子供が自分で身支度できる押入れ収納-after

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. 子供が自分で身支度できる押入れ収納-after-

子供が自分で身支度できる押入れ収納-after-

子供が自分で身支度できる押入れ収納

after 収納スペースが倍増!生活感を抑えたダイニングスペースに

子供1人で朝の身支度コンプリート!

子供1人で朝の身支度コンプリート!

実際に収納してみると・・・

実際に収納してみると・・・

押入れの扉を開けば、お母さんの趣味の手芸の世界が広がる

BOXでそれぞれのゾーンを明確に。自分のモノは自分で管理できる収納ラックが完成
  • 子供1人で朝の身支度コンプリート!

    @押入れ中段の奥には、お母さんの手芸用品をカラーボックスに収納。毎日使うわけではないので奥に収納。
    柄や素材などが、押入れの扉を開ければズラッと並ぶ。いつでも眺めることができて、使いたい時にすぐに布を取り出せられるように収納。

  • 子供1人で朝の身支度コンプリート!

    A押入れ中段の手前には、よく使うものをフラップボックスに収納。

押入れ横に、お子さん専用のスペースを作ることで身支度やるきUP!

お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!
  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    Bウッドトップチェストには、引き出し1段で全身コーディネートができるように収納。シャツ・パンツなどたくさんのアイテムがある分、カゴを使ってカテゴリー分け。

  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    引き出しが軽いので、お子さんでも簡単に開け閉めできる。

  • お子さん専用のスペースを作ることで、身支度やるきUP!

    Cスタックボックスにはラベルを貼って、定位置決め。自然と元の位置に戻す習慣にも。

ビフォーアフター
before画像
before
after画像
after

収納達人が教える!解決テクニック

大原 友美さん

お子さん1人で身支度できるようにするには、ワンアクションでモノを取り出せることが大切です。今回は押入れの中に収納するのではなく、あえて押入れの外にお子さん専用スペースを設けました。そうすることで押入れの扉を開けて、引き出しを開けて・・・という手順を踏まずにワンアクションで取り出せます。 また、押入は空間を上手に使うことがポイントです。お母さんの手芸用品は、使用頻度が低いので奥側に収納し、使うときにサッと取り出せるようにカラーボックスを使っています。押入を開けたときに、いつも大好きな材料が見渡せる!というところがポイントです。

お客様の感想

息子は、収納ボックスにラべリングされた自分の名前を見つけて「○○のだー!」と大喜び。その日から、保育園カバン、服の準備は自分でできるようになりました。場所を明確に、簡潔にすることは効果的ですね。そして、どうしたらもっと準備しやすいか、2人で相談しながら試行錯誤しているところです。年長さんの間に、洗濯物をたたむ→引出しにしまうまでできるといいな〜と思っています。 私(ママ)の趣味の手芸用品は、押入を開いては布の壁(壁付のカラーボックスに収納された布たち)を眺めて、早く形にしたいなーとワクワクしています。

編集部より

押入れは奥と手前のそれぞれのスペースに分けると、たくさんモノを収納できて使い勝手もよくなります。押入れの中だけでムリに完結させるのではなく、お子さんの背丈に合った収納スペースを作ることもポイントです。人・モノ・スペースの3点のバランスを考えましょう。また引き出しの開け閉めがしやすいチェストなど、使い勝手の良い収納を選ぶことも大切なこと!これでお子さんの自立、第一歩ですね。

使用アイテム ※アイリスプラザに移動します。

backnumber

カテゴリーで探す

  • スタックボックス
  • 素敵なお部屋のモニタリング

収納達人が教える!魔法のスッキリ収納TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。