおすすめします。

本・雑誌・ケーブル隠し

本・雑誌・ケーブル隠し

本や雑誌は破れたり破損したりしないかぎり、とても「捨てにくいもの」で、放っておくとどんどん増えてしまうものの一つです。まずはスペースを決め、複数名で利用するときは、ファイルボックスなどで人別に収納スペースを準備することも必要になるでしょう。ルータや電話機などのケーブル関係のものは、カゴなどを使ってインテリアに馴染ませつつ隠すとくつろぎ空間の雰囲気を損なうこともありません。

リビングの子供グッズコーナー

リビングの子供グッズコーナー

大人と同じように、子供もリビングでくつろぎたいもの。よく読む絵本は、手に取りやすいようにリビングの一角に収納場所を設けるとよいでしょう。

ダイニングとの関係性

ダイニングとの関係性

子供の学習はダイニングでというご家庭は多いかと思いますが、子供たちが学習道具を移動させるのに、億劫にならないような場所に学習用品を収納することが大切です。ダイニングのすぐ近くに最低限の学習用品を収納する場所を設けていると、持ってくる手間が省けるので、取り掛かりがスムーズになります。

2. くつろぎグッズやDVDは誰でもすぐに使える場所に

テレビボード周りを快適に その1

テレビボード周りを快適に その1

テレビ周辺で使うものといえば、リモコンやDVDやゲーム機などがあり、そのままにしておくと見た目も乱雑で埃っぽくなってしまいます。ゲーム機のコントローラーや周辺機器は、穴付きボックスに入れておくと、穴にケーブルを通してスッキリ収納でき、埃の進入もある程度防ぐことができるのでおすすめです。

テレビボード周りを快適に その2

テレビボード周りを快適に その2

DVDなどのメディアは、家族の人数、それぞれの好みや趣味に比例してどんどん増えてしまい、目的のものを探すことが難しくなってしまいます。

テレビボード周りを快適に その3

テレビボード周りを快適に その3

DVDはタイトル別ではなく、ジャンルなどのカテゴリに分けて収納し、大きなカテゴリから見たいタイトルを探すといったスタイルにするとよいでしょう。誰が見てもすぐにわかるよう、ジャンル分けした後は、見やすくラベリングする必要があります。

特別編 収納・インテリアに関するQ&A!

場所別 収納術

素敵なお部屋の収納術TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。