見た目も収まりもスッキリしないクローゼット-after

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 見た目も収まりもスッキリしないクローゼット-after-

見た目も収まりもスッキリしないクローゼット-after-

見た目も収まりもスッキリしないクローゼット

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

ホワイトで統一!取り出しやすく
使い勝手も良くなったクローゼットスペース

ホワイトで統一!取り出しやすく使い勝手も良くなったクローゼットスペース

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

シーズンオン・オフが明確に!

シーズンオン・オフが明確に!

  • シーズンオン・オフが明確に!

    @ストール、マフラー類は丸めてバスケットに収納。最小限のスペースに収納でき、一目で見つかるのがポイント。

  • シーズンオン・オフが明確に!

    A使用する頻度が高い洋服・カバン類を上段から収納。オープンタイプのスタックボックスに収納すれば、ワンアクションで取り出し可能。

  • シーズンオン・オフが明確に!

    Bシーズンオフの洋服はシワにならないよう丸めて収納。シーズンオフなどの使用頻度の低い洋服は、扉付きタイプのスタックボックスを使ってホコリを寄せ付けない収納に。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

石井裕子

今回のクローゼットは折り戸タイプの扉に加え、クローゼット内が一般的ではない変わった形の収納スペースだったため、スペースに無駄が出ないようスタックボックスのサイズ、配置には特に気を配りました。また、圧迫感や暗さを気にされていたので、壁の色と合わせてスタックボックスもホワイトにすることで、全体的にまとまりのある印象に仕上がりました。

お客様の感想

スタックボックスのカラーをホワイトに揃えたことで、クローゼット内がスッキリした印象になりました。また、スタックボックスは高さがあるので、洋服を立てて収納することができる上、洋服を取り出しやすく見つけやすくなりました。よく使用する帽子やカバンも、出し入れがスムーズになって気に入っています。

編集部より

クローゼットや押入れ内などに収納ボックスを入れて使う場合は、場合によっては出し入れのアクション数が増えて、逆に使いづらくなることもあります。収納するモノの使用頻度や目的などを考えて商品を選びましょう。さて次回もどんどん収納のお悩みを解決していきます。どうぞお楽しみに!

使用アイテム ※アイリスプラザに移動します。

backnumber

カテゴリーで探す

  • スタックボックス
  • 素敵なお部屋のモニタリング

収納達人が教える!魔法のスッキリ収納TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。