どう選ぶ?ラック・棚の選び方

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. どう選ぶ?ラック・棚の選び方

どう選ぶ?ラック・棚の選び方

メインイメージ

お部屋にぴったりのラックや棚を選ぶのはなかなか大変ですよね。選ぶポイントやニーズ別おすすめ商品をご紹介します。

ラックや棚を選ぶときに考える6つのポイント

まずは、棚を選ぶときに考えておくとよいポイントをおさえておきましょう。

まずはイメージを固める

  • 1
    何を収納するか

    まず何を収納するのかを落ち着いて考えましょう。収納する物の大きさや量などがわかれば、どのような棚・ラックが必要かが見えてきます。ここで大まかなサイズ感もイメージしておきます。

  • 2
    どこに置くか

    次に棚の置き場所を決めましょう。しまうものをよく使う場所の近くに置くのがおすすめです。スペースが足りなかったり動線の妨げになるようでしたら、他の家具のレイアウト変更も検討してみてくださいね。
    置き場所が決まったら幅、奥行きを正確に計測して家具の大きさを選ぶときの目安にしましょう。扉や引き出しのついた家具は、それらを開けた時のことも考えておかなければなりません。周囲のものや壁などとの距離も把握しておきましょうね。

  • 3
    他の家具やインテリアの相性はどうか

    他の家具やインテリアとの相性も考えてみましょう。色味やテイストがちぐはぐだと雑然として、落ち着かないお部屋になってしまいますので気を付けましょう。

イメージが固まったら

  • 4
    収納しやすいか

    収納のしやすさも棚を選ぶときに重要なポイントです。引き出しが開けやすいか収納の容量は十分か棚板は動かせるかなどチェックしておきましょう。また、家族みんなが使う棚は安全に使えるかどうかもきちんと確認しておくことをおすすめします。

  • 5
    長く使えるか

    長く使えるかどうかも見極めて棚を選びましょう。例えば耐久性という観点では、木製家具の表面材の種類金属ラックのサビ対策について調べてみるといいでしょう。汚れやすい素材ではないか、お手入れはしやすいかなども購入前に確認するポイントになります。デザイン面ではシンプルな方が飽きがこず比較的長く使えます。
    お子さん向けには成長にあわせて高さや置き方を変えて使えるものを選ぶといいでしょう。

  • 6
    サイズはちょうどいいか

    あらかじめ測っておいた設置場所や収納したい物のサイズを参考に、適した大きさの家具を探します。カタログやWebサイトに記載されているサイズを、しっかり確認しておきましょう。家具が置けるかは外寸で、収納したいものがしまえるかは内寸をチェックします。

次のページ 〜タイプ別でみる〜 あなたにぴったりのラック・棚はどれ?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。