納戸(倉庫) 多種多様なモノを取り出しやすく仕舞いやすい収納にするためのルール

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 納戸(倉庫) 多種多様なモノを取り出しやすく仕舞いやすい収納にするためのルール

素敵なお部屋の収納術

押入れやキッチンに匹敵するほど収納が難しいのが納戸(倉庫)です。
スペースが広く、仕舞うものの種類がとても多いので、せっかく片付けてもリバウンドしやすい場所の一つだからです。そんな収納が難しい納戸(倉庫)でも、仕舞うものをきちんとリストアップし、どのようなグループで収納していくか段階を踏んで収納計画を練っていけば、リバウンドしない使いやすい空間にすることができます。
それでは早速、広い収納スペースを快適に使いこなすためのコツと工夫を紹介していきます。

― 納戸(倉庫) ―
多種多様なモノを取り出しやすく仕舞いやすい収納にするためのルール

1. モノの要不要を見極めて、まずは整理からはじめる

出しやすく仕舞いやすい収納のためにまずは整理する

出しやすく仕舞いやすい収納のためにまずは整理する

納戸や倉庫といった大きな空間で、しかも、不特定多数なものが収納されるようなスペースは、事前の整理が最も重要になります。「何をしまうのか?」「どれくらいの頻度で使っているのか?」「誰が使うのか?」この3つを複合的に考えながら整理収納計画を練って、実際のお片づけ作業をはじめることを強くおすすめします。
納戸や倉庫は個人のスペースではなく共有スペースなので、まずは家族全員が使う可能性があるものをピックアップしていきましょう。そして、それらの使用頻度や使う場面を考慮しながら、収納する場所、収納スペースなどをパズルのように決めていくとよいでしょう。これらの作業をするにはモノの整理が大前提で、モノの要不要はしっかりと終わらせておく必要があります。

2. ゴールデンゾーンは家族全員が使うものを

家族の目線を考えて収納する

家族の目線を考えて収納する

広い収納スペースだからこそ、使う人の目線を考えて、モノの位置を決めることが大切です。例えば文房具類は、大人だけでなく子供も使うもの。子供たちが出し入れしやすく、また、引き出し等を開けたときに中身を見渡せるような場所に仕舞うのがベスト。誰でも手が届くゴールデンゾーンに、家族全員が使うものを収納する方が好ましいでしょう。
反対に、工具や薬など、まだ小さい子供には触ってほしくないものは、子供が手の届かない高い場所に収納するようにしましょう。

3. ラベル(ものの住所)は明確に

使う人が多いほど効果を発揮するラベリング

使う人が多いほど効果を発揮するラベリング

片付け前の整理と同じくらい重要なのがラベリングです。すべての収納場所にラベリングする作業は大変かもしれませんが、使う人が多く、使う頻度がまちまちであればあるほど、ラベリングはその効果を発揮します。モノの在り処を聞かれる時間、モノを探す時間、モノを仕舞う時間を考えれば、最初のラベリングに費やす時間はとても小さいものです。

使うべきときに備えて整えておく@

使うべきときに備えて整えておく@ 使うべきときに備えて整えておく@

せっかく収納スペースを設けていても、使いたいときにすぐに使えるような状態になっていないと意味がありません。すぐに使えるような状態でないと、使うときの意欲が下がり、やるべきことを後回しにしてしまいがちです。特に家庭書類は、使用頻度は低くても必ず使うべきときはやってきます。そのときのために、ワンアクションですぐに取り出せるよう、きちんとラベルを貼って、いざというときに備えておきましょう。

特別編 収納・インテリアに関するQ&A!

場所別 収納術

素敵なお部屋の収納術TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。