用途に合わせた食器収納で、より使いやすく

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 用途に合わせた食器収納で、より使いやすく

収納達人のリフォーム&マイホームづくり

用途に合わせた食器収納で、より使いやすく

before画像
before画像

<収納達人 石原家のプロフィール>

実践場所:リビング
目的:オシャレな食器収納&カフェコーナーの実現

引っ越しが終わり、今回から本格的な収納設置に移ります。今回取り組むのは、リビングの食器収納。日用使いの食器は取り出しやすく・しまいやすく収納したい、コーヒーカップやワイングラスはおしゃれに飾る収納にしたい、カフェコーナーも設置したい・・・。理想を実現するために、アイリスオーヤマの商品を使って実用性&インテリアを兼ねた収納を目指します。

石原 沙耶香さん

今回のねらい

・リビングの一角にカフェコーナーを作りたい。

・ドリンクに関するモノを収納したい。

お部屋づくりスタート!

【リビングの間取り図】

リビングの間取り図

▲右上のLDKの一角を使います。

【リビングに収納したいもの】

  • ・来客用コーヒーカップ、ティーカップ
  • ・マグカップ
  • ・ワイングラス
  • ・カクテルグラス
  • ・ティーポット
  • ・ケーキ用取り皿
  • ・カトラリー
  • ・小皿
  • ・子供用お菓子皿・カップ

これらを踏まえて、使いやすく、見た目もおしゃれなリビング収納を実現していきます。

リビング収納の希望を叶える!解決策

図を描いて全体を把握する。

図を描いて全体を把握する。

解決策

  • ・カフェコーナーには必要なものだけをしまう。
  • ・引き出しの細かいものはかごを使って仕切る。
  • ・ティーカップはデッドスペースができないよう、コの字ラックを使う。

収納家具の条件

  • ・引出し家具:奥のものを取り出しやすいこと。
  • ・キャビネット:来客用の食器は「見せる収納」にしたいので、ガラスキャビネットに。

今回使用するアイテム

ガラスキャビネット MOJ-75GR【モジュールシリーズ】

ガラスキャビネット MOJ-75GR【モジュールシリーズ】

飾る収納ができるガラスキャビネット。中の棚は収納物に合わせて上下に動かすことが出来ます。

チェスト MOJ-75CT【モジュールシリーズ】

チェスト MOJ-75CT【モジュールシリーズ】

引き出しにレールが付いているため開閉もなめらか。他の【モジュールシリーズ】と縦横自在に組み合わせできます。

組み立てスタート!

パーツを先に取り付ける。

@パーツを先に取り付ける。

ポイント

  • 床を傷つけないように、梱包された段ボールを敷いた上で確認しましょう。
棚板同士を垂直に組み合わせる。 棚板同士を垂直に組み合わせる。

A棚板同士を垂直に組み合わせる。

マグネットキャッチャーを天板に取り付け、天板に側板を取り付けます。

ポイント

  • 寝かせながら組み合わせると、スムーズに組み立てられます。
ガラス扉にパーツをつける。

Bガラス扉にパーツをつける。

ポイント

  • ガラス扉にガラスヒンジを取り付ける時、締めすぎに注意!取り付け位置を間違わないように、説明書をしっかり読んで作業を進めていきます。
本体に扉を取り付ける。

C本体に扉を取り付ける。

ガラス扉を調整しながら取り付けます。

ポイント

  • ヒンジのネジを緩めるので、ガラス扉が外れて落ちないよう、十分注意が必要です。
パーツを確認する。

Dパーツを確認する。

ポイント

  • 梱包していた段ボールの上に部品を広げ、パーツが全て揃っているか確認します。
本体を組み立てる。

E本体を組み立てる。

ポイント

  • 補強板を左右の側板に取り付ける時、板が破損しないよう、横に倒した状態で注意して組み立てます。背板を取り付けると安定します。
引き出しを本体に取り付ける。

F引き出しを本体に取り付ける。

引き出しが飛び出さないためのストッパーを左右に取り付けます。

ポイント

  • 本体内側の引き出しレールを確認しながらの作業なので、レールの溝にストッパーが入るよう、慎重に作業を進めます。
GFを繰り返す。

H GFを繰り返す。

同じ作業をくり返し、引き出しを全てつけたら完成です。

ガラスキャビネットとチェストを連結する。 ガラスキャビネットとチェストを連結する。 ガラスキャビネットとチェストを連結する。

Iガラスキャビネットとチェストを連結する。

引き出しが飛び出さないためのストッパーを左右に取り付けます。

ポイント

  • ガラスキャビネットチェストを上下に連結します。棚を重ね、穴の位置を合わせたらボルトを上と下から、慎重に留めていきます。 下からは、引き出し内部から手を入れるので、棚同士の穴の位置はきちんと合わせると作業しやすくなります。

出来上がったのはコチラ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。