モノの山積みから卒業!物置スペースを最大限活かす方法-before-

アイリス収納・インテリア ドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. モノの山積みから卒業!物置スペースを最大限活かす方法-before-

作り付けの棚を有効活用できていないダイニング-before-

モノの山積みから卒業!
物置スペースを最大限活かす方法

before
before画像

<M様のプロフィール>

住居形態:
一軒家
家族構成:
5人家族(お子さま3人)
困っている場所:
物置

物置スペースの広さに満足して、モノを山積みする習慣が身についてしまった5人家族のM家のお宅に訪問!
果たして、広い空間を有効活用してモノを出し入れしやすいスペースに変身したのでしょうか?

大原 友美 収納達人
大原 友美

M様のお悩み

物置にモノを溜めすぎて、どこに何があるかわかりにくく、モノも探しにくいです。
またモノをたくさん収納できるスペースがあるのに、空間をどう使っていいかわかりません。

お悩み解決スタート

まずは問題点からみていきましょう!

まずは問題点からみていきましょう!
収納達人の分析 問題点
  • ・どこに何があるかわからなくなるほど、モノを持ちすぎている。
  • ・広いスペースがあるのに、空間を上手に使えていない。
  • ・収納できる棚が何もないので、すべて床置きにされて、モノが積み上げ状態になっている。
大原 友美

問題を踏まえて、何がどこにあるかわかる収納にして、広いスペースを有効活用できるように考えていきます!

対策

  • 縦の空間と、大容量のモノをスッキリ収納するために、ラックを活用する。
  • 広いスペースを有効活用するために、カテゴリーごとにエリアを決めていく。
  • 小さいモノは、ケースを活用して出し入れしやすくする。
メタルラック MR-1218DJ

今回使うアイテムは・・・

空間を有効活用できて、大容量のモノを収納できる!
メタルラック MR-1218DJ

ナチュラルクローゼットキャリー N-550

すぐには使わないモノも、ホコリから守りながら収納できる!
ナチュラルクローゼットキャリー N-550

インナーボックス FIB-M33

小物をスッキリ収納!
インナーボックス FIB-M33

対策に基づいてどんなものを作るかシュミレーションします!

@いるモノ・いらないモノを分ける。

@いるモノ・いらないモノを分ける。

ポイント
  • 今回はモノが多かったので、いるモノ・いらないモノを分けた後、一旦すべてのモノを外に出して物置スペースの寸法を測りやすくしました。
A場所の寸法を測る。

A場所の寸法を測る。

収納したい場所の幅・奥行・高さを測ります。

ポイント
  • モノがたくさんある場合は、モノをどかした上で寸法を測ると、より正確な寸法になります。
B図を描いて全体を把握する。

B図を描いて全体を把握する。

方向性・イメージが固まったら、具体的な設計図を描きます。

ポイント
  • どこに何を収納するのか、図に描きこんでおくことでイメージがしやすく、どれくらいのモノを収納できるか把握しやすいです。

組み立てスタート

Cパーツの確認をする。

Cパーツの確認をする。

ポイント
  • 床を傷つけないように、梱包された段ボールを敷いた上で確認しましょう。
D部品はひとまとめにする。

D部品はひとまとめにする。

ポイント
  • 小さな部品は、ケースなどにまとめておくと散らかり防止になります。
E収納するモノの寸法を測り、棚板の高さを決める。

E収納するモノの寸法を測り、棚板の高さを決める。

ポイント
  • メタルラックの下段に実際に収納するスーツケースを置いて、棚板の高さを決めます。
F棚板の高さが決まったら、棚板を設置する。

F棚板の高さが決まったら、棚板を設置する。

ポイント
  • 組み立てる際も、床に傷かつかないように梱包されていた段ボールなどを敷くと良いでしょう。

  • 専用パーツで、棚板を固定します。
  • 専用パーツで、棚板を固定します。
Gポールを取り付ける。

Gポールを取り付ける。

ポイント
  • 背の高いメタルラックの場合は、棚板を設置したらポールを追加するという繰り返しで組み立てます。

出来上がったのがこちら

収納達人が教える!魔法のスッキリ収納TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。