ストレスを生まないキッチン収納のコツ

アイリス収納・インテリアドットコム
ドットコム姉妹サイト
  1. ストレスを生まないキッチン収納のコツ

整理収納コンサルタント瀧本真奈美の収納インテリア講座

ストレスを生まないキッチン収納のコツ

家族の健康を守るために、家の中で一番衛生面に気を使う必要があるキッチン。
決して減ることはない食材の管理を含め、様々な家電、調理器具、食器や保存容器、掃除道具など、気が付けば物が増え過ぎる傾向にある場所です。

物が増えると、なかなか上手く収納スペースに収まらない、雑然と置かれた中からストックが見つけられず、あるのにどんどん買い足してしまう、
ついつい賞味期限が切れて沢山捨ててしまう、気が付いたら害虫が発生してしまった・・・など、
衛生面にもマイナスになるような悩みがつきものです。

今回はこの衛生面と経済面、家事時短の面からストレスを生まないキッチン収納についてまとめてみます。

収納は少ないほど楽って本当?

収納は少ないほど楽って本当?

収納の悩みで一番よく耳にするのが、「収納が少ない」「スペースが狭い」そんな言葉です。

大容量のパントリー、たくさん入る床下収納・・・ついついそんなものがあったら片付くのにと憧れます。

初めて物をずらりと並べた時は景色にうっとり、ストックも十分あるので心にゆとりもあるだろうと考えがちですが、並べっ放しでは終わらないのが収納です。

たくさん並んでいる全ての食材の賞味期限を常にチェックしないといけない、
掃除をする時は全て動かさなければいけない、
賞味期限がもしも一斉に切れてしまったら捨てるにも一苦労、
どうにか使おうとメニュー決めにもちょっと悩みそう・・・など、

【管理をする手間と労力】が物の量の分必要なことも頭に置かないといけません。

実は、収納スペースは少ない方が管理する上では楽
元々ある収納スペースに対しての適応量にモノの数を絞ると、上手く収まる上、管理もとても楽になります。

なかなか届かない所には入れないという選択肢もある

なかなか届かない所には入れないという選択肢もある

踏み台を出してこないと届かない吊り棚などは、日々使うものを入れるには不向き。
かと言って、あまり使わない物を入れていても、普段開けることがない扉の中は何が入っているのか分からなくなることもしばしば。

収納スペースは全て使わないと損とついつい考えがちですが、使わない物にスペースを取られるのもなんだか勿体気もします。
もう使わないものを無理に詰め込んでおくより、予備としてスペースを空けておくと、不意に物が増えた時にも慌てません。

また、ごちゃごちゃの収納庫は「いずれどうにかしなきゃいけない場所」として頭の中で気になり続けます。
「どうにかしなきゃいけない場所」を「全く意識しないでいい場所」に変えるだけでもストレスフリーになります。

また、賃貸の家にありがちなシンク下の奥スペースも取り出しにくく、使い勝手が悪いもの。
もし物の数が絞れるのなら、奥は使わないという選択肢もひとつの方法です。

調味料の持ち方と保存方法

調味料の持ち方と保存方法

多種多様な調味料が発売される昨今、専用たれやドレッシングなどついつい新発売になると買ってしまいたくなりがち。
使いきれずに1度か2度しか使っていない物があれば、買い方を見直してみましょう。

調味料やドレッシングを賞味期限切れにしてしまう場合は、
使いきれるタイプの種類に絞ったり、オリジナルで作ったりして余分な収納スペースを省きましょう。

スペースを節約するだけでなく、経済面でも節約となり、また現在問題となっている食品廃棄の改善も期待できます。
よく使うのに余ってしまう場合は、小さなサイズに買い替えるなど気をつけてみてもいいかもしれません。

保管に関しては、IH周辺の高温になりがちな場所を避け、野菜室などに保管するのがおすすめです。
気密性の上がった住宅と温暖化により、夏場は特に家の中での冷暗所保管が難しくなりました。

