トイレ お客様目線で心地よい空間に

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. トイレ お客様目線で心地よい空間に

素敵なお部屋の収納術

家の中で最も狭い空間かもしれないトイレですが、家族以外の人物が入る可能性が最も高い個室です。狭い空間だからこそ、すべてが視界に入りやすく、その家の縮図として捉えられる空間でもあります。お客様目線でトイレのインテリアと収納を考えつつ、ラクしてキレイを保たれるような空間作りについてご紹介します。

― トイレ ― お客様目線で心地よい空間に

1. トイレに必要なものはトイレに

トイレのものはトイレに

トイレのものはトイレに トイレのものはトイレに

トイレットペーパー、トイレ掃除道具など、トイレでしか使わないものはできるだけトイレ内に収納し、使いたいときにすぐに使える状態にしておきましょう。特に、トイレットペーパーなどのストックは、分散させておくと存在を忘れ多重買いにつながってしまいます。できるだけトイレ内、またはトイレに近い場所に収納しておくようにしましょう。

必要な収納スペースを作る

必要な収納スペースを作る 必要な収納スペースを作る

作りつけの収納スペースが無い場合は、市販のものやDIYで収納スペースを作ることも可能です。棚受けと棚板があれば、簡単なDIYでインテリアも楽しめる収納兼飾るスペースができあがります。賃貸などで壁に穴をあけられない場合は、つっぱり棒などを使って収納スペースを確保し、カゴを置いて隠す収納にすることも可能です。

2. 他人目線を意識した収納

見せたくないものは目隠し

見せたくないものは目隠し

トイレの収納は、トイレットペーパーの補充という点で、家族以外の人にも見られる可能性があります。そこで他人目線を意識して、見せたくないものはプラダンやカッティングシートで目隠しするとよいでしょう。

見せたくないものは目隠し

掃除道具など色が氾濫してしまうものは、プラダンなどで簡単に目隠しできます。少ない労力で目隠しとして効果が長く続くのでおすすめです。

3. トイレをちょっとしたくつろぎ空間に変えるために

コーヒーがらで消臭

コーヒーがらで消臭

この季節によくでるコーヒーがらは、乾燥させておくとトイレの消臭剤として使えます。透明容器に入れて置いておくだけで、インテリアも楽しめる消臭剤が簡単にできます。

専用インテリアにしない

専用インテリアにしない 専用インテリアにしない

トイレでは、トイレ専用のインテリア雑貨を置き、それが専用インテリアとして長く居座ってしまうということになりがちです。トイレも他の部屋と同じように、季節や気分に応じて変えられるようなインテリアにしておくことをおすすめします。例えばファブリックパネルやポスターやフラワーベースなど、時には他の部屋のものと交換して手軽に変化を楽しめるようにしておくとよいでしょう。

フェイクの力をかりて明るい空間に

フェイクの力をかりて明るい空間に

日当たりの問題で、なかなかグリーンを置けないトイレですが、そんなときは思い切ってフェイクグリーンに頼るのも手です。ちょっとしたグリーンなら、フェイクでも安っぽさはなく、逆に空間を明るくしてくれるのと同時に、癒し効果もあります。消臭効果のあるフェイクグリーンもあるので、そういったアイテムでトイレのインテリア性を高められることができます。

特別編 収納・インテリアに関するQ&A!

場所別 収納術

素敵なお部屋の収納術TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。