害虫によるアレルギー問題も懸念されるため、食材は封を開けたら冷蔵庫と我が家では決めています。
いくら密封しても、目に見えない害虫は食材の臭いで寄りつくものも少なくありません。
キッチン収納内の食材の臭いを最低限にしていることで、居住8年ですが害虫被害が全くありません。

お米も野菜室保管にしています。
米につく害虫はコクゾウムシ、ノシメマダラメイガ、コクヌストモドキなどがおり、実際についてしまって大変困ったという話もしばしば聞きます。
駆除グッズなども販売されていますが、一旦発生すると周囲の食品への影響もあるため厄介です。

ジップロックの袋や専用容器なども100均で多様に買い揃えられます。これらに入れて冷蔵保存してみてはいかがでしょうか。

ストック食品の持ち方

ストック食品の持ち方

ストック食品はたくさんある方が安心ですが、あればあるほど賞味期限の管理が大変。

乾麺、缶詰、おやつなどを大まかに分類分けして収納ケースに収納します。
パントリーがない場合でも、「メタルラック」やスチールラックを使えばパントリーコーナーが完成します。

覗いたら中が確認できるケースに入れておくと使い忘れも減り、ストックを上手に使い切ることができます。
あまり高いところに置くと、毎回降ろして確認しないといけなくなるので、目の高さより少し下に置いておくことで確認も楽になります。

また可能であれば、日々のストックと防災用のストック食品はケースを分けましょう。
分けて置くことで防災時のストックの量が把握しやすく、定量が保ちやすくなります。

料理の時短はアクション数も影響する

料理の時短はアクション数も影響する

材料を切ったり、煮込んだり、味付けをしたりが料理時間と考えがちですが、よく考えると調理器具を出す時間や盛り付け時間、配膳時間なども全てが料理時間です。

簡単レシピにしたのになぜだか料理の時短が出来ない。
そんな方はキッチン収納を見直してみては?
重くて使っていない鍋、もう捨てなきゃと思っているフライパンなど不要なものはその場所から取り出すことで、自由に収納できるスペースが増えます。

料理の時短はアクション数も影響する

引き出し、あるいは開き戸を開けたらすぐに取り出せる。
アクション数で言うと1〜2の収納が本当は理想的です。

いくつも重ねたボウルやフライパンから使いたいものを毎回、たくさんのアクションで取り出していませんか?重なったお皿を割れないか気にしながら取り出してはいませんか?
立て収納ならパッと取って、スッとしまえます。料理時間の時短に是非お試しください。

また、細々と重なりやすいキッチンツールは100均のトレイと網で簡単DIY。
料理の際に取り出しやすくなるアイデアです。

片付く時間も考えた収納に

片付く時間も考えた収納に

食事が終わってもまだひと仕事。
片づけの時間です。やっと一息食事をした後は何とも億劫になりがち。
だからこそ、時短片づけが出来る収納システムにしておくと日々が楽になります。

いつも使うものは必ず楽な体勢のまま戻せる場所に定位置を必ず決めておき、スッと戻っていくシステムを。

食器洗いが終わったら、戻す動線も短い方が楽です。
食器棚の位置を工夫したり、あえて食器棚ではなくシンク下の引き出しを使うなど、自分が一番早く片付けられるシステムを考えてみましょう。

片付く時間も考えた収納に

また、ゴミ袋がスッと取れる、ゴミ箱にキャスターが付いていて移動が楽など、
それ自体はわずかな違いでも、毎日しないといけない家事の工夫で時間の使い方はかなり違ってきます。

無駄な時間はないか、時々見直してみるのもいいかもしれません。

最後に

「楽に簡単に、そしてちょっとおしゃれに」がストレスを生まないキッチン収納のコツ。
キッチン時間をイライラ時間にしないために、また食事の時間を家族とのゆとりの時間にするために、ご自分の動きやキッチンに合わせて収納を工夫してみてくださいね。

アイリス収納・インテリアドットコムのおすすめ商品

back number

整理収納コンサルタント瀧本真奈美の収納インテリア講座TOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで収納インテリアドットコムをフォロー

日本クロストラスト
当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